CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2023 - 01  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




最上流和算佐久間派



最上流和算佐久間派


 田村大元神社の拝殿の中に古い和算(算術)の算額が掲げてあります。

これは三春藩領船引の石森村庸軒塾主宰佐久間庸軒と、その一門が明治初期に奉納した和算の問答「当用算法」算額です。算額は,神社や仏閣に奉納した数学の絵馬の一種で、江戸時代中期,寛文年間の頃から始まった風習といわれ,現在全国に約820面の算額が現存しています。


数学の問題が解けたことを神仏に感謝し,益々勉学に励むことを祈願して奉納されたと思われます.人の集まる神社仏閣を発表の場とし,難問や問題だけを書いて解答を付けないで奉納するものも現われ,その問題を見て解答を算額にしてまた奉納するといったことが行われました。

この算額奉納の習慣は世界に例を見ず,日本独自の文化であり,明治になり洋算の導入を容易にしたのも算額を奉納する風習が貢献しました。






江戸期の三春藩に普及した和算は、奥州で主流を成す最上流和算で、特に三春では、佐久間質・庸軒親子の業績に負うところが多く、最上流和算の中でも、佐久間派と呼ばれ、庸軒は、「当用算法」を著わすなど、三春における算学・和算の普及に努めました。明治初めの佐久間庸軒の私塾庸軒塾には、旧三春藩士以外にも、県内外の一般庶民や女性も師事していました。

中には、三春藩内の知識層を形成していた藩お抱えの絵師や儒学者、そして影山正博や岡野知荘など自由民権運動家の旧三春士族も入門しています。

この庸軒塾は、師匠の庸軒自身が諸国を回り諸芸の修行を深め、庸軒の号も郡山の儒学者安積艮斎の知遇を受けて送られた名前が示すとおり、和算のみならず、さまざまな知識を吸収するサロン的場所だったのではないでしょうか。







また全国の諸藩を見ても、藩士以外の庶民が和算を学んだ例は一部の富裕階級以外では珍しく、三春に於ける知的レベルの向上にも寄与して、明治初期の自由民権運動の輩出に繋がっていたと考えています。




      

 蒼龍謹白・・・・・合掌



| ryuichi | 03:17 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩総鎮守 大元帥明王(現・田村大元神社) |
新日本プロレス NEW JAPAN CUP 2023 郡山大会




NEW JAPAN CUP 2023
2023年3月8日 (水) 〜 2023年3月21日(火)

日時
2023年3月8日(水) 17:30開場 18:30開始
会場
福島・ビッグパレットふくしま







プロレスのポスター 



三春城下真照寺参道 おんかし

| ryuichi | 03:28 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
河井継之助を描いたその「峠」の中に,「雪が来る」そして「北国は損だ」という言葉が出てきます。





三春城下の冬です。


毎年のことですが、雪の片づけをしていると司馬遼太郎の小説「峠」の一節を思い出します。

幕末の越後長岡藩牧野家の家老河井継之助を描いたその「峠」の中に,「雪が来る」そして「北国は損だ」という言葉が出てきます。

私も、北国に住む者として、司馬作品の中でも最高の文章表現だと思っている箇所の一つです。

さらに続きます。


・・・・北国では町中こうまで働いても、たかが雪をよけるだけのことであり、それによって一文の得にもならない。

が、この城下のひとびとは、深海の魚がことさらに水圧を感じないように、その自然の圧力のなかでにぎにぎしく生きている。

・・・・(北国の人々は)鈍重で、折れ釘や石ころを呑めといわれればのんでしまう連中だ。のむ前はさすがにつらい。

つい大酒をくらう。大酒で勢いをつけ、唄でもうたって騒ぎ、いざのみこんでしまっては、ぼろぼろ涙をながしている。




これは、長岡だけではなく、北国に住む方々の独特な感覚でしょう。

正に的を得た表現だと思っています。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍


| ryuichi | 03:36 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
第26回公演「桜の園」のお知らせ  シア・トリエ



2/5,/11,/12に開催するシア・トリエ26回公演「桜の園」です。


人間と人形と昭和歌謡で贈るチェーホフ四大戯曲の集大成。



シア・トリエは福島県福島市を拠点に活動する劇団です。

2015年1月に満塁鳥王一座から改名しました。


第26回公演「桜の園」のお知らせ(チケット販売中)



シア・トリエ第26回公演

桜の園
作/A.チェーホフ 翻訳/神西清 脚色・演出/大信ペリカン
チケット販売中!


わたしの幸福、さようなら!
近代演劇の金字塔、チェーホフ最期にして集大成である桜の園。人の営みにおける挫折や野心、恋愛、希望がふんだんに詰まったこの作品が描くのは、まさに人生そのもの。

時代に、人に惑わされ、それでも生きていくしかない人間の悲しさと美しさ。まぁもっと平たく言うならば人間のダメさを精緻に、滑稽に記した名作が、昭和レトロな歌謡曲に乗って狭小空間に立ち上がる!

公演日時
2023年2月5日(日) 10:30 / 15:00

2023年2月11日(土) 10:30 / 15:00 / 19:00

2023年2月12日(日) 10:30 / 15:00

※ 上演時間:約100分

※ 開場は開演の30分前

会場
ATELIERブリコラージュ

960-8034 福島県福島市置賜町8−30 カスタムビル2F

※ 置賜町郵便局2階

※ 会場には無料駐車場はございません。公共交通機関または周辺の有料駐車場をご利用ください。

料金
前売り2,500円 / 当日2,800円 / 学生1,500円(前売・当日とも) / 県外割2,000円(前売りのみ)

※ 日時指定 各回25席 全席自由 受付順入場

※ 学生券は当日受付にて学生証を確認いたします。

※ 県外割は福島県外からお越しの方限定。当日受付にて住所を証明できる書類を確認いたします。




チケット
❶ LivePocket

https://t.livepocket.jp/e/cherry_orchard

❷ 劇団窓口

当サイトのコンタクトフォームに

①ご来場者名、②ご来場日時、③チケット種別・枚数、④ご連絡先をご記入ください。

料金は当日精算で頂戴いたします。






出演
佐藤隆太 小野瑞穂 流風青波 長門美歩 相良咲 佐々木 雅彦(劇団ユニット・ラビッツ)

スタッフ
作 / A.チェーホフ

翻訳 / 神西清



脚色・演出 / 大信ペリカン

舞台美術 / 大信ペリカン 菱沼直人

背景 / 佐々木 雅彦(劇団ユニット・ラビッツ)

照明 / 麿由佳里

音響 / 大信ペリカン

人形デザイン / 国井沙也加(劇団120○EN)

スタイリング / しゅー



制作 / 鳥居裕美(捨組) 霜山亜美(劇団120○EN) サトウマナミ

宣伝美術 / 紺野ステカセ(捨組)








後援 / FM POCO テレビユー福島 ふくしまFM 福島市教育委員会 福島中央テレビ 福島テレビ 福島民報社 福島民友新聞社 ラジオ福島(五十音順)

協力 / 劇団120○EN 捨組(五十音順)



製作 / シア・トリエ ATELIERブリコラージュ



どうぞご覧ください!



http://www.toriking.net/theatrie/?p=1063

| ryuichi | 03:16 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
令和5年 三春城下 旧三春藩主秋田氏祈願所真照寺の節分会のご案内




令和5年 三春城下 旧三春藩主秋田氏祈願所真照寺の節分会のご案内

2月3日(金) 午後7時より
 
古いお札はお持ち下さい。


今回も、真照寺節分会は新型コロナウイルス拡大防止観点から規模を縮小しての開催となります。

尚、護摩焚き所願成就御祈祷とお札受けは通常通り実施います。






私も今年で還暦を迎えます。

厄払いの節分会です。


どうぞよろしくお願いいたします。




節分は季節を分けるという意味で、本来は各季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬の前日それぞれを指しています。

立春の前の日が節分というのは、そのうちの「立春の前日」だけが今に残ったものだそうです。



尚、今年令和5年の「初寅祭」は2月1日(水)となります。

午後1時斎行 

初寅祭も節分会同様、飲食を伴うお斎を取りやめて、コロナ対策を取っての護摩焚き所願成就御祈祷となります。





三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:39 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
本日火曜日は定休日となっています。 
本日火曜日は定休日となっています。 


又のお越しをお待ちしています。






蕎麦好きの友人から一報がありました。

三春藩江戸上屋敷跡(現慈恵医大附属病院)、そして全景を見渡せる愛宕神社へお参りする際に、江戸で三春を感じた帰りに必ず立ち寄る、蕎麦屋「虎ノ門大阪屋砂場」。


虎ノ門ヒルズや虎ノ門駅周辺の再開発に伴う、愛宕下通りの道路増幅工事の為、水平移動をする曳家工事をしていて、1年くらい前に仮店舗から元の場所に戻ったそうです。


この大阪屋砂場は、山岡鉄舟、高橋泥舟、勝海舟もお店を贔屓にしていた蕎麦屋です。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:31 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
『アイスランド産の赤魚』 きのこ集団 Protomass・リハビリ公演リベンジ 予約受付中




『アイスランド産の赤魚』 きのこ集団 Protomass・リハビリ公演リベンジ

予約受付中



公演日時

2023年2月25日(土) 14:00 / 19:00

2023年2月26日(日) 14:00

※開場は開演30分前

※上演時間は約90分の予定


公演場所 ATELIERブリコラージュ
(福島県福島市置賜町8−30 カスタムビル2F)

料金 一般:2,000円

学生:1,000円

小学生以下:無料

※両日ともに、当日券一律+500円


予約フォーム https://forms.gle/aWRUw3aikADpjbcdA

作品について

作・演出 髙橋 成知

役者 野村1:圓谷 颯

野村2:東洲斎 竹蔵

漁師の娘:山口 聖来

巡航者1:わたなべ いろは

巡航者2:大江 優花

死体:解像度 哲司

裏方 舞台監督・照明:二瓶 碧

音響:髙橋 成知


宣伝美術・制作:大江 優花






新型コロナウィルス感染対策



あらすじ

ある夜の海…。

小さな漁船で海を渡っている野村1、野村2。

甲板には友人の死体。

二人は死体を海に葬るために渡海している。

あまり事情を知らない野村2は野村1に船でどこまで行くのか尋ねると、野村1はアイスランドまで行くと言う。

他にも野村1の粗雑な計画が浮き彫りになっていき、次第に二人は言い合いに。

そんな二人の船に近づく台車の音。

ガーラガーラガーラガーラ、キィキィキィ。



当家の次男坊 成知が座長を務める演劇集団です。


よろしくお願いいたします。






2018年 9月 23日(日)
きのこ集団Protomass第四回公演「タイヤは夜の向こう」
次回公演や私たちの情報はHPからご覧いただけます。

きのこ集団Protomass公式HP→ https://protomass.com/



三春昭進堂 高橋 龍一
--Ryuichi Takahashi--





| ryuichi | 03:53 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂菓匠蒼龍 ::劇団きのこ集団プロトマス |