CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2017 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「柳橋歌舞伎」 平成29年度定期公演



「柳橋歌舞伎」 平成29年度定期公演

日程
平成29年9月17日(日)
午後四時開演

会場 柳橋歌舞伎伝承館(郡山市中田町柳橋字町向·黒石荘)


演目
一、白浪五人男 稲瀬川勢揃いの場 (御舘中学校生徒)

二、義経千本桜 伏見稲荷鳥居前の場 (御舘中学校生徒)

三、神霊矢口渡 頓兵衛住家の之場 (柳橋歌舞伎保存会研究部)





表記のポスターと案内状を、柳橋歌舞伎保存会会長宗像亀明さんに持参いただきました。
早速、ポスターを額に入れて、店内に飾らさせていただきました。

会長の亀明さんには、例年田村大元神社夏季例大祭の太々神楽でお世話になっています。

主催 柳橋歌舞伎保存会
後援 柳橋町内会 
問い合わせ 024-973-2323 事務局宗像








当家の先々代、祖母キヱは柳橋の長岡家の出で、父とは従弟という関係となります。

その長岡の現当主である長岡守男さんも、この柳橋歌舞伎保存会では花形役者として舞台に登場いたしました。


また、今は亡き本宮太郎丸(観音様前の小山)出身の母方の親戚の方が柳橋に嫁いでいます。
さらには、私の同級生などもたくさんいたりします。

そういった関係から柳橋はとても身近に感じる地域で、盛会をご祈念申し上げます。




ご案内
拝啓 残暑の候 皆々様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げ申し上げます。
日頃、郡山市指定重要無形民俗文化財で有ります「柳橋歌舞伎」の保存継承に対し温かいご支援、ご指導を賜り心より厚く御礼申し上げます。
さて、今年の柳橋歌舞伎の定期公演は9月17日(日) に柳橋歌舞伎伝承館において、上演を行うことになり、地域をあげて準備を進めている所でございます。
つきましては公私共にご多忙のところと存じますが柳橋歌舞伎を始めとする伝統芸能を後世に継承するために懸命に活動している後継者及関係者に激励を賜りたくご覧下さいますようご案内申しあげます。
敬具
平成二十九年八月吉日

柳橋歌舞伎保存会 会長 宗像亀明
柳橋町内会長   会長 宗像光雄



昨年の様子・雨の為柳橋歌舞伎伝承館で行われました。


柳橋歌舞伎(やなぎはしかぶき)は、江戸時代から柳橋の農民の間で200年以上にわたり、伝えられています。

始まりは、菅布禰(すがふね)神社の祭礼に奉納した旅芸人から伝えられた歌舞伎を、柳橋の村人がしばいや歌を楽しんだのが始まりと言われています。



柳橋は、天領(徳川幕府が直接支配していた地域)で、ほかの三春藩や守山藩などの地域にくらべて年貢が少なく、生活にゆとりがあったためと考えられています。

一時途絶えていた時期もありましたが、昭和55年の「柳橋歌舞伎保存会」結成によって本格的に歌舞伎上演が復活しています。






「秋蛍~海老根、長月宵あかり~」

海老根 秋蛍のご案内

日時 平成29年16日(土)、17日(日)

午後6時から午後9時まで

海老根和紙漉保存会がお送りする、灯ろう約1000個が夕闇の水田や道路沿いに並べられ秋の夜を手すき和紙の灯ろうで幻想的に彩ります。

場所 郡山市中田町の海老根伝統手漉和紙工房周辺
 
海老根手漉(す)き和紙は、中田町海老根地区に江戸時代から伝わる伝統の和紙。時代とともに和紙の需要が減り、一時は途絶えたが、1998(平成10)年に海老根伝統手漉(す)き和紙保存会により復活した。
 
柳橋歌舞伎会場周辺にも海老根和紙灯篭が設置されます。

350年の伝統の和紙で綾なす柔らかい明かりは、夕闇に光のページェントとして繰り広げられ、海老根の里の夜が秋の蛍のように映し出し会場を幻想的な雰囲気に包んでいます。

海老根伝統和紙漉保存会



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 05:39 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
「避暑地の出来事~」女房殿に感謝 越後紀行2017夏



「避暑地の出来事~夏の思い出」~善作茶屋2017夏

新潟まで出張があり、例のごとく越後長野温泉嵐渓荘に宿をとりました。


さぁ、所用を今日の分はさっさと済ませ温泉に浸かり、冷たいビールを一杯!と行きたいところですが、途中どうしても寄りたい場所があります。



そうです、加茂市黒水にある「善作茶屋」です。

この茶屋の絶品“ところてん”が食べたくて、グルっと遠回りをして茶屋で一休み!


これが美味しいの何のって!一回食べればわかります。





また、茶屋のロケーションが最高なんです。

時代劇に出てきそうなロケーションの中、素敵な奥様の笑顔に迎えられて、旅人気取りで茶店の軒先ですっかりで寛がさせていただきます。






先の大雨では、この善作茶屋の浸水を心配していました。

話を伺うと、目の前の川の氾濫は無かったものの、裏山からの水路を流れている沢の水が溢れて床下したまでの浸水はあったようです。

こ伺った日は蒸し暑い日でしたが、夏は“ところてん”を看板商品とするこの茶屋の稼ぎ時、デイサービスの団体様方など大勢のお客様で大繁盛です!

旦那さんも大活躍です!

ロードサイドの店舗なのでお客様の車の出入りを警棒を持ってエスコートされています。





善作茶屋
●住所:新潟県加茂市黒水
●営業時間:8:30~17:30(天候により変更)
●定休日:荒天の場合は臨時休業
●値段:ところてん 250円(税込)
    玉こんにゃく100円(税込)
※11月~4月下旬は休業







この時期は、1959年アメリカ映画 「避暑地の出来事」の主題曲「夏の日の恋」を思い出します。

懐かしい夏の思い出とともに・・・イントロを聞いただけで「夏」の訪れが感じられますね。


何やら訳アリか~~?

ん?・・・そんなわけありません!

夏になると素敵な出会いがあるんじゃないか!と浮かれる年頃には程遠い、いいおじさんさんになってしまいました。





この宿に来る度に当店女将である女房殿のありがたさを肝に銘じています。





それは~、この写真をご覧ください。




ここに来ると嵐渓荘玄関ロービー・ホールの壁に掛けてあるこの写真を必ず拝みます。

最初にこの写真を観たときには涙が止まりませんでした。
写真は、平成15年12月放映ですから、約15年位前になりますので、若かりし頃の渡部謙さん、小林聡美さん、西田敏行さん、そして監督の矢島忠さんと一緒に旦那さんや女将さん、そして現社長などご家族と従業員が笑顔で写っています。
三谷幸喜が担当した第2話(平成15年12月22日放映)にこの嵐渓荘がロケ地となり、渡辺謙と小林聡美が旅館のダメ経営者夫婦を演じ、そこに西田敏行演じる謎の宿泊客が絡んで抱腹絶倒のコメディーを繰り広げるというドラマでした。

すぐに、当時全国旅館組合青年部長だった馬場の湯若松屋の専務にこの宿を調べていただき、翌5月に初めて逗留してからの付き合いです。
ここ嵐渓荘に来るようになったのは、このドラマがきっかけです。

この写真の中で、小さな男の子を抱いたお母さんの姿が見えますか?
このお母さんは当旅館の若女将でした。





この写真の後に病を患って、体調を崩し幼い子供を残して帰らぬに人になってしまいます。
結婚して、子供も授かり、若女将として夫婦で力を合わせて宿を切り盛りしていく・・・・これからという矢先の病でした。

最愛の夫、そして幼子を残しての早すぎる旅立ちです。


さぞ心残りで悔しかったことでしょう、心よりお悔やみ申し上げます。




私も、こうして商売、仕事、遊びに、趣味・・・と何の憂いもなく思う存分できるのも、当家女将である女房殿のお陰です。
そして、子供たちの成長をが生きる張り合いでもあります。

この写真を見るたびに、家族そして女房殿のありがたさを教授されているようで、そっと手を合わさせていただいています。


NHKテレビ放送開始50周年記念ドラマ「 川、いつか海へ」
平成15年12月末の6夜連続放送

山の男と海の女が出会い、ガラスの浮き玉を作りました。
その球は川を流れ下りながら、人の心に愛を目覚めさせてゆきます…。
というストーリーで人生を川になぞらえた6つの物語からなるオムニバス・シリーズ。
脚本は、野沢尚、三谷幸喜、倉本聰という日本を代表する脚本家三人がそれぞれ担当しています。





尚、社長は元アナウンサーの方と再婚され、夫婦共々旅館を切り盛りされて日本を代表する繁昌する温泉旅館として国内外から高い評価を得ています。





先ごろ、第30期竜王戦七番勝負の日程と開催地が発表され、第4局が本年11月23日(祝・木)、24日(金)に三条市越後長野温泉「嵐渓荘」で行われることが発表されました。

これは楽しみです。





また、ご覧になった方もあると思いますが、8月初旬に放送されたNHKの人気番組美の壺・選「宿の朝食」では、嵐渓荘自慢の朝食逸品”温泉粥”が取り上げられています。


この竜王戦、美の壺他、沢山のメディアに取り上げられていて、宿泊の度にそのパワーを分けていただいています!



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:33 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::男の隠れ家 |
ミュージカル”ブッタ Buddha 2017 わらび座 ~須賀川文化センター公演




ミュージカル”ブッタ Buddha 2017 わらび座 
~須賀川文化センター公演

日時 2017年 9月13日 (水)

  開場 13:30 
  開演 14:00

全席指定(税込) 一般 4500円 高校生以下 2000円

前売り券発売・問い合わせ 須賀川文化センター 





人間はなぜ生きるのか、なぜ生き続けなければならないのか――
・・・時代と民衆の渦の中でひたむきに生きるブッダの姿は、2500年経った今も、悩み苦しみながら現代を生きる私たちに、生きるとは何かの根源を投げかけてくれます。
   劇団わらび座ホームページより



先日、三春城下新町の真照寺様より、ポスターとパンフレットをお預かりいたしました。


「お芝居とは、架空の世界を表現したものです。
しかし、その芝居が日常である現実を超えていく時がある・・・・」
わらび座のYさんがご来店の折び、演出を手掛けた、栗山民也さんの言葉として語ってくれたものです。
ん~深い言葉です・・・・






秋田県たざわこ芸術村を拠点に活躍する「わらび座」です。

わらび座はこれまで、第一弾「火の鳥 鳳凰編」では生命の連なりを、第二弾「アトム」では愛をテーマに、手塚治虫の普遍的メッセージを舞台化し上演して参りました。
手塚治虫の「ブッダ」は、仏教の祖・仏陀に独自の視点を交え、生きる意味を問い、歩き続けて行く人間・ブッダの物語として描かれています。
 わらび座HPより



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:06 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
萬年山天澤寺山門修復



三春城下清水にある曹洞宗萬年山天澤寺の山門の修復が無事終了し、その落慶式が地蔵盆「身代わり地蔵尊祭典」の日に合わせて執り行われました。





永年風雨に寄よって、屋根や柱が朽ちてきていました。



(修復前の写真)


その修復が檀家の願いでした。





使える部材はそのまま使用し新しく生まれ変わりました。






修復落慶記念に配られた手拭です。





これは洒落てますよね!


早速店内に配させていただきました。





さあ、お盆も終わり、そろそろ少しずつ秋の気配が来るんでしょうか?





春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 05:23 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下新町::萬年山天澤寺 |
「Yammy’s Summer LIVE Travel 2017 in若松屋」




「Yammy’s Summer LIVE Travel 2017 in若松屋」に行ってまいりました。






夏の終わり♬

Yammyの歌に酔いしれてみました。





素晴らしい歌と、ギターを新調して益々進化したギタープレイ!
今回はベースにラリーさん、そしてパーカッションにもっちゃんというユニットでの素晴らしい演奏、そして、ゲストの仁井田本家の真樹ちゃんのピアノという編成です。






R&Bからオリジナルまで多彩な唄を聴かせてくれました。





残暑厳しい夏の終わりに、楽しいひと時を過ごさせていただきました。






今回のツアーはバンドワゴン!

今回はメンバーと一緒に文字通りワゴン車で楽しくワイワイ・・・・。


ということでした。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:35 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下中町::馬場の湯 若松屋 |
綾小路きみまろさん「金ラメのメダカを作りたい」文藝春秋9月号



先ごろ発売された文藝春秋9月号(平成29年9月)

号の[この人の月間日記]というコラム欄がありますが、今月はなんなんと!





あの綾小路きみまろさんが担当していまして「金ラメのメダカを作りたい」というタイトルがつけられた日記風のコラムが掲載されています。

その中で7月8日の欄をみますと~~~

三春スタンプ会25周年記念事業で行った「綾小路きみまろ笑撃ライブ2017イン三春」のことがふれられています。





全国版ですよ!


これを宣伝料に換算したら一体幾らになるんでしょうか?


早速、この事業をサポートしてくれた青葉企画増田社長に電話を入れてご報告と御礼を申しあげた次第です。


M「はい、矢沢倶楽部です!」

R「あ、増田さん!今月の文芸春秋に綾小路きみまろさんが三春交流館まほらの事を書いているよ~」

M「え~それはすごいじゃん!」

R「だよね~、きみまろさんや東北ショー企画社長の葛城さんによろしく云っといて^」

M「了解!来月福島でプロレスがあるんだけど~タイトル戦が三本!」

R「スケジュー確認してみます!」

M「今なら前から5番目が取れるよ~」

R[スケジュール調整してみます」

R「永ちゃんのライブチケットオッケーだよ~!」

R「アリーナ2枚、A席に2枚は確定なんだけど、どうせならみんなでアリーナ席ジャン!今を全力で手配してるんで、そこんところよろしく!」

M「アリーナだったらベルサーチの白買っちゃおうかなぁ~」

R「武道館も手配済!」



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:46 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
ニューオリンズジャズ ふくしま応援ライブ in 郡山 2017



先日、郡山の夏の恒例ライブ
「ニューオリンズジャズ ふくしま応援ライブ in 郡山 2017」に家内と一緒に出かけてきました。

富永さんが会長を務める「浅草おかみさんの会」プロデュースの陽気な真夏の夜のジャズライブ

昨年同様、会場の郡山ビューホテルアネックス4Fには、600人以上のジャズファンが詰めかけ大盛況です。





出演は、ジャズの本場ニューオリンズから、トーマス・フェッシャーと、陽気なニューオリンズジャズオールスターです。

ライブに先立って、ご案内頂いた福島県医薬品配置協会会長、福島県中小企業家同友会郡山地区 献血委員長の(株)サンサン社長佐久間 喜重さんより、協同組合浅草おかみさん会会長、NPO法人全国商店街おかみさん会理事長の冨永照子さんにご挨拶をさせていただきました。


富永様は、浅草すしや通りの手打ち蕎麦の名店「十和田」の4代女将、そして仲見世あげまんじゅう本舗菊水堂、中富商店の女将です。

また、浅草の地域活性に貢献している浅草おかみさん会の理事長で、サンバのパレードで有名な浅草サンバカーニバルの仕掛け人でもあります。





また、さすが郡山市内毎週12万部発行の週刊郡山ザ・ウィークリーが主催の地元郡山でのJAZZコンサートです。

県中の経済界でお見掛けする方々や、同級生、友人等々・・・各方面でご活躍している顔見知りの著名な方々がたくさんお見えになっていまして、挨拶だけでも楽しいものです。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:40 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |