CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 01  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




”ご縁・夢なら醒めないで~” 一世一代の誕生日プレゼント!54th





”ご縁” 一世一代の誕生日プレゼント!2018



本日、54回目の誕生日を迎えています。

毎年になりますが、どういう訳だか自分の誕生日にはウキウキ・ワクワクという感覚で楽しい気分に浸っています。


ある時は、テレビの取材の申し込み。
また、ある年は、雑誌の取材申し込み等々、瀧桜を抱える三春の饅頭屋にはこの時期何かとマスメディアの方々からの引き合いが多いんです。






本当に有り難いことです。


しかし、今年は一味も二味も違います。

WHY? 何故かって?


それは年末のことです。

私のところにサンタクロースと神様と仏さまが三人そろって舞い降りて来たような吉報が入りました!
もう~「青天霹靂」!お正月とお盆が一緒に来たような!という例えがピッタリな感覚です。

正に、一世一代の誕生日プレゼントです!



ナ、何となんと餓鬼の頃より約40年、いつも傍らに置いて聴いていた・・・・。
そして、歌のそうですが、その本人の男としての生き方にも憧れていたあのBOSSの事務所から飲み会の御誘いが届きました~今回のお話と相成った次第です。

場所も、あえて飲み会というスタイルでセッティング。

そして、 同じ店という空間の同じテーブルで…Bossと・・・・


おみやげは、もちろん“おたりまんじゅう”と地酒“三春駒の滝桜”!






思えば、今から40年くらい前、郡山市民会館にコンサートがあり、私は親衛隊気取りでお手伝いをしたことがあります。

公演終了後、撤収作業をしていると、ご本人様がフッと表れて「ありがとうね〜」の一言!着替えもまだ済んでいないのに、手伝いを自分たちの事を機にかけていただいて言葉をかけていただきました。それから40年!
その時以来の再会っス(๑˃̵ᴗ˂̵)


これは神様のイタズラか?ご褒美か?一生モノの出来事・思い出だと思います。
これはいくら銭を積んでかなえられる夢ではありません。

やっぱり地に足をつけて真っ当に生きる人間だけに巡って来る、御縁と幸運って云うご褒美なんだろうと思います(^_-)





この世に生きていてレッドツェッペリンのギタリスト“ジミー・ペイジ”、歌舞伎界の花形千両役者“坂東玉三郎”、そして、この方・・・・・。
〜同世代を生きているだけで幸せだと思っていました。






その一角、ガキの頃よりあこがれていたBOSSと一緒に呑めるなんて・・・・夢なら醒めないで~!

髙橋龍一、一世一代の晴れ舞台となりそうです! 
ヨ、三春昭進堂!






今回の事や、映画「鎌倉ものがたり」の件、そして、今までの人生での事柄全てにしても、御縁の成せる業なんだろうと心からそう思います。

正に「袖ふれ合うも他生の縁」です。
この語は古より言い伝えられている言葉でが、人と人とのつながりにはこの“縁”“ご縁”というものが必要なんだろうと思います。

人が生きている間、夫婦・家族の出会いはもちろん、友人にも、また会社の上司や同僚、隣人との間にも、このご縁の作用が働いていて、その力によってお互いが結びつけられて生かされている、援けてもらっていると考えられるのではないでしょうか。






かつて武田信玄も「人は城、人は石垣・・」といったように、最終的には人と人の繋がりによって生かされている自分に気が付きなさいということなんだろうと思います。

今までを振り返ってみますと全ての事象に当てはまります。

友人とは・・・・私にとって、いや当家族、そして三春昭進堂にとっての地からず良い仲間であり、大切な財産です!


今年も春から縁起がいいねぇ~

誰かって?…  それはまだ内緒っす!




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:37 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 髙橋 |
魁春旗争奪全国高校選抜 柔道錬成三春大会 2018



魁春旗争奪全国高校選抜 柔道錬成三春大会


平成30年2月10日(土)から12日(月)の3日間


場所:福島県三春町民体育館

主催:魁春旗争奪全国高校選抜 柔道錬成三春大会実行委員会/内藤忠実行委員長

共催:三春町 三春町教育委員会 福島県南柔道会

主管:田村柔道会 三春柔道会 県南高体柔道専門部

後援:全国柔道連盟 東北柔道連盟 福島県教育委員会 等々





日本全国の高校柔道史上、常勝かつ優秀な実績の継続を誇る強豪・名門校を招待して、強化練成大会を開催し、福島県の高校柔道のレベルアップを目指すとともに、地域住民との交流を図り、町づくりの一翼を担う武道・スポーツ振興を推進するというテーマで開催されます。





県勢は、地元の田村高校、県選抜、県南選抜等の4チームが出場します。



内藤さんは、今後は柔道有段者であるプーチン大統領を要するロシア、そしてプロレス選手の経験もあるトランプ次期大統領のアメリカ、また中国などの選手団を招聘し国際大会としたいとの意気込みを話していただきました。






魁春旗とは、春に先駆け、春を呼び込む勝者に授与される誇り高い旗印である。

“春の先駆けを競い、力強い立派な人格が周囲にもたらす“
そんな偉丈夫を顕彰する優勝旗

柔道人たるもの、強いのみならず、須く(すべからく)春風の如き穏やかさと温かさを具えなくてはならぬ。

駿馬と桜の絵柄がその双方を象徴している。

鍛錬した体と心を存分に発揮し、春まだき三春の寒気の中で、魁の春を摘まんでいただきたい。



魁春旗命名 福聚禅寺住職 玄侑宗久

命名 玄侑宗久さん。

揮毫 濵名星姿 三春町出身

※画像のポスターは昨年のものです。
大会実行委員長の内藤忠さんの寄贈によるものです。


おたりまんじゅう本舗「三春昭進堂」は協賛しています。

大会の成功をご祈念申し上げます。









春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:28 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
2018年新春 1月のちょっくら市



2018年新春 1月のちょっくら市


2018年1月19日(金)、20日(土)






三春城下中町にある本陣本店さんの店先をちょっとお借りして、毎月第3の金曜日と土曜日に開店する手仕事人による、月に二日間だけの小さな小さなお店です。





濱津農場です。

☆玉ねぎ(万吉どん)
☆御前人参
☆ほうれん草(緑の王子)
☆キャベツ(冬甘菜)
☆ブロッコリー





☆たくあん
☆いか人参
☆白菜キムチ
☆大根の醤油漬け

☆白餅
☆豆餅

よろしくお願いします🍀






蛙文字で有名な三春在住クリエイター渡辺弥七さん(蛙文字)の娘さんである、陶芸家の渡辺安里さんや、イラスト、人形、陶芸作家で妹の渡辺あずささんを中心に、さまざまな種類の手仕事人、クリエーター、アーティストが出店しています。




個個色+kyouhazuki 川名京子





1月19日・20日 出展します。
スエードのbagと多色使いのporch





新宮百香
1月19日(金)・20日(土)出展品👚👖👕






新宮百香
布bagも出展します♡




見ているだけでも楽しいですよ^






毎回人気の☕️ちょっくらブレンド(中煎り)
数を増やしてお待ちしております❣️



食品は金曜日だけです。





犬石千草
バックをたくさん作ったので、雪が降らなかったら、参加します🙌






パクちゃんも並びます!





本陣本店さんのお店の雰囲気がいい感じです。

三春城下のお洒落空間です。





「三春で”ちょっくら市”ってやってっぱい!さすが城下町だね・・・あれ自体が三春の文化ですよ。民度の高さの現れですね」と評判も上々です!





三春昭進堂の今月の特選和菓子も販売中 ~ 





毎月第三の金曜日と土曜日にオープンします。






春陽郷三春城下御菓子 三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:42 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下中町::ちょっくら市のこと |
「吉田家の本」、 「舟形墓標の魅力」、「ゼロからわかる近世墓入門」吉田幸弘




八王子で法律事務所を経営されている吉田幸弘様より「吉田家の本」、 「舟形墓標の魅力」、そして、「ゼロからわかる近世墓入門」と題された3冊の小冊子が届けられました。



吉田さまは、父方の祖先が常葉吉田氏、そして三春城下大町の影山氏ということで三春に題材を求めた小説「影山一族」とその派生小説を出品してこられました。





今回は、法律事務所・行政書士という仕事内容にもある先祖探しということで、自分のご先祖様を探求ということ田村市常葉の墓所へたびたび出かけられ資料集めに奔走してまとめられた同小冊子「吉田家の本」をまとめられました。


また、お墓探索から 「舟形墓標の魅力」、そして、「ゼロからわかる近世墓入門」もまとめられました。




吉田様からは以前より天正年間戦国期の常葉城主には三春城主平姓田村氏の親族である播磨赤松円心の孫·赤松越前守顕則から後に常盤氏に改名した5代常盤甲斐守貞久まで居城して常葉地方を治めていたことは伺っていました。





「甲斐守公御家中」の中に常葉城主配下に知行170石を有した知行百七十石吉田隼人御用人の名前があり、この吉田氏が先祖ということになるそうです。

尚、この吉田隼人は、71歳の年(1622年) )に「元和老人物語」(常葉町史(27ページ)」)にて、蒲生氏松平下野守忠郷の命により、天正時代の戦争状況を述べている人物でもある。








また、吉田さんは多彩な方で・・・・






「三春へ行きたい プロジェクト」~三春の観光パンフレットを小説で!・・・


三春城下大町、常葉荒町に祖を持つ八王子在住の法律家吉田幸弘さんこと、小説家の影山ゆきひろさんが、壮大なプロジェクトを構想されています。

「三春へ行きたい プロジェクト」~三春の観光パンフレットを小説で!というもので、読んだら是非三春へ行きたいと思わせるような小説を書き上げていただきました。
ストーリーは小説と旅行パンフレットの融合のようなものです。






ベースとなる小説「影山一族」は、“滝桜”にまつわる言い伝えに端を発する因縁と、三春という神の郷に翻弄される影山家の何代にもわたる宿命のフィクションで、”滝桜”を神格化し、そこで懸命に生きる男女が地域の風習などに揺さぶられながら、人生とは何かを考えるという作品になっています。





以前紹介した「影山一族」のスピンオフ版である小説「39年前」でもそうでしたが、
な、なんと!私らしき三春昭進堂の主人がキーマンとして登場し大活躍するというストーリー展開です。









吉田さん曰く
「三春へ行きたいと思わせる動機付けの短編小説で、三春へ行った後は小説の追体験をしてもらうことによって旅行パンフレットという意味になる」とのことです。







また、吉田さんは元行政マンで、長く行政の中枢にいた経験をもとに、外部という他所の、特に都会の人は地方に、旅行に求めるものは何かを改めて考えていただきました。

町全体を潤うようにするにはどうするか?
他の観光地との差別化はどうするか?
現地の方が当たり前だと思っていても、外部の人が驚くようなものは何か?

運命や食に関心が高い女性をターゲットに、それをより具体化した小説型観光パンフレットに仕上がりました。

今後これらをもとに、漫画化や毎年作成し当店でも配布している「影山一族」かんれんのポストカードの配布、および東急ハンズでの販売、そして映画会社やテレビ局へアプローチからドラマ化や映像化・・・

これからの展開が楽しみです。






観光案内も人の心をどう打つかだと思います。
綺麗な場所、豪華な場所、美味しい料理、それはどこにでもあります。
しかしそこで感じる人の心は、今はなかなか出会えません。

そしてその心の感動は、自分の中にあるものが再現されるからだと思います。
ここが難しいのですが、人は所詮自分勝手ですから(笑)、自分が求めるサービス、愛情、こだわり、それを追体験して初めて感動するのです。
すると自分の目論見とは違う所に、それらの答えがしばしばあるものです。

三春という古より北国の続く小さな城下町
神が棲むからこそ神社仏閣の存在、古からの町が生きて来るのです。
しかしそこが京都などとは違うのは、そこに流れる人情です。
変に気高いというかつての京とは違って、愛に溢れています。






それで滝桜が生きて来るのです。
「うわ、きれい!」だけの花見ではないのです。

あの木には運命を感じさせる神がかり的なものがあります。
するとそこに人の縁なり宿命が出て来るのです。




三春へ行きたい!というツールとして
「影山一族」をどんどん拡散して行きたいのです。
それがその人の求める「旅」の価値観を確立する作業だと思うからです。


吉田幸弘

春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:24 | comments (x) | trackback (x) | 小説「影山一族」~滝桜 |
法人会郡山支部 「新春講演会・新春賀詞交歓会」 2018年の日本経済  ~地域と企業から生まれる経済成長~



法人会郡山支部 「新春講演会・新春賀詞交歓会」のご案内

下記日程により、新春講演会・新春賀詞交歓会を開催いたします。
講演会には、明治大学政治経済学部准教授の飯田泰之氏をお迎えしご講演いただきます。

また、講演会終了後、新春賀詞交歓会を開催いたしますので、新年のお祝いや異業種交流の機会に、ぜひご参加くださいますよう、心よりお待ち申し上げております。

◆新春講演会
【日時】
平成30年1月26日(金)15:30~17:00(開場15:00)

【会場】
郡山ビューホテルアネックス 4F「花勝見」

【演題】
2018年の日本経済 
~地域と企業から生まれる経済成長~






【講師】
明治大学政治経済学部准教授
飯田 泰之 氏

※聴講無料

■お申込み・お問い合わせ
申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申込み下さい。申込書が必要な方は、事務局までご連絡下さい。


郡山法人会・事務局



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「三春だるま市」




「三春だるま市」

日時/平成30年1月21日(日曜)午前10時から午後6時まで

場所/大町おまつり道路(三春町字大町地内)

オープニングセレモニー
時間/午前9時45分
場所/三春交流館「まほら」ホワイエ
※特大だるまに玄侑宗久さん揮毫(きごう)の平成30年の希望を込めて書き込んだ一文字の披露



新春恒例の「三春だるま市」が、三春城下大町のおまつり道路で開催されます。

三春だるまや干支縁起物などを売る露店約60店が出店します。






ひょっとこ祝い踊り大町太鼓保存会のみなさんによる「三春太鼓」や高柴デコ屋敷のみなさんによる「ひょっとこ祝い踊り」が行われます。

時間/1回目:午後1時、2回目:午後3時
場所/三春交流館前の「大町おまつり道路」


 なお、会場周辺では交通規制が実施されますので、誘導員の指示に従っての通行をお願いします。

三春町役場周辺駐車場
三春小学校校庭
なかまち公共駐車場(旧ベニマル跡地)





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 05:00 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
「駒のいななき」平成30年戌年新年記念号 わたなべ駒之助(有限会社わたや呉服店会長)




三春城下担ぎ橋、わたや呉服店の大旦那渡辺和明さん(有限会社わたや呉服店会長)は、雅号「わたなべ駒之助」として随筆や現代川柳を執筆しています。

この新春、現代川柳の句集「駒のいななき」平成30年戌年新年記念号を発表されました。


“平成30年を迎えて”と表題して書き始め、“皆様に支えられて今年4月で84歳を迎え、車いす生活ですが、悔いのない人生というものを学ばせていただいたことに感謝いたす次第です”
~体調を崩されて入院、そしてリハビリのこと、そしてご自身の人生を見つめ直しながらの川柳やあとがきがまとめられています。







ご自宅に訪問してご尊顔を拝しながらお話を伺うと、いつも「リハビリやショートステイ先での入所者や看護師さん達等、何の利害関係のない様々な人との出会いには人生の縮図を見ているようで大変勉強になる」とリハビリ生活を満喫されておられる様子で、療養中ながら腰から上はいたってお元気そうで、しかも、志気旺盛、制作意欲みなぎるそのお姿には心より敬服申し上げます。

また、「駒のいななき」、その一句一句には、人生の先輩である駒之助さんの人生訓がちりばめられていて感動とともに、その見識に頭が下がる思いです。





あとがきには、駒之助さまのが、わが人生を振り返っての事柄が記載されています。

国民学校3年生から社会経済勉強として新聞配達始めたことをスタートに、二十歳で親の商売を譲り受け、三春の商人の鏡となる四十有余年の商いを記されています。

そして、六十歳からの地域に貢献された様々な公職等々などを振り返られています。

結びには、「リハビリテーションは この世極楽 吾が通所」と締めくくられていました。





駒之助様には、商人の、そして、男として人生の先輩として、「駒のいななき」を通して様々なことをご教授いただいています。

商人は、どんなに成長しても、お客様や友人知人、家族など周囲の方々からから学ぶことに喜びを覚えながら生きていきます。
そして、学んだことを若い世代へ伝え、地域社会へ還元してゆく・・・そういう陰徳の教え”心の豊かさ”につながってゆくのだと思います。

正に、商いは、売り手と買い手だけでなく、その商いが社会全体の幸福につながるものでなければならないという商人の理念である「陰徳・三方よし」の考え方を教わりました。





商人として商品を売るのは当たり前ですが、目先の利益だけではない地域文化の向上、そして地域住民のお役にたちたいという思いや行動など、駒之助さんには三春商人としての生き方を見せていただいています。


そして、わたや呉服店の商いに「無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ!」の原点を学ばさせていただきました。







平成3年から発行している当店の販売促進用チラシ「塵壺」の店主コラム「ちょっと一服」。

実は、和明さんが考案された「わたや呉服店販促用団扇」からヒントを得て書き始めめたものです。

そのうちわの裏面には「三春駒之助」のペンネームで和明さんが三春盆踊りの由来を書いたコラムを印刷されていましたが、昔から頂いていた団扇でしたので三春駒之助が和明さんと知った時は驚きました。


以来、この平成30年正月1月号で第318号となりました。








春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:56 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |