CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2016 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




平成版三春怪奇伝説 “美代淵” 旧山田村



三春怪奇伝説“美代淵の由来”


三春城下から西に約一里にある下山田停留所から、2百米ほど西で道路が大きく曲がる辺りに、川の流れが渦を巻く小さな淵があります。
晩春の頃になると、藤浪の花が川面に美しく揺れている場所で、何時しか「美代淵」と呼ばれるようになりました。

江戸中期の寛文の頃、鷹巣村に岩崎という庄屋があり、気立てが良く働き者の下女が住み込んでいました。

その下女が、この“美代淵”の名前の由来となる”美代”です。

当時、美代は、娘盛りの19歳の春を迎えました。

そしていつしか恋を知りました。

相手は、同じ岩崎家の下男作助です。
二人は人目を忍びながら、嬉しい逢瀬を楽しんでいました。

ところが、そこに美しい美代に恋を寄せるもう一人の男が現れます。

主である庄屋岩崎家の次男坊誠三です。

それとなく美代に言い寄りますが、美代はまったく靡かず、心すら許しません。

業を煮やした誠三は、「可愛さ余って憎さ百倍」とばかりに、手段を択ばず理不尽な仕打ちをしますが、それにも抵抗し続けて操を守り通します。


いつしか、誠三は作助と美代の間柄に感づきます。
そして、その年の暮れに、庄屋である父親に作助に、あれやこれやとありもしない罪を擦り付け、讒言し続けて、解雇してしまいます。

作助は、美代のことが気がかりで、後ろ髪を引かれる思いのまま庄屋を離れ、行方をくらましました。

取り残された美代は、誠三の露わな挑みと闘いながら、片時も忘れかねる作助への慕情を間やし続けていました。


a href="files/20161031065533.JPG" target="_blank">

翌年5月初旬、美代は裏の水車小屋の傍らに立って、ぼんやりと川面に目をやっていた。

川岸には藤の花が真っ盛り、川水を薄紫に染めあげ、とろりと凪ぎていました。

すると、その川底に愛しい作助の面影がほのぼのと見えるではありませんか・・・・

美代は、一瞬身をひるがえして水底に見える恋人作助の抱きつきに行きます。

明治19年県道整備、大正3年磐越東線敷設、昭和になって国道288号線整備など、道路や河川整備工事が進み、“美代渕”の川の流れやその形も変わってはいますが、幾幾年川岸にある藤の花だけは、時節になると川面を薄紫に染めて、美代の悲しい恋色に咲きだしています。




古い広報三春内「怪奇伝説 美代淵の由来」参照


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:05 | comments (x) | trackback (x) | 平成版三春怪奇伝説 |
お菓子クイズキャンペーン 28~お菓子は、いっぱい元気をくれる~




「お菓子クイズキャンペーン 28~お菓子は、いっぱい元気をくれる~」
(全日本菓子協会主催)




今年も、お菓子クイズキャンペーンがはじまります!

平成28年11月1日(火)から平成29年1月13日(金)まで

お菓子や砂糖の良さをもっと皆様に知って頂きたいとの思いから、全日本菓子協会(全国和菓子協会他お菓子の団体が加盟)では「お菓子は元気を育てます」をスローガンに「お菓子クイズキャンペーン」を開催致します。





キャンペーンに参加している和洋菓子店やスーパーマーケットで応募用小冊子を配布します。(小冊子はなくなり次第、配布を終了します)
クイズにお答え頂きご応募頂くと、抽選で100名の方にお菓子代として「現金1万円」が、又、3,000名の方に「お菓子詰合せセット」が当たります!
どしどしご応募ください。




お菓子憲章をご存知ですか?全日本菓子協会が「楽しい食文化を創ること」「おいしさ、幸せを提供すること」「健康に配慮したお菓子を作ること」を消費者への 約束として掲げているものです。




詳細は「お菓子ナビ.com」をご覧下さい! http://www.okashi-navi.com。

三春昭進堂 髙橋龍一

| ryuichi | 05:36 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
ロッキィーチャック コンサート 2016 in まほらのポスター


ロッキィーチャック コンサート 2016 in まほら


三春のフォークグループ「ロッキィーチャック」の2016コンサートのポスターが届きました。

リーダーの一郎ちゃんこと橋本一郎さんが届けてくれました。






早速、額に入れて店内に配させていただきます。




平成28年11月27日日曜日

三春町交流館「まほら」大ホール

午後3時開演(開場2時30分)

入場料 1500円





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:58 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
平成28年度郡山商工会議所女性会ふれあい講演会「桂歌丸師匠の落語と講演」



平成28年度郡山商工会議所女性会ふれあい講演会「桂歌丸師匠の落語と講演」

第29回ふれあい講演会」は、桂歌丸師匠を招いて「落語と講演」が開催されます。





日時:11月16日(水) 18時30分から

場所:郡山市民文化センター大ホール

桂歌丸師匠は、噺家として今年65周年を迎え、日本テレビ「笑点」の司会者として平成18年から本年春まで担当しました。

また、桂幸丸師匠の講演と春風亭昇市の落語も行われます。

入場料は2,000円。





前売券は、郡山商工会議所女性会事務局で販売中です。

【問合せ】 郡山商工会議所女性会 tel 024-921-2621





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:27 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
第三十四回「ANAチャリティー大歌舞伎 福島特別公演」



先日、郡山市民文化センターにて開催された、「ANAチャリティー大歌舞伎 福島特別公演」に女房を伴って見物に行ってきました。

10月が誕生日なので、そのプレゼントとして秘かにチケットをゲットしておきました。





この大歌舞伎は、ANAが全国各地で開催し、今年で27年目(34公演目)を迎えます。
今回は、熊本地震の募金チャリティーも兼ねていました。




市川 猿之助さん、坂東 巳之助さん、のダブル初演

演目:『獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』京三條大橋より江戸日本橋まで
浄瑠璃「写書東驛路(うつしがきあずまのうまやじ)」
出演:市川 猿之助、坂東 巳之助、市川 猿弥、市川 春猿、市川 寿猿、市川 笑三郎、市川 笑也、市川 門之助 他


会場では、福島民報会長渡部世一さんも奥さんとご一緒にお見えになっていましたので、挨拶だけさせていただきました。




私たち夫婦も、和装着物でお洒落して、歌舞伎見物です。

その日は午後から三春中学校の「三春シンポジウム」の講師に招かれていましたので、最後に20年たっても夫婦でお洒落してデートできる家庭を作ってくださいと締めてみました。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 04:53 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「三春シンポジウム 28」 三春中学校一年生総合的な学習の時間


「三春シンポジウム 28」 三春中学校一年生総合的な学習の時間

昨日、わが母校三春中学校の一年生総合的な学習の時間「三春シンポジウム28」の講師に招かれてお話をしてきました。

町産業課課長の新野さん、商工会ビジョン委員会委員長伊藤さんと三人が講師です。

昨年に続き、二回目となります。





私は、菓子屋、商人、そして歴史や伝説といった観点から三春ことを話してまいりました。

「三春シンポジウム」 三春中学校   平成28年10月25日(火)
自己紹介
三春昭進堂 塵壺(平成3年より303号) 平成版三春物見遊山
ホームページ 三春9割  全国に発信!
三春(ロマンチックな名前)、瀧桜 全国区の地名 三春の饅頭屋 

修業 湘南は茅ケ崎 東京 三春が言えなかった みんな知っている
郡山商業 大学行ったら三春に帰らない

経営者 仕事がら、全国の経営者 
挨拶や懇親会 お国自慢 自分の出身地を背負って 社会で活躍!
胸を張って三春の歴史や長所 伝える    三春=自分 

三春という小さな町 少し目立つことをするとメディアが拾う
車社会 県中 郡山25万人 近い 強味  
自転車でGO!三回 テレビや新聞、雑誌  福島県民手帳 スイーツパスポート
NHK以外 広島テレビ 新潟テレビ

歴史と文化  郡山にないもの 歴史 一寸法師 
明治維新 廃藩置県・全国の諸藩は長年の累積負債・借財の山 
経済は貨幣~武士の給料は米 両替が必要 

三春も明治初年藩の財産、殿様江戸(東京)へ参勤交代 家家族は江戸常在
御城石垣、蔵、倉庫や庭園の灯篭、上大町 公官庁建物売却 債権放棄 返済
   お城山上段の石垣 秋田家慰霊碑 その残り

明治初年 三春小学校明徳門 学校の門(教育のシンボル)として残す
~三春人の民度の高さ 

教育 江戸末期の大火 藩学校講所 明徳門 
各村々に学校創設  お寺 村に寺子屋 三春の教育水準の底支え 

尼ケ谷 {正徳の六地蔵}天女碑 幕府の奨励
武士は「お謡(能謡曲)、町人は浄瑠璃(文楽の歌)で日本語の教範としていた」




司馬遼太郎著「坂の上の雲」冒頭のナレーションより引用
明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。 
産業といえば農業しかなく、人材といえば江戸時代の三百年の間、読書階級であった旧士族しかなかった。
明治維新によって、日本人は、はじめて近代的な「国家」というものをもった。
誰もが「国民」になった。 日本という感覚をもった
不慣れながら「国民」になった日本人たちは、日本史上の最初の体験者としてその新鮮さに昂揚した。(幕藩体制では、三春・会津といった各藩は個別の国的感覚 通行手形)

社会のどういう階層(士農工商の階級)のどういう家の子でも、ある一定の資格を取るために必要な記憶力と根気さえあれば、博士にも官吏にも軍人にも教師にもなりえた。
この時代の明るさは、言い換えれば教育欲は、こういう楽天主義から来ている。


明治維新後の、士農工商身分制度からの脱却 自由民権運動 河野広中ら 三春の教育

「日本の唯一の資源は人であり、人を育てるのは教育しかない」 
                        
街並み

首都圏三春出身縁 三春舞鶴会 同級会 友達 サークル 三春旅行
名誉町民田部井じゅんこさん ファン来店 

小さな城下町 三春 観光バスが大勢の人がわんさか来る場所ではない 小グループ 

春先の桜の時期、観光バスはじめ 多くの観光のお客さまは、滝桜周辺を見てお帰り 
平均滞在時間は1時間  その一割でも町中に

世界的に活躍する日本を代表する建築家や照明デザイナー(美人に見える工夫)、写真家などが長期間のプロジェクトに参加
きれいに整備され街並、一方昔懐かしい町並みの面影が残る

単に歴史や文化が感じられるというだけでなく、生活のにおいがする魅力的な小さな城下町
地元の人々が居住し生活する場であり、近郷近在よりの買物のお客さまが出入りする場であり、さらに近年は 春、桜の時期だけではなく四季を通じて観光のお客様が訪れる魅力的な城下町でもあります。

これは、城下だけではなく、それぞれの地区に様々な魅力がある

各神社の祭礼(郊外11月3日)「三春盆踊り」、だるま市、お城山まつり 秋まつり
様々なイベント 今を生きる私たちの生躍動する活観 

城下の道は、城下町のなごりで、道路は狭くて複雑であるため、生活に不便な点もありますが、御城坂 北町の坂や桜谷、天狗谷、谷間が多く、道が狭いことがかえってこの街の魅力を高めています。
北国の小さな城下町三春は、城下にこそ魅力があると思います。

城下の隅々を歩く 裏道の路地をぬけ、桜川や裏道の小さな公園にあるベンチでくつろぐ。
また、郊外では、稲穂 田園風景や道端の地蔵さんや石碑で心が和む、そして地元の人々とのふれあうなかに本当の魅力を発見します。 
城下 街中 地蔵・石碑は立てられなかった

来月初めには、三春ウォーク 

三春は大型バスで来るような大規模な観光地ではなく、歩いて楽しむまちであり、駐車場に車をとめて、まちの中を歩きまわってはじめてその魅力を肌で感じ、十分に味わうことができる小さな城下町です。

伝えたいこと

冒頭の地元・出身地を背負って 日本人の社長の皆さん
初めての人は、三春をその人をフィルターとして見ます。

課題としては、今の子供たちは自己の肯定がすくない 自分の生き方 仕事 家庭 趣味サークル 自信を持つ

地元を見る=足元~自分自身
掌に人の字 下を見る 足元が目に入る

どこに行ってもどんな状況でも、自分自身を見失わない 足元

どこから来た 「はい、三春です」 胸を張って 

最後に、これから家内と着物でお洒落して歌舞伎を見に行きます。

結婚二十年たってもお洒落してデートできるような家庭を作ってください。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:37 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::学校支援 |
平成版三春今昔物語「三春城下中町懐古の巻」



三春今昔物語平成版「三春城下中町の巻」


三春城下中町は、昔から大店が店を構え、商売で繁昌してきた商人の町です。
毎月の2と7の日には市が立ち、“折り返し糸”や“たばこ”などの農産物から、鎌や鍬などの農耕器具、工芸品、そして茶店などが出店していました。

本陣本店川又氏、桐屋橋本氏、小野屋橋本氏等々、幾百年か続いた老舗大店です。







御免町は、藩士侍屋敷で、小堤氏、熊倉氏などの武家屋敷がありました。

御免町から裏町へ抜ける通り、旧代官町には、昭和の初めまで料理屋を営んでいた「玉川」(佐々木氏)がありました。

この場所は、江戸時代初期に松下氏が三春城主になるまでは、当時三春を納めていた会津120万石所領時代(約70年間)の代官所のあった場所でした。

小野屋角(現松竹クリーニングと福内屋付近)から、荒町職人横丁への道は、牢屋小路。

大藤屋魚店裏とベニマルの間の通りのいわゆる“しょんべん横丁“には牢屋がありました。

馬場、尼ケ谷全域は、昔の御厩があり、百間馬場が整備され藩士の乗馬鍛錬場でした。
また、馬場桜が毎春になると見事に咲き誇っていたといいます。





旧三春藩総社であった三春大神宮は、貝山岩田地内より元禄2年に、現在の場所である「神垣山」に遷宮されましたが、明治維新の廃藩置県や廃仏毀釈、さらには明治の中ころの大雨による土砂崩れなどにより、廃れていましたが、昭和6年に、当時厄年だった壮年有志の皆様の手により幣殿拝殿の再建拝されました。




このとき、社殿周辺の敷石や基礎の用いるために、三春小学校児童約1700名と教職員は、町内を流れる桜川から川石一人二個づつを拾い境内に運び上たと三春町史は伝えています。

芥川賞作家玄侑宗久さんが住職を務める福聚寺は戦国時代の永禄の頃に、日和田三丁目から移され、戦国期の三春城主田村氏田村義顕、隆顕、清顕三代の菩提寺です。

また、前記の代官町玉川の隣地には、お不動山と呼ばれる小高い丘があり、不動尊を祀った清水寺がりました。

御厩跡には、明治12年には旧士族たちが交付公債出資で製糸工場「厚生社」を創立しますが、士族の商法で事業不振になり、同32年には「三盛社」(日向町にあった前の三春中学校の場所)に合弁されます。

今の愛宕下の「清酒三春駒」の“佐藤酒造”、以前は“金かぶ酒造”でした。
それ以前は「清酒白つつじ」の“緑川酒造”で、大越伊勢屋の「清酒黄水」とともに、商都三春の銘酒として、中通りのみならず、浜通りの方々にも愛飲されていました。

明治36年当時の記録によると、田村、安積、安達の三郡酒造醸造連合共進会に於いて「菊水」が一等賞に輝いたとあります。





新築の中町公民館が立つ、旧ベニマル跡地には、かつて田村郡蚕連事務所があり蚕・繭の市が開かれていました。
これは、大正14年旧三春馬車鉄道会社跡に、三春銀行頭取・山三渡辺商店の社長である渡辺平助氏などの尽力により創設された繭市場の建物でした。


尚、昔から谷間に開けた三春城下では大火の多い場所でしたか、中町は不幸にして、明治になってからも39年と43年の二回大火に遭遇していしまいます。
今の道幅は、この大火の跡に拡張された道です。

古い三春広報内「三春今昔物語中町の巻」参照


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:04 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下中町 |