CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2017 - 04  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




水彩画「セリ場」~故前川三郎先生



三春城下南町の前川様より、御主人の故前川三郎先生の色彩の版画「セリ場」を拝領いたしました。

以前、版画の「セリ場」をプワール様より拝借して店内に飾らさせていただいていましたが、その報告を兼ねて当ホームページに掲載した画面をプリントして持参させていただきました。

その際に、「家にある同じ構図の水彩画を店に飾る?」とお話を頂きませて、もちろん二つ返事で今回店内展示となった次第です。




本当にありがとうございます。

さきのNHK総合テレビ「ものがたり」でも紹介していただきましたが、当店のスタートがこの「セリ場」であり、言うなれば三春昭進堂のバックボーン的存在、セリ場と共に歩んできた4世代です。




前川さんは、幼馴染・同級生の伯父さんでもあり、お得意さんでもあります。



セリ市場側から見た当三春昭進堂の工場の部分です。





まだ県道側の大屋根があり、当店工場にも煙突が付いていますので、20年くらい前の作品でしょうか?


大切に店に飾りたいと思います。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 05:27 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::三春昭進堂雑記 |
塵壺310号 平成29年5月  「雪村-奇想の誕生-」 於東京藝術大学大学美術館
 

「雪村-奇想の誕生-」 於東京藝術大学大学美術館

春陽ノ郷(しゅんようのさと)と呼ばれた三春の桜の中で、瀧桜と人気を二分する雪村桜。 
 今年も “三春さくら” のファンを魅了し大勢の観桜のお客様でにぎわっていました。




その桜の由来となった雪村庵(せっそんあん)の主、画僧雪村の特別展「雪村-奇想の誕生-」が上野にある東京藝術大学大学美術館で開催され、三春人として見に行かねばならないと、三春城下にも桜の便りがちらほらと届き始めた四月初旬に観に出かけました。

先に東京で開かれた三春舞鶴会総会でも町担当者より紹介されていましたので、首都圏在住の三春縁の方々も足を運んだ方も多いはずです。





この「雪村」とは周継(しゅうけい)という法名を持つ禅僧で、雪村は雅号です。他に、鶴船老人、如圭、倹約斎、中居翁などの雅号も称し、俗称は田村平蔵。

晩年に三春在の大田(現郡山市西田町大田雪村)に庵を構え隠棲(後の雪村庵)し、天正十七年、八十余歳の天寿を全うしました。

その画風は、禅をその精神的支柱とする静的素材を中心とした水墨画に、荒々しく動的素材を組み入れ、気迫と活力を導き出すことによって緊張感のある美を創造しています。






生涯は未だ謎に包まれていますが、常陸国(現在の茨城県 常陸大宮市)で戦国武将佐竹氏の一族に長男として生まれた雪村。
 しかし、幼いうちに出家し画業の道へと進みました。

後の世の絵師たちに深い影響を与えたその画法は、ひときわ独創・革新的でありながら、人間味あふれる温かな水墨画を描き続けました。

「西の雪舟」「東の雪村」と言われるほど、故郷である水戸佐竹氏や会津芦名氏、三春田村氏、東国各地を活躍の場としました。

晩年、三春を“終の棲家”として雪村庵を構えますが、その創作意欲は衰えを知らず、しっかりとした技法と、逞しいほどの想像力を用いて傑作と呼ばれる画を次々と世に送り出します。




 雪村の絵の中で一番のお気に入りの「呂洞鬢図(りょどうひんず)」

 今回の特別展のポスターに用いられています。独創的に描かれた構図が特徴の龍を操る志那・宋代に実在したと云われる呂洞鬢という仙人の絵です。
 ユーモラスな顔をしている龍の頭にちょこんと乗った呂洞鬢が、天翔る龍を見上げ、水瓶より小さなこれまた龍を出して自在に操っている様子が描かれています。




 以前から気になっていたんですが、どうも私も名前に龍が付いていますので他人事とは思えず、龍を自由自在に操っているこの呂洞鬢が、当家の女房殿に見えて仕方がありません・・・・





 四月初旬といえば上野の御山は春爛漫、江戸時代より浮世絵になるほどの観桜花見の名所です。
その日も大勢の花見客でごった返していました。

 私などは三春の和菓子屋という仕事柄花見だんごは売っていても“花見の宴”をした記憶はしばらくありませんでしたので、久しぶりの花見を堪能しました。





 また、この日は、東京国立博物館平成館で初日を迎える「茶の湯」展がありましたので、こちらにも臨場してみました。

 国宝の「曜変天目」、「油滴天目」さらには「志野卯花墻」や「黒楽時雨」等々一級品が勢揃いです。
 
織田信長や豊臣秀吉、足利義政、さらには当代きっての茶人千利休や古田織部等々の名だたる武将や茶人に愛されながら時代を超えて人々の心をとらえてきた国宝や重文になる茶道具が一堂に会しています。

「はぁ~!」「うん~ん」「憎らし~!」「へぇ~!」などと声にならない心の叫びが、ため息とともに自然と口から漏れ出してしまいます。





 尚、「雪村」展は平成29年5月21日(日)まで、「茶の湯」展は平成29年6月4日(日)までとなっています。





雪村庵

雪村周継は、十六世紀初めから後半(室町時代後期から戦国時代)にかけて活動した日本を代表する禅宗の画僧で、山水画、人物画、花鳥画などを描きました。

現存する作品だけでも、約二百点が確認されており、その中には国の重要文化財に指定されている作品もあり、郡山市立美術館をはじめ国内外の美術館等に収蔵され、高い評価を得ています。





現在の「雪村庵」は、後世に建てられたものですが、当地が、雪村の晩年(十六世紀後半)に隠棲していた地であることを、明暦四(一六五八)年、三春藩主秋田氏の菩提寺高乾院の僧侶であった-元紹碩が、庵の扁額に、当時の古老の話や伝承をもとに記しています。




庵の裏手の竹林には、雪村の墓と伝えられる花崗岩の大きな石があり、地元の人々により供養されています。






また、庵には、雪村桜、雪村梅と名付けられたシダレザクラとウメの古木があり、春の開花期は、訪れる人々を和ませてくれます。

雪村庵案内板より






      蒼龍謹白 さすけねぇぞい三春! 拝

| ryuichi | 05:48 | comments (x) | trackback (x) | 「塵壺」三春昭進堂 |
三春城下 街なかコスプレイベント! パート2



三春城下 街なかコスプレイベント! パート2

三春城下の人気施設で屋内でも野外でも撮影を楽しみたいコスプレの方々、集まれ~ 2です。!

昨年好評だった「三春城下 街なかコスプレイベント! 」のパート2です。

三春城下にて開催されるコスプレイベント。
三春城址、寺社仏閣、洋館、商店、公官庁を中心に、撮影、パフォーマンス等をお楽しみいただけます。

撮影メインで!
交流メインで!
はたまた賑やかしメインで!!


どんなジャンルで来たって、絶対楽しめるコスプレイベントです。




日時 平成29年5月20日(土) 10 : 00~17: 30

場所 『三春交流館まほら』

住所:福島県田村郡三春町字大町191

電話: 0247-62-3837

料金 1,500円

人数200名(最少催行人数50名)

締切5月10日(水) ※定員になり次第終了





*電車の場合*

JR磐越東線 三春駅より 約1.7km

※三春駅10:07着の電車でお越しになる際には無料シャト バスが待機していますので、ぜひご乗車下さい。

※三春駅18:26発の電車にお乗りになる際には無料シャト バスが待機していますので、ぜひご乗車下さい。

*お車の場合*

磐越自動車道船引三春ICより約4 km

磐越自動車道 郡山東 より 約6 km

※駐車場、看板に従って駐車してください。

[撮影可能エリア]

三春城下
商店街、神社仏閣、日本家屋、洋館、図書館、舞台、川など。撮影可能エリア

拡大!車で移動可能です。武器使用OK !

商店街で使用できる商品券1000円分がつきます。ぜひお買いものしてください!



お申込み窓口はTwitterのDMでのみ受付となっておりますので、下記の必須事項をご記入の上お送りください。

必ず返信を致しますので、返信が来ない場合は改めてご連絡ください。

·名前(本名、CN)

電話番号

性別

·コスプレイヤーorカメラマン

会場までの交通手段

※複数名で参加申込みする場合は、代表者(上記すべて) 同行者(CN、性別、コスプレイヤーorカメラマン、会場までの交通手段)のみで大丈夫です。





お申込み:お問い合わせは
まちづぐリ公社観光部広報担当まで
TEL:0247-62-3690

※基本的にはTwitterのDMにてお問い合わせください。

4月中は多忙期のため 返信が遅くなる場合があります。

ご了承ください。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:22 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
春爛漫 丹伊田子安観音祭礼 狐林山真福寺 



丹伊田 狐林山真福寺

三春城下の西北二里余、旧丹伊田村(現郡山市西田町丹伊田)の天台宗比叡山派の狐林山真福寺。


山内には子安観音を祀る観音堂が鎮座し、毎年春、花見の頃に祭礼がおこなわれています。





この祭礼には、毎年当三春昭進堂の”三春花見だんご”を引きものとしてご用命いただいています。

ありがとうございます。





今をさかのぼること慶長3年(西暦1598年)に開山し、明治13年には寛永寺の末寺となりました。





この真福寺の北の小高い岡の上には、戦国期の三春城主田村氏の家臣新田土佐守顕成が居住する黒鹿毛館がありました。

すぐ近くには、鹿島神社や、丹伊田玄番の居城だった田村四十八舘の一つ丹伊田舘もあり、戦国期の三春城主田村家では、重要な場所だったことがうかがえます。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:21 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |
田村地区防犯協会連合会防犯連絡責任者拝名


先ごろ、田村警察署署長、田村地区防犯協会連合会長名で、防犯連絡責任者に任命されました。

その委嘱状を、地区受持警官である鈴木さんに届けていただきました。





防犯連絡所の責任者です。

永年父親が担っていましたが、推薦者もあり息子の私が代わって任命されました。


子供のころから、「家には、お巡りさんがよくおちゃのみにきていたなぁ・・・」と思っていましたが、この防犯連絡所だということだったんですね。

また、親父と気の合たんでしょう?

三春に下宿しているような若いお巡りさんなどは、非番の日に呑みに来たりしていたのを覚えています。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂





| ryuichi | 05:38 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
ミハルコーラス 71周年コンサート ~ うたいつづけて・・・つなげようみらいへ!


ミハルコーラス 71周年コンサート

「うたいつづけて・・・つなげようみらいへ!」

日時 平成29年5月21日(日)

開場 13:00 開演 13:30

会場 三春交流館「まほらホール」

入場無料






特別出演 福島県立田村高校合唱部

主催 ミハルコーラス



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 05:01 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
「拘らず(かかわらず)」 三春城下時宗法蔵寺2017“心のカレンダー4月”



「拘らず(かかわらず)」 三春城下時宗法蔵寺“心のカレンダー4月”

拘らず(かかわらず)。

言葉の意図をいろいろ思案していましたが、法蔵寺の方丈様にご来店いただいた折に、聞いてみました。

「人間、あれやこれやに首を突っ込みたくなる、言うなれば出しゃばるということになる、そういったことへの戒めです」ご教授いただきました。


また、この言葉を考えていましたら、本当に難しい言葉だと気が付きました。

「拘らす」≒「囚われず」≒「かたよらず」≒「執着せず」

という図式が浮かんできたからです。
日々の生活、そして生き方に於いて実に難しい事柄です。





「小欲知足」「日々好日」「好事不如無」等々・・・・仏教では様々な言葉で教えています。
晴れても雨でも、暑くても寒くても、それぞれ大切なたった一度の人生の日々だということです。





好いことがあっても、悪いことがあっても、あるがままの現実です。
しっかりとそれを受け入れながらも、いつまでもそれに「拘らず」、「囚われず」、「かたよらず」「執着せず」、足元をしっかり見つめて今なすべきことに心を注いで生きていくということが大事なんだろうと思います。





木枯し紋次郎の名セリフ「アッシには拘わり合いのねえこってござんす」を思い出しました。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:15 | comments (x) | trackback (x) | 時宗法蔵寺::法蔵寺心のカレンダー |