CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2021 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




福島県食品衛生指導員の委嘱状と身分証明書をいただきました。




福島県食品衛生指導員の委嘱状と身分証明書をいただきました。



三春町食品業者衛生協会員の指導員も兼ねているそうです。








まだ、坂内菓子補で修業時代の昭和63年10月取得の製菓衛生師の免許状




一緒に工場内に飾ってみました。








初仕事は、先日行われた三春町にある食品関連の事業所を店舗検査してまわりました。





三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:22 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍  |
右近舘 七郷村 田村四十八舘




右近舘 七郷村 田村四十八舘


大越紀伊守の長男右近が、三春田村家のお家騒動の折に、相馬方について敗れた紀伊守の没落後に、この地に来て居住したと伝わっています。


尚、大越紀伊守の次男左近は、七郷村大字椚山にあった、追舘に居住するとあります。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:35 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |
塵壺360号「三春藩フランス商人との蚕種紙商取引契約不履行事件」令和3年7月発行




「三春藩フランス商人との蚕種紙商取引契約不履行事件」

2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け(せいてんをつけ)」でその生涯が描かれ、さらに2024年には新しい一万円札に肖像が使われる「渋沢栄一」。

一橋家家臣、幕臣、明治初頭の官僚を経て実業界に身を投じると、創設に関与した企業は500を数えます。

欧米列強諸国の経済的強大さに対抗するため、日本に近代産業を早急に根付かせて発展させる必要があるという理念を持ち東京株式取引所(現略称: JPX株式会社日本取引所・東京証券取引所)、大阪株式取引所(現JPX・大阪取引所)の設立等をしています。

さらに、民間実業界の総力を挙げて近代社会発展に寄与する為に「東京商法会議所」など、さまざまな経済団体を組織して政府に実業界の要望を積極的に伝えています。    
開国後、海外貿易は諸外国に支配されており、幕府はじめ諸藩や商人皆一様に外国の商社を使うしかなく、金相場相違も相まって外国の商人の独壇場でした。

これを危惧したのが、渋沢はじめ、小栗上野介(幕府勘定奉行「神戸商社」)、坂本龍馬(亀山社中・海援隊)、三野村利左エ門(三井創始者)、岩崎弥太郎(三菱創始者)など幕末の日本で活躍した先進的な経済人でした。

彼らは欧米諸国が日本に対しては武力によるものではなく、経済(商い)による侵略(交易)だということを見抜いていました。







三春にも、武士と外国商人との商いの難しさを物語っている一例があります。

幕末の慶応3年10月、三春藩が関連した「フランス人商人蚕種紙取引引き渡し条約不履行事件」が発生します。

これは、三春藩士奥村清酒が江戸藩邸在府中、藩邸藩重役の秋田斎(いつき)、小野寺金兵衛らが、同じく三春藩士(藩士の家来の陪臣?)渡田虎雄の周旋で横浜駐留のフランス商人と絹や和紙等の商いをしますが、不慣れな武家商売で齟齬をきたして契約不履行となり、国際訴訟事件にまで発展してしまいました。

この頃の日本に来る外国の商人の中には、開国したての新天地で一旗揚げようという胡散臭い輩が多数いたと記されています。

全国の三百諸藩、とくに東国の諸藩は、「出島」で取引経験のある長崎や大阪に貿易の為の藩邸を有する西国の雄藩とは違い外国との商取引は不慣れの為、各所で商い不履行が発生して賠償金騒ぎをおこしています。

三春藩は、この事案について藩費をもって決済して商取引に加わった藩関係者を厳に処しました。奥村清酒は最も重く、知行召し放し、永蟄居、兄奥村権之助に預けとなります。
また、縁坐法によって清酒の父俊蔵の従兄弟にあたる秋田斎も隠居、その他一族数十人がその咎を受けています。

もちろん周旋した渡田虎雄も藩から追放されたということは言うまでもありません。






これらの採決扱いは、江戸留守居役年寄(江戸家老)目付小野寺市太夫公忠でした。

このころ「参勤交代の廃止」、「鳥羽伏見の戦い」の発生などで全国諸藩は国表への帰郷との沙汰が発布されましたので、三春江戸藩邸でも撤収作業が終わり、市太夫は、江戸藩邸留守居役として一人残り、残務整理をしていました。

追放された渡田虎雄とその一味は、今回のフランス商人との条約不履行事件での採決を不服・逆恨みをして、警備手薄な三春藩邸に一人在邸する高齢の市太夫を襲撃し、市太夫は非業の死を遂げてしまいます。

この事件は、武士の海外貿易という商いの不慣れの中で藩の不祥事の処断をめぐって渡田らの私怨を買い、非業の死を遂げ、藩政に殉じたともいえるものでした。






因みに、時間は少し戻りますが、水戸・薩摩脱藩浪士によって大老井伊直弼が討たれた『桜田門外の変』の時に外桜田門の内側にある「内桜田門」の警固を担当していたのは、小野寺市太夫の嫡男小野寺舎人(とねり)でした。

   「疫病退散祈願」  蒼龍謹白 さすけねぇぞい三春!  拝



| ryuichi | 04:37 | comments (x) | trackback (x) | 「塵壺」 三春昭進堂 |
三春昭進堂の土用餅は、7月24日(土)、25日(日)、そして、土用の丑の日である7月28日(水)の3日の販売となります。




土用”あんころ餅” ~三春昭進堂~


土用の丑の日は、今年は7月28日(水)です。


北国には、厄除け、暑気払いの意味を込め、土用の丑の日にはあんころ餅(土用餅)を食べるという古くからの習わしがあります。







三春昭進堂の土用餅は、7月24日(土)、25日(日)、そして、土用の丑の日である7月28日(水)の3日の販売となります。








「餅」は力餅(力持ち)、そして「小豆(あずき)」には 邪気を祓う力があると言われていますから、土用餅を食べることで、暑気や厄を払い無病息災で過ごせるといわれています。

消化が良く 力がつくお餅を小豆で包んだ 「あんころ餅」は美味しく夏を乗り切る為のお菓子というわけです。

当店の土用餅は、柔らかい口当たりのお餅をなめらかな自家製こし餡で包みこみました。



冷房のない時代に暑さを乗り切るため、様々な知恵を絞ってきたことがうかがえます。

私たちも先人の知恵に倣って、体調には十分注意をし元気に夏を乗り切りたいものです。








あんころ持ちを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!


ご自愛くださいませ。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂

| ryuichi | 04:08 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
令和3年度田村大元神社(旧三春藩五万石領内総鎮守大元帥明王)の夏季例大祭は新型コロナ蔓延防止の観点から、神事及びお札配布のみとなっています。




令和3年度田村大元神社(旧三春藩五万石領内総鎮守大元帥明王)の夏季例大祭は新型コロナ蔓延防止の観点から、神事及びお札配布のみとなっています。







疫病コロナ退散・終息の祈願をしてまいりました。





御神輿渡御、先払いの長獅子奉納、三匹獅子奉納等がないとやはり城下新町の夏は迎えられません。


早期のコロナ終息を願うばかりです。





磐梯造園三春さんによる斜面の草刈りです。

造園のプロの仕事はさすがです!




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍





| ryuichi | 04:26 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩総鎮守 大元帥明王(現・田村大元神社) |
本日火曜日は定休日となっています。
いつも当三春昭進堂のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。


本日火曜日は定休日となっています。

お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。


またのご来店をお願いいたします。







先日、打ち合わせと納品があり都路まで出張いたしました。


帰りに、何気に木の伐採されて丸坊主となった山を見ますと巨石が突き出ています。





この奇形な光景には驚き、車を止めてしばし見とれてしまいました。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:53 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
土用の丑の日にはあんころ餅(土用餅) 今年は7月28日(水)です。




土用”あんころ餅” ~三春昭進堂~


土用の入りが7月19日(月)、そして立秋8月の7日の前日までが土用ということになります。

そして、丑の日、今年は7月28日(水)です。


土用の期間は土いじりは厳禁となりますので注意してください!


北国には、厄除け、暑気払いの意味を込め、土用の丑の日にはあんころ餅(土用餅)を食べるという古くからの習わしがあります。



三春昭進堂の土用餅は、7月24日(土)、25日(日)、そして、土用の丑の日である7月28日(水)の3日の販売となります。








「餅」は力餅(力持ち)、そして「小豆(あずき)」には 邪気を祓う力があると言われていますから、土用餅を食べることで、暑気や厄を払い無病息災で過ごせるといわれています。

消化が良く 力がつくお餅を小豆で包んだ 「あんころ餅」は美味しく夏を乗り切る為のお菓子というわけです。

当店の土用餅は、柔らかい口当たりのお餅をなめらかな自家製こし餡で包みこみました。



冷房のない時代に暑さを乗り切るため、様々な知恵を絞ってきたことがうかがえます。

私たちも先人の知恵に倣って、体調には十分注意をし元気に夏を乗り切りたいものです。








北海小豆のこし餡からのぞくお餅も愛らしいた土用餅。

古人の知恵にならった暑気払いの素朴なお菓子で、この夏を健やかにお過ごしください。







数量限定販売ですので、ご予約いただければ幸いです。







あんころ持ちを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!


ご自愛くださいませ。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 04:30 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |