CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2018 - 03  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




わたしはおたりまんじゅうです




昭和初期戦前の三春昭進堂


尚、最後列右から4番目のメガネの方は、私からは大叔父にあたる髙橋哲夫さんです。



昭和20年代



小さな城下町三春で「三春昭進堂」の四代目として和菓子屋を営んでいます。



昭和30年代


当店は、三春城下旧磐城海道沿いの水芭蕉の咲く寺として知られる藩主祈願寺真照寺の門前、そして三春駒の名で知られる三春産馬や牛の「競り市場」の目の前に立地しています。



昭和50年代 

画面左の真照寺参道側に、左折れの松の古木があるのが見えますか?

店内の一部を真照寺参道を拝借していたものですから、この松の木が店内から生えているように見えていました。

この下り松は江戸時代から生えている老木で苔が生えています。
幹の太さは根元で1メートルは超えていました。

子供の頃は、よく幹に乗って遊んでいましたが、今思うとネバーエンディングストーリーにあった龍に乗って空を駆け巡っていたかに見えたのかもしれません。
敬慕する河井継之助にあやかり、今雅号としている「三春蒼龍」を彷彿つさせてくれます。
これも何かのご縁なのでしょうね〜〜。



昭和56年

新築した現店舗です。


商売の始まりは、明治の終わり頃、私の曾祖父の初代民四朗の妻おたりが、競り市に集まる博労(畜産農家)達に、売ろうと作った素人饅頭が美味いと評判になり、おたり婆さんが造る三春名物「おたりまんじゅう」として三春内外の方々に親しまれています。



そして、現在の店舗です。
  
 私は おたりまんじゅうです
 
砂糖や甘いものがまだ貴重品であった頃 三春に産声を上げました

私を造ってくれた おたりばあさん に似たのでしょう 

色黒で、ちょっと不細工の私ですが 私に出会った人たちが笑顔になってくれます

いくつもの時代を超えても その笑顔が忘れられなくて 

元気な笑顔のお客様にお会いしたくて

そして 愛され続ける存在でありたい・・・

そう願い続けて 毎日蒸気の中で生まれています

お客様から 愛する方々へ 

幸せを届けて行きたいと願っています。

そう思いながら、今日もそして明日も元気に産声を上げつづけます


 創業明治中期 三春名物「おたりまんじゅう」本舗 















三春昭進堂 髙橋龍一


| ryuichi | 05:38 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
三春昭進堂の三春花見団子 2018




三春昭進堂の三春花見団子



三春花見だんご  

あん(大)     500円税別
             
みたらし(大)  500円税別
             
あんこ小パック   300円税別

みたらし小パック   300円税別





     その他、お客さまのご予算により、300円より調製いたします。






     カップ団子(120円税別)も、お作りいたします。

尚、串団子は取り扱っておりません。







春、桜を愛でに三春へ

桜で彩られた小さな城下町三春





滝桜を筆頭に枝垂れ桜が咲き誇り

山桜や染井吉野が彩りを添えます






三春が古より、春陽の郷と呼ばれる由縁です

三春昭進堂の花見だんごで、春爛漫のひとときをお楽しみください



その土地のさくらが開花する頃は、ちょうどその土地にあった農作業が始まる頃です。






特に北国の人々にとっては“お花見”に行き、桜の木の下で集落の皆々と飲食を共にすることは、その行為そのものが神事となり、他の神様を感謝と敬意の念をもって敬ってきたと伝えられています。








三春昭進堂 菓匠蒼龍 


| ryuichi | 04:56 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
塵壺321号「三春藩秋田候上席別格年寄衆三春細川(京兆家)氏」平成30年4月




三春藩秋田候上席別格年寄衆三春細川(京兆家)氏

三春藩別格年寄衆(家老)三春細川(京兆家)氏。
祖を清和源氏、室町幕府将軍家足利氏の一門の嫡流細川(京兆家)氏で、御城坂(現在の遠藤病院のお城側の梅花園辺り)に屋敷があり、石高700石でした。

この細川氏、南北朝時代には畿内・四国を中心に一門で8か国の守護職を占める有力大名で、その嫡流である細川京兆家は代々管領に任ぜられ、斯波(しば)氏・畠山氏とともに三管領(三管四職)の1つに数えられた名門です。

尚、細川京兆家の「京兆」(けいちょう)とは、当主が代々右京大夫の官位に任ぜられたことに由来し、官位である“右京大夫”の唐(現中国)名「京兆尹」のことであり、細川右京兆とも呼称されていました。

ご存知「水戸黄門」の徳川光圀の官位が“中納言”で「黄門」様と呼ぶのと同様です。

細川家の年譜からは“人よ空(むな)しい(1467年)”の「応仁の乱」が特筆されます。

室町足利幕府の後継者争いに端を発し、斯波(しば)家、そして畠山家の後継者争いも加わり、全国の守護大名が京都に集結し「応仁の乱」の戦乱が起こります。

西軍と称される時の将軍足利義政の息子の義尚(よしなお)派と、東軍と呼ばれた義政弟の義視(よしみ)派との対立に起因し、四職(ししき)家の山名持豊(宗全)が西軍の統帥を務め、東軍の総帥を三管領家右京大夫細川勝元が務めました。
応仁の乱を描いた平成6年NHK大河ドラマ『花の乱』では、野村萬斎が細川勝元、そして山名宗全は萬屋錦之介が演じていました。この細川氏が三春細川氏の祖となります。

結局、11年にも及ぶ戦いの末に、京都はすっかり焼け野原になり、足利義政の子の足利義尚が9代将軍を継ぐことになりましたが、もはや将軍の威光はなく、中央では有力な守護大名が室町幕府の実権を握るようになっていきます。

戦国期の騒乱を経て安土桃山時代と時は移り、細川京兆家は以前の権勢をすっかり失って衰退してしまいます。
家督を継いだ晴元の嫡子細川昭元は、室町最後の15代将軍足利義昭に仕え、後に織田信長に仕えます。

以後、昭元の嫡子元勝(頼範)は、豊臣秀頼の近臣として大坂城に在り、大坂の役では豊臣方となり、大坂城落城後は讃岐国に隠棲していましたが、後に妹の嫁ぎ先の秋田実季を頼って当時常陸国宍戸城にあった秋田氏に身を寄せて客分として迎え入れられました。






三春藩(宍戸から転封)の元勝の嫡子義元の代の時に、秋田氏の家臣に列して別格年寄衆(上席家老)として仕えます。

尚、細川昭元と信長の妹“お市”の娘である“お犬”夫妻の間に生まれた長女が三春初代藩主秋田俊季の父実季の正室円光院です。

お市は浅井長政との間に、茶々(淀君)、初(京極高次室)、お江(徳川秀忠室)の三姉妹があり、このお江の子である徳川三代将軍家光と、従姉妹である円光院と実季夫妻の長男が三春藩初代の俊季(としすえ)候で、家光とは又従兄弟となります。

 三春秋田氏は、この由緒により外様大名から譜代並の大名へ格上げされ、さらにこの良縁をもたらしたことで、元勝の息子である細川義元は、秋田氏に好待遇で迎えられます。

義元以降は、宣元(義元の子)、忠元(宣元の子)、孚元(三春藩家老・小野寺泰忠の子で忠元の養子)、昌元(三春藩主・秋田延季の七男で孚元の養子)と続きます。







墓所は、三春城下荒町の三春藩主菩提寺高乾院にあります。

尚、桜谷細川氏はこの細川家の分家で、現在の歴史民俗資料館の場所に屋敷がありました。


    さすけねぇぞい三春!  合掌     蒼龍謹白    拝



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍






| ryuichi | 05:09 | comments (x) | trackback (x) | 「塵壺」 三春昭進堂 |
「古の 関を越えれば 日乗山 三春の寺に 阿弥陀草咲く」 真照寺方丈庭園の水芭蕉が見頃を迎えました。




「古の 関を越えれば 日乗山 三春の寺に 阿弥陀草咲く」 御詠歌ヨリ


三春城下新町にある旧三春藩所祈願所真照寺方丈庭園の水芭蕉が見頃を迎えました。

少し早い日程での見頃です。







今年の水芭蕉は、昨年夏に修復作庭した方丈の池と相まって、その可憐な花が綺麗に見えます。







このところの暖かい陽気に誘われて、多くの来場者でにぎわっています。








山内の蒼龍桜をはじめとする桜もつぼみもなんとなく膨らんできたように見受けられます。




皆様のお越しをお待ちしています。






尚、お車でお越しの際は真照寺裏手の水芭蕉墓苑駐車場、及び旧セリ市場跡の新町お買い物駐車場をご利用ください。

また、新町お買い物駐車場に隣接している新町消防屯所には、公衆トイレも併設されていますのでご利用ください。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂  菓匠蒼龍





| ryuichi | 06:33 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
「奥州三春城下 数珠巡り」



春陽郷と呼ばれる三春には、約1万本以上と云われるの桜が咲き誇ります。

三春城下の桜のうち約2,000本が『三春滝桜』と同じ枝垂れ櫻です。

「日本さくらの名所100選(日本さくらの会)」にも選定。

特に江戸時代の城下町の面影が残る中心部には、寺社の境内など樹齢100年を超える桜がたくさんあります。

『三春滝桜』はもちろん、ぜひ町内でもお花見を楽しみたいですね。


その寺院を巡って数珠玉を集める「奥州三春城下 数珠巡り」です。


 この数珠巡りは、三春まちづくり公社が通年型の観光事業として企画しました。

三春城下の散策に楽しみを加えてみました。





三春城下の参加10寺院を巡り、祈願された各寺院名入りの数珠玉を集めるイベントです。

参加するには、同公社が運営する三春なかまち蔵の物産店「花かご」でスタンプ台紙と親玉セットを購入してからのスタートとなります。




 

その後、各寺院に設置された寺紋スタンプを集め、「花かご」にて各寺院の数珠玉を購入する仕組みです。

春夏秋冬の小さな城下町三春の散策を楽しみながら、思い思いに寺院を巡っていただければ幸いです。



 問い合わせ 三春まちづくり公社(電話0247・62・3690)









本日の水芭蕉






ここのところの初夏を思わせる陽気のお陰で、見ごろを迎えています!


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂



| ryuichi | 05:37 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
「Team ONS news」 創刊号 ~私たちがons(小野商店)です。~



「Team ONS news」 創刊号 ~私たちがons(小野商店)です。~


当店の菓子造りを陰で支えていただいている和洋製菓材料卸問屋「株式会社小野商店」(郡山市日出山)様が創刊したコーポレーション通信「Team ONS news」 です。


当店担当の柳沼さんが持参してくれました。







小野社長以下、社員の皆様一人一人の似顔絵と共に会社の意志が見えてきます。


コーポレート・アイデンティティ(英: Corporate Identity 略称: CI)の一環ですね!



小野商店様は、私が修行先である郡山市堂前の「坂内菓子舗」、」そして三春昭進堂入社の平成元年以来のお付き合いです。


坂内さんでの修行を終えて、三春昭進堂入社時には材料問屋さんの選定で、真っ先にお願いしたのが小野商店さんでした。

当時は、代表は創業者である先代の社長でした。


そして、三春には直接出向いてはおらず、三春在住の方が代行して菓子店を廻っていた頃です。


三春昭進堂入社当時、現在も看板商品の一つである「いちご大福」が大当たりして入社スタートダッシュに成功していました。


しかし、いちごは季節ものですので、ネクスト商品を模索していた時には、まだ図景にあった小野商店さんの倉庫にお邪魔しました。

倉庫内で新商品の食材を物色していますと、社長や倉庫担当の方には、アドバイスをいただき見本品貰っては試作を繰り返したことは今でも忘れられません。


現在は、しっかりした担当者がいますので倉庫のお邪魔することはなくなりましたが、試作の相談をしますと各メーカーさんや現社長以下会社内で意見を聞いてくれたりして、日頃の菓子製造や新商品開発の中で、製菓材料の基礎知識からトレンドの材料、そして、各種資機材などを教えていただいています。







現在の担当者にも無理難題を言っては、情報提供を頂いたり、様々な形でサポートいただいている大事な取引先でもあります。


創刊された「Team ONS news」 の中に「社長 月いち通信」、そして「今月のトピック」等が記載され小野商店様が身近に感じると共に勉強になります。


ありがとうございます。




次号も楽しみにしています。



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:58 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「幸福(こうふく)最中」


試作「幸福 最中」

まだ試作段階ですが新商品「幸福(こうふく)最中」です。

最中の皮は、もちろん福島県産のもち米にこだわった松川の(株)鈴木最中店の徳製品です。

そこに当店自家製餡を閉じ込めました。



外見は、丸い最中の皮に福島県の地図を模り、幸福の文字を浮かせて、その周りを桜の花びらで設えてみました。

餡子は、最中用の割の利いた北海道小豆の粒あん最中餡です。



現在、来店中のお客様に一日30個ほどづつですが試食用にお配りしています。



”幸せな福が舞い込む”ようにと願いを込めて命名してあります。

是非ご賞味ください!

三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:27 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |