CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<  2019 - 02  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「親父の逆襲 第16弾 Rock 'n' Roll!」 〜ベルヴィ郡山館 2019




「親父の逆襲 第16弾 Rock 'n' Roll!」 〜ベルヴィ郡山館




今年も、郡山に親父バンドが大集結!


4時間に及ぶ”親父の逆襲”です。


三春城下「山惣」社長からのお誘いです。


2月は、繁忙期。

何とか仕事のやりくりをしながら、途中からの参戦となります。










今回のMC には、昨年続いて田代まさしさん、そして、いわき市出身の歌姫”toshie (小沼寿江)”さんが復帰です!


toshieさんは、歌も披露しています!









そして、スペシャルゲストには・・・



そうです!「COOLS」でーす。

ボーカルにコニーを迎えてRock 'n' Roll!



実は、コニーさんと直接お会いしてお話をするのは初めてなんです。









若かりし頃のはなしです。


コニーがボーカルを務めていたビーナス。


キッスは目にして!というヒット曲で知られていますよね!


まだ、代表曲「キッスは目にして!」が、ヒットする前にこのビーナスを私たちのロックンロール愛好会主催のダンスパーティーに呼ぼうと頑張った時期がありました。

しかし、オファーをかけてすぐに同曲がピットパレード大躍進!結局スケジュール的にも予算的にも無理という結末でした。


懐かしい思い出です。









そして、CCOLSのリードギター・ジェームス藤木さん!



かっこいいっす!



まだまだ親父達も元気ですよ!







え、ロックンロール踊れんの?

聞かないでください、今はメタボです・・・・




春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:29 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
第27回 「日本酒の会」 小沢の桜を楽しむ~ 船引寿司割烹「江戸光」




第27回 「日本酒の会」 小沢の桜を楽しむ~ 船引寿司割烹「江戸光」



「お酒を楽しむ」というだけの会ということでしたが、会場を見渡しますと船引のお歴々の方々三十数名が一堂に会しています。

私は、その顔ぶれを拝見して恐縮しながら会場入りさせていただきました。


朝自修の生ビールが配られますと、皆様と小さな乾杯をしながら挨拶が始まります。

皆様、当店のチラシ「塵壺」をご覧になっていただいているようで、皆様からその話を頂き、話題には事欠きませんでした。








「お酒を楽しむ・・・」正に、その通り全く煩わしい塵芥の騒がしさなどなく、日本酒と、江戸光さんの美味しい肴を堪能しながら、参集された皆様と唯々楽しい時間を過ごさせてまいりました。



 




船引ライオンズクラブや船引区長会関係、船引観光協会、そして、大鏑矢神社氏子青年会の方々が主として顔をそろえているそうです。


参加されている方々は、船引の重鎮としてご活躍をされている先輩方です。

酒席の中でご挨拶がてら接いで回らさせていただきます。

その中で、貴重なお話を伺うことができます。

その方の生き方や、価値観、人生観など、生きた歴史とも言える事柄を、お聞かせいただいていますと「はっ」っとする事が多くあります。



場所を問わず、心がけ次第で、自分以外の方々から、何かしらのことを学べると、最近になって痛感をしています。


三春での酒席とはちがった、新たなお話が聞け、大変勉強になります。





春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
いちごゼリー 400円税別




いちごゼリー 400円税別



小さなお子様に人気の”ひよこのゼリー”に気をよくしまして、いちごのゼリーです。







御雛祭りのお土産に、イチゴ大福とセットでいかがでしょうか?



春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:20 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
NHK BS 2で放送される「みちのくモノがたり拡大版」3月3日(日) 昼12時15分からNHK BS 2で放送




先にご案内いたしました、NHK BS 2で放送される「みちのくモノがたり」の件です。


放送日が決定しました。

3月3日日曜日 昼12時15分から、NHK BS 2で放送される「みちのくモノがたり拡大版」に当店のおたりまんじゅうが登場します。


今回は残念ながら出演者がトークするテーブルの上に設置のみということです。



目を凝らしてご覧いただければ幸いです。









春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 06:44 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::メディアで紹介されました |
「鹿島立ち」 鹿島神宮参拝 奥宮売店



成田まで所用で出かけました。


2月です。

節分がすぎて立春を迎え、新しい節がはじまりました。


春は、はじまりの季節!

ここは始まりの無事完了を祈願すべく「鹿島立ち」の起源ともなる鹿島神宮に参詣しようと高速道路を降りました。








鹿島神宮では、天皇陛下在位30年の記帳台が置かれていました。


もちろん、記帳してまいりました。







鹿島神宮本殿に参拝して、奥宮へ通じる参道を進んでいきますと不思議と心が落ち着きます。



もう一つ、鹿島神宮詣でには、鹿島神宮奥宮近くにある茶店のな女将さんに、ご挨拶、そして教示を乞うという訳もございました。




ここの「厄除けぜんざい」「甘酒」が絶品なんです。


いつも暖かい優しい笑顔で迎えてくれる女将さん。


優しい物腰やお心使い、そして柔らかいお話のトーンに、緩やかな時間が流れます。





そして、売店の女将さんとの何気ない話の中から、様々なヒントが生まれてきたり、懸案が解決したり・・・・

暖かい女将さんから、御利益というんでしょうか、生き抜く力というのは大袈裟かもしれませんが、毎回パワーをいただいてきます。









また、お邪魔するたびに、鹿島神宮のことをいろいろ教えてもらっています。



「鹿島立ち」という語も女将から教示いただきました。


鹿島神宮は、伊勢神宮、香取神宮と共に、神宮の名前を持つ一の宮です。


そして、この鹿島神宮だけが、都の東側にある神宮となります。

東と云う方位はお日様が上がる方位と云うところから、一日の始まりを意味します。

つまり、全ての物事の始まりや、出発、そして旅立ちの時に参拝するとご利益があるとされています。


立春の2月。


どおりで、茨城からのお客様が口々に「忙しくなる前の2月に鹿島神宮参詣に行きなさい」と、そして「この春・が商人の一年の始まりなんだよ・・・」とおっしゃるわけが分かりました。








防人たちの鹿島立ち

最前線基地である九州方面へ防人が旅に出る前、鹿島神宮に道中の無事を祈願したことに由来する言葉という。

防人とは、大化の改新後、朝鮮半島の百済救済のために出兵した大和朝廷が、{白村江の戦い}に於いて、唐・新羅の連合軍に大敗します。

今度はその報復に、唐が攻めてくるのではないか?との憂慮から、九州沿岸の防衛のため設置された国境警備の兵です。

飛鳥時代から平安時代の間に課せられていた税(兵役によって納税)の1つで、北九州、対馬、壱岐に防御施設を築き戦に備えて配されていました。

この時代は税とはいっても、お金ではなく布などの現物や兵役や労働で納めていました。

時代にもよりますが、総勢2000人ほどからなり、任期3年、旅費及び任期中の生活費などはすべて自分持ちで、自ら耕して自給生活を送っています。

白村江の戦いの兵士は西国からの徴兵だったためか、防備の防人は、東国の各地から徴兵されます。









万葉集に納められている「防人歌」は、大伴家持が選者とな出征する防人たちの歌を集め、84首を万葉集に選びました。

防人として出征による別れを悲しむ愛惜の念のこもった歌が中心です。

出征する防人らの歌は、愛する家族との別れを歌を記しています。

また、出征するわが子や夫を思う、父母や妻の記したが歌も収められています。












因みに、この参道は本殿を過ぎて奥宮へ通じる参道なんですが、いつ来ても凛と張りつめた空気が肌に伝わってきます。



また、ここを通る時だけ冬は暖かい「風」が、そして夏には涼しい「風」が音を立てて通り過ぎてゆくのが分かります。



これも茶屋の女将さんに訪ねたところ、「皆さんがそうおっしゃいます」ということでした。


巨木で被われた鎮守の森の「パワースポット」なのでしょか?








最近、鹿島神宮、香取神宮、そして、市来神社の三社を詣でるとご利益アップということで参拝者が増えたということで、初もうではもちろん、土日は大変にぎわっているそうです。



奈良春日大社と同じご神体を祭っているそうです。

ここ鹿島神宮の鹿が神様を運んだと伝えられているそうです。


尚、BSで放送されたという松平健さんとの下り、見たかったなぁ~


立春、鹿島神宮初詣、そして奥宮売店詣でもすませて、一年の始まりの節目として新年は清々しい気持ちでスタートが切れました。



お土産ありがとうございます。


また伺わさせていただきます。



P.S 帰宅後、10日ほど経ったころです。

フジテレビの製作スタッフから電話が入りました。

春の桜の時期時放送される番組「もしもツアーズ)の取材・撮影オファーでした。

番組の内容は放送日(4月20日の土曜日・午後6時半から)の一週間前からの告知となります。


ちょうど、先にお邪魔した際に全国放送の効果的な話をしていたものでこの案件は驚きです。

以前お邪魔した際にも、NHK新日本風土記のオファーがあったり、スタッフが入社したり、大きな契約が取れたり・・・・


これも鹿島神宮、そして奥宮売店の女将効果だとおもいます。


私の女神の感謝です!


本当にありがとうございます。





春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 05:05 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録 |
日暮硯 「おたりパン」 アンパン風饅頭 



アンパン風饅頭「おたりパン」 


こしあん 一個 150円


当店の看板商品 三春名物の”おたりまんじゅう”の後継腫ともいえる、おたりさんの”あんこパン”を現代風に再現してみました。

おたりさんの息子(私の祖父)である伝蔵は、戦前より三春昭進堂を継いでお饅頭(現おたりまんじゅう他)菓子やパンの製造を本格的に始めていました。
しかし、大東亜戦争の悪化とともに物資不測のために一時休業してします。

戦後復員してから、三春の人々に勇気を与えようと饅頭そしてパンの製造販売を再開します。
当時は、饅頭屋の作るパンですので、中に入れる具は饅頭用のあんこでした。

このあんパンが、評判となり、当時は珍しかった自動車に積んで田村郡一円を卸し売り歩いたと聞き及んでいます。

田村郡一円というのは、当店の横にある三春城下新町の三春家畜せり市場に家畜を売りに来ていたからの地元の商店がある場所です。

当時は夜も寝ない製造していたとずいぶん聞かされました。


一個50グラムと大きめで食べごたえありです。




アンパンのように、黄身をぬって黒ゴマでアクセントをつけてみました。



三春昭進堂

| ryuichi | 14:32 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
桃マシュマロ



桃マシュマロ 110円税別



桃を意匠したマシュマロです。


イチゴジャムを包んでみました。



 



桃の節句に間に合いました!



春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:33 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |