CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




日暮硯 「十三夜 月待供養」 十三夜月見団子



十三夜 月待供養

お月見というと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが、日本では古来もうひとつ旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月であると重んじていました。

古くから秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習と月待ち行事があり、江戸時代の文化・文政のころ全国的に流行したとされています。






月待供養とは、十三夜(虚空蔵菩薩)、十五夜(大日如来、聖観音)、十六夜(大日如来、阿弥陀如来、地蔵菩薩、如意輪観音)、十九夜(如意輪観音)、二十三夜(如意輪観音)、などの特定の月齢の夜、「講中」と称する仲間が集まり、飲食を共にしたあと、経などを唱えて月を拝み、悪霊を追い払うという行事です。




特に、信仰が厚かったのは二十三夜に集まる二十三夜行事で、二十三夜講に集まった人々の建てた二十三夜塔は三春城外の在方の村はずれや寺社の境内などに広くみられます。




二十三夜は「三夜待ち」「産夜」とも呼ばれて、男の日待供養に対比するかのように、月待は女性の講だとも云われます。

月待講を口実に、農家の女性たちが食べ物や飲み物を持ち寄り、わずかな時間ですが、月を愛ながらおしゃべりや飲食をしながら、楽しいひと時を過ごしていたのではないかと思います。





今年平成29年の十三夜は旧暦の9月13日 平成29年11月1日(水)となります。

十三夜月見団子 十三個入り 650円税別

おしゃべりのお供にいかがでしょうか・・・


 蒼龍謹白   合掌


| ryuichi | 05:30 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下歳時・風土記::歳時記 |
KFB福島放送の夕方の人気情報番組”Jチャンネル・ヨジデス」の取材




KFB福島放送の夕方の人気情報番組”Jチャンネル・ヨジデス」の取材を受けました。


エスコートは、KFBの期待の新人、バリバリ体育会系のさわやかアナウンサー!坂寄直季(さかよりなおき)くんです!


坂寄アナウンサーは、野球部出身で高校野球の中継が楽しみと話すKFBアナウンス部を背負って大型アナウンサーです。


出身は、お隣の茨城県土浦出身、そして、息子が通う同じ日本大学の日大法学部卒ということで、グッと身近に感じます。






福島県内にある話題の包装紙というのがテーマらしんです。

この日のロケは、福島市、三春町(三春昭進堂)、そして柳津と県内全域を取材するそうです。





放送は、平成29年10月31日火曜日 午後3時50分からの番組内です。

お楽しみに!


尚、三春昭進堂の三春物見遊山包装紙と一緒に、三春名物おたりまんじゅうも取り上げていただきました。





歯の治療中で歯が一本抜けているものでそうでなくても悪い活舌が余計に聞こえづらくなっていたかもしれません。







当店のような小さな饅頭屋がテレビ局が取材に来ていただけるのも、三春、そして滝桜という全国ブランドの名前の賜物だと思います。







この三春を、そしてその歴史を造り、支えてきてくれた先人には心より感謝を申し上げたいと思います。

取材中にも話しましたが、三春で商売をさせていただいていることへの感謝を忘れずに、三春昭進堂を売る前に「三春」を売る。







商売戦術として、全国ブランドの三春滝桜、そして三春城下を前面に押し出して、三春へのお客様を増やせば、おのずと三春昭進堂へご来店いただける。

そして、当店のみならず三春の商売屋にご来店いただける!といった寸法です。






これは、このホームページ然り、塵壺然り、そして平成版三春絵図三春物見遊山然り、そして名刺然りです。

和菓子の説明が5~10%、あとは全て三春の紹介をしています。

しかも、ちゃんと経費ですよー!







春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍





| ryuichi | 05:33 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::メディアで紹介されました |
月光菩薩さんのお顔のリレーフ 十三夜月見団子ご予約承り中



三春昭進堂の店内装飾品に新しい仲間が加わりました。

砲金製の月光菩薩さんのお顔のリレーフです。

ご縁があり、当店のお越しいただき正面の壁に飾らさせていただきました。


日光菩薩と月光菩薩は鏡を見ているようにそれぞれ左右対照的に造られることが多く、見分け方はといいますと・・・

手にはそれぞれ月輪と日輪を持っているとされています。

左手が上がっている造形が日光菩薩であるということですが、お顔だけでは区別がつきません・・・







 日光菩薩さん、月光菩薩さんは、『薬師経(薬師本願経)』に、薬師如来さんの浄土である東方瑠璃光世界の主要な菩薩であるされ、薬師如来さんの脇侍として一対で造像されます。
このために、日光菩薩さん、月光菩薩さんが単独での信仰されたり、造像はないと云われています。






日光菩薩さんは、日光遍照菩薩とも呼ばれ、太陽の如く光を照らして苦しみの闇を消すといわれています。


一方の月光菩薩さんは、月光遍照菩薩とも呼ばれ、月の光のようなやさしい慈しみの心で煩悩を消すといわれています。







美術品として店内に配させていただきます。


砲金(真鍮?)製ということですので、時間を見つけては軽く磨きをかけて、ピカピカに仕上げていこうと思っています。








今年平成29年の十三夜は旧暦の9月13日 平成29年11月1日(水)となります。


十三夜月見団子 十三個入り 650円税別


お月見さまを愛でながらの楽しいおしゃべりのお供にいかがでしょうか・・・


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:26 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::三春昭進堂雑記 |
お菓子クイズキャンペーン 29~お菓子は、いっぱい元気をくれる~





「お菓子クイズキャンペーン 28~お菓子は、いっぱい元気をくれる~」
(全日本菓子協会主催)







今年も、お菓子クイズキャンペーンがはじまります!

平成29年11月1日から平成30年1月13日(まで

お菓子や砂糖の良さをもっと皆様に知って頂きたいとの思いから、全日本菓子協会(全国和菓子協会他お菓子の団体が加盟)では「お菓子は元気を育てます」をスローガンに「お菓子クイズキャンペーン」を開催致します。





キャンペーンに参加している和洋菓子店やスーパーマーケットで応募用小冊子を配布します。(小冊子はなくなり次第、配布を終了します)
クイズにお答え頂きご応募頂くと、抽選で100名の方にお菓子代として「現金1万円」が、又、3,000名の方に「お菓子詰合せセット」が当たります!
どしどしご応募ください。




お菓子憲章をご存知ですか?全日本菓子協会が「楽しい食文化を創ること」「おいしさ、幸せを提供すること」「健康に配慮したお菓子を作ること」を消費者への 約束として掲げているものです。






詳細は「お菓子ナビ.com」をご覧下さい! http://www.okashi-navi.com。

春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 12:36 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
「2017三春ウオーク」 三春町・福島民報主催



「2017 三春ウオーク」

三春町・福島民報主催


今年も、紅葉の城下町と六地蔵を巡る約10キロのコースを歩きます。

裏道や起伏のあるコースになりますので、動きやすい服装と歩きやすい靴でご参加ください。


昨年の様子



日時 平成29年11月4日(土)

雨天決行
午前10時スタート

午後2時ゴール予定
集合場所
三春町運動公園(三春町大字貝山字泉沢100)

参加費 大人500円(当日700円) 子供300円(当日500円)



昨年の模様

当日や、後日、初めて参加されたお客様に、「歩きながら皆さんが店内に入っていくので、まんじゅうを食べるという関所かと思った!」とよく言われます。

ご存知の方は、丁度休憩にまんじゅうを頬張りながら、セルフのお茶や水を飲んで一服されていきます。



昨年の店内


皆様のご来店をお待ちしています。






紅葉の小さな城下町、三春町の史跡「六地蔵と寺社仏閣」を訪ねる特設コースです。


奥州三春数珠巡り



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:12 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
岩見浜田の家の補修! 2泊3日の山陰浜田弾丸出張ツアー!



島根県は石見浜田市にある女房殿の父方の実家へ、2泊3日の弾丸帰省してまいりました。

片道1200キロ、本来なら約12時間の車の旅です。


この度は、台風21号が三春通過という最悪のコンデションの中です。


大雨の中、高速道路も”親知らず”付近で通行止めのため海沿いの一般道を経由、さらに、若狭道通行止めで渋滞の名神道へ、そして極めつけは真夜中の浜田道広島と島根の県境の通行止です。


三森峠の旧道のような山中の道をひた走りで、14時間かけてやっとさ浜田帰還となりました。





以前よりの懸案だった実家の雨漏り対策・屋根の修理と外装木部補修の為なんです。


今回なんとか時間を調整して、三春城下新町の根本看板の専務と、中町のポリシス社長に出張を依頼しての今回の帰省となりました。






築100年は経つであろう商家造りの古民家です。


私も、この家の娘婿としては、少しでも長持ちをさせて次世代へ伝えたいという思い、そして、留守にしている家なので港町浜田市真光町のご近所さんのご迷惑にだけはしたくないという思いがありました。







持つべきものは・・・やはり気心の知れた仲間は頼もしいです。


私が思い描いたよように中一日半という短時間で出来る限りの修繕を施していきます。





腐食に強いトタンを張って石州瓦の下地にして屋根の補修。


約30年前に、構造上無理して拵えた雨どいの補修も、トタンで箱を造りコーキング補修しながら水路の確保!





外装にある木部のペンキ塗り。

古い台所の棚の補修。

そして、古くなった屋根雪止めの撤去等々・・・・・





朝から晩まで、そして翌日の午前中をかけて施工していただきました。


お陰様で、見違えるような仕上がりです。


翌朝、雨が降ってきましたが補修箇所は、ばっちり機能していました。





この家の守り神である、鬼瓦も大満足の様子です。






北国奥州磐城国の小さな城下町”三春”から、山陰は石見国浜田に出張していただいたからには、日本海の海の幸を堪能していただかないと、日本海に申し訳が立ちません。


早速、昼には浜田で一番人気のすし屋「すし蔵」で”山陰の海の幸”を堪能してもらいました。


のどぐろ・鯖・烏賊・ほうぼう・・・・・






そして、作業の関係で遅くなった夕食は、やはり浜田で一番人気の和食の店「植本本店」で”海の幸”と山陰名物”石見おでん”を堪能してもらいました。





秋の山陰。


海の幸も旬を迎えた白見魚が沢山上がっていました。






浜田帰省といえば目の前にある禅寺観音寺様方丈花吉和尚の下での参禅が一番の目的なんです。


浜田へ到着したのが深夜2時近くでしたので、翌朝にご挨拶に伺い先に頂戴した「おたり饅頭の願い」の扁額の御礼と帰省した挨拶をさせていただきました。


そして、参禅の許可をお願いしたところでした。

その翌朝は参禅の予定でしたが・・・・・時間調整不足で朝起きれませんでした・・・・残念!





帰り間際、改めてご挨拶に伺いました。

美味しいお茶を頂きながら、少しの時間でしたが近況を報告などのお話をさせていただきました。

いつも思いますが、方丈様のご尊顔を拝する、お話を伺う、そして、同じ時間を共有するというだげで心が洗われる気持ちになります。

まさに、”尊く、ありがたい”という言葉が頭をよぎります。



さあ、帰りの時間が迫ってまいりました。

方丈様は、いつもの通り優しい笑顔で見送っていただきました。







今月号の「禅の心」の”開山”と題された特集記事に使用されている写真が三隅の龍雲寺野原眞承和尚晋山式の模様が使われているということで拝聴してまいりました。

写真には、観音寺雲水定岡蔵心和尚、観音寺花吉和尚、そして龍雲寺眞承和尚がばっちりアップされています。









帰りの車中で、禅語「喫茶去」を考えていました。

帰り際、出発前のあわただしさの中、方丈様の下へご挨拶に行った際、あえてお茶を勧めていただきご馳走になってきました。

私が、疲れのせいで朝の参禅に来れなかったことを悔やんでいるだろうと、強いてお茶を勧めてくれたんだろうと解しました。





喫茶去(きっさこ)はと“まあ、茶を飲みなさい”ということですが、方丈様は、お茶を飲む、家の修繕をするこれらすべての日常生活の中に仏道修行があるということを教えようとするものです。

正に禅でいう「修行こそが悟りであり、悟りこそが日々の修行」ということを教えていただきました。


また一つ、心が洗われました。


ありがとうございます。






浜田で、いつもお世話になている床屋の土田さんの女将さんはじめ、真光町のご近所の皆々様にご挨拶と感謝を申し上げて帰路につきました。


今回も、様々な方々のお陰で、こうして幸せに暮らしているということを学ばさせていただいた旅となりました。


心より感謝申し上げます。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 06:19 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::島根の夏休み |
「紅葉!三春城下名所ライトアップ29」 ~春だけじゃない三春の魅力発見~




「紅葉!三春城下名所ライトアップ29」 ~春だけじゃない三春の魅力発見~






三春城下の紅葉のライトアップを今年も実施します。

城下には、春の桜だけでなく、美しい紅葉を見ることのできるスポットが沢山あります。







それらを毎年紅葉の名所として各所をライトアップしてきましたが、今年は三春藩総社である「三春大神宮」と藩主祈願所「真照寺」にライトアップいたします。





特に真照寺は、今年初ですが、改修の終わった藩主庭園方丈池に浮かび上がる紅葉は見ものです。


秋空のすんだ日差しの中にある、鮮やか:な紅葉もさることながら、ライトを充てられて夜の闇に艶やかに浮かび上がる紅葉も見ものです。






日にち: 11月初旬から落葉まで

時間:午後6時~午後9時

場所

三春大神宮、真照寺

三春町づくり公社観光部 0247-62-3690







三春城下紅葉ライトアップ

『真照寺ライトアップコンサート』

旧三春藩主祈願寺の方丈庭園がライトアップされ幻想的な雰囲気の中でのコンサートです!

場所:真言宗智山派 日乗山 真照寺
(福島県田村郡三春町字新町258)

平成29年11月12日(日)
時間:開場16時30分
開演17時(18時40分終演予定)

前売2000円 当日2500円

前売チケットご予約yukazou1@gmail.com





お問い合わせ0247622705(真照寺)
※中学生以下入場無料(要学生証提示)
※駐車場ご用意しております





◎出演◎
小川ロン
MANAMI
パイナップル独りウェイ

◎出店◎
三春昭進堂




主催 真照寺

コンサートタイムテーブル
•パイナップル独りウェイ 17時~17時30分

•MANAMI 17時35分~18時05分

•小川ロン 18時10分~18時40分





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 05:31 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |