CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2019 - 03  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春城下 「ちょっくら市」 2019.3





三春城下 「ちょっくら市」 2019.3


3月のちょっくら市は、15日(金)、16日(土)の2日間の開催です。







三春城下本陣本店にて
















明日もやってます!










春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 12:39 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
春彼岸「おはぎ」 2019 ぼたもち




春彼岸「おはぎ」 ぼたもち 2019


彼岸入り前々日の 3月16日(土)から 中日の3月21日(木・祝日)までの、予約優先・期間限定販売となります。


19日は火曜日なので定休日となります。






つぶ餡をもち米で包み黒すりごまをまぶした「つぶ餡」、

もち米をなめらかであっさりしたこし餡で包んだ「こし餡」、

そして、もち米でこし餡を包み、良質の大豆を碾いたきなこをまぶした「きなこ」の3種類をご用意しました。








つぶ餡 砂糖、餅米、小豆、水飴、グリシン、酵素、乳化剤、(原材料の一部に卵、乳成分、大豆を含む)
226


きなこ 砂糖、餅米、小豆、水飴、大豆、グリシン、酵素、乳化剤、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)
260





各一個 120円税別となります。


6個入れパック 720円税別


皆様のご予約・ご来店をお待ちしています。







彼岸」は春分と秋分を中日とし、前後3日の7日間とされています。

その間のお供えの食として昔から食べられているのが「ぼたもち」「おはぎ」と呼ばれる、あんこを絡ませたお餅です。








「ぼたもち」は春に咲く牡丹(ぼたん)の花にちなんでつけられた名前。

小豆の粒を牡丹の花びらに見立てて「牡丹餅(ぼたんもち)」と呼ばれていたものが、やがて「ぼたもち」に変化したと言われています。

一方、秋の「おはぎ」は「萩(はぎ)」から。秋の七草にも数えられる萩の花が、小豆の粒と形が似ているということから、「お萩餅」と呼ばれるようになり、「おはぎ」として定着したそうです。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:19 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「旭日双光章」祝賀会 山三渡邊商店社長渡邊正恆氏





平成30年度秋の叙勲にて、(一社)福島県危険物安全協会連合会会長、三春城下大町山三渡邊商店社長である渡邊正恆さんが消防功労「旭日双光章」を受章されました。
 
 この栄誉をお祝いする、祝賀会が、平成31年3月10日に郡山ビューホテルアネックスホテルにて盛大に開催されました。


私も、ご縁があり三春町消防団、そして三春商人の後輩として発起人の方々よりご案内をいただきましたので、一言お祝いを申し上げたく喜んで出席いたしました。


正恆さんの長女とは同級生。

そして、奥様の妹が真照寺へ嫁いでいるという関係もあり、日頃よりお世話になっています。








元郡山地方広域消防組合郡山消防署長伊藤貢

(一社)福島県危険物安全協会連合会副会長鈴木史昭

郡山地方消防防災協会危険物安全副部会長舟橋壮介

郡山地方消防防災協会危険物安全副部会長半澤一泰

元郡山地方広域消防組合田村消防署長伊藤富治

三春町大町商店会会長渡邉卓

元郡山地方広域消防組合消防本部予防課長大友久男

の皆様が発起人です。


宴席には、氏の幅広い交友関係とお人柄なのでしょう、各方面から170名の方が御祝いに参集されていました。




永きにわたり積み上げてきた渡邊氏の功績と人徳が認められたことであり、私ども三春城下の消防、そして商人の後輩にとっても大いなる喜びとともに、誇りでもあります。


受章おめでとうございます。

これからも、さらにご健康に留意され、益々ご活躍いただきたく存じます。








参列者の中には、会津若松「鍋三酒造本店」系のご親戚筋の郡山商工会議所会頭の滝田さんのお顔も見えます。



玄葉光一郎代議士のあいさつの中で、山三渡邊商店の歴史について触れられていました。

酒席の中で、玄葉代議士があいさつに見えられ「先ほどのあいさつのネタは髙橋さんの”塵壺”からの引用でした~」と話されていました。

玄葉代議士のあいさつの引用してもらって、塵壺もこういう場面で活躍するとは、案外と”いい仕事”をしているんだなぁと思った次第です。



消防団の大先輩として正恆さんからは、様々な場面で消防の話を伺っていました。


その中でも、三春城下の消防戦略の中で防火戦術の敷材整備の中で消防ポンプ車の放水銃について伺ったことがあります。

三春城内である旧町内の火災発生時には有効放水水利はやはり桜川です。

火災発生の初期段階での、早期鎮圧、類焼防止のためには小人数でもいいからいち早く駆け付け有効的な放水が必要です。

その為に、桜川の防火用堰にポンプ車から給水管を投入してホースを伸ばす間の暫定放水が必要不可欠。

この時、火の勢いが強く消火部隊へ及びにポンプ車に火勢が迫り、団員や消火敷材への安全確保のためにポンプ車ごと転戦・退避・たの態勢立て直しが必要になる。


そのために様々な思考の末、船舶火災用放水銃にヒントを得て、消防ポンプ車に放水銃を取り付け三春城下の火災鎮圧に活用した。

直接ポンプと連動させた消火用放水銃を装備した消防ポンプ車ならば、いざという場合は給水管をそのままでも車両移動が可能であり、退避しても即座に放水可能である。






また、昭和55年に三春及び県中地区を襲った昭和55年豪雪の時の消防団の対応などを教示いただいたことがあります。

その中で、停電が数日続いて困ったが、石油ストーブやコンロがあった当時は暖が取れた。

しかし、昨今のエアコンや石油ファンヒーターしかない家庭が多い中で長期停電時の暖の取り方が心配です。

など、長年の消防活動の中で得たノウハウを教示いただいていました。



さらには、塵壺や当ホームページ三春物語-春陽思ひ附阿津免草に掲載の山三渡邊商店、第九十三国立銀行、会津若松鍋三酒造本店等々の話を聞いてまいりました。



三春の大先輩ですが、同級生のお父さん、そして、真照寺の義兄等々ご縁の中で親しくさせていただいています。



今後ともよろしくお願いいたします。





春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:13 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
花見松露 400円税別




小袋半生菓子シリーズ


花見松露 400円税別



三色団子を松露でコーティングしてみました。


爪楊枝で止めてあります。




 


三春藩領に限らず、農耕が中心の日本において“桜”は、旧暦による農事事始暦の役割を果たしてきました。

そして、桜は、冬の寒さが去り、田植えの時期の指標ともなっていた。

桜の花芽が出る頃、桜花が咲く頃、そして、花が散りはじめる頃等々、それぞれに稲作の作業工程と結び付いていたと考えられます。

三春領各所に「田植え桜」や「種まき桜」と呼ばれる木が存在します。

「種まき」とは、稲の種籾(たねもみ)を田んぼに蒔いて早苗を育てるための「種まき」のことを示します。


最近は、田植えは機械化によって親戚一同や村人総出での田植え風景が見られなくなりましたが、かつては「結い」の風習があり、米作りは地域の村人や親せきが共同してやるのが普通のことでした。


その種まきの終了した時の休憩、いっぷくの時に食したのが花見だんごの始まりと伝わっています。









この時節になりますと”梅は咲いたか~ 桜はまだかいな~ ここが試案の水芭蕉!”ってなもんで、三春城下新町にある真照寺の水芭蕉が気になります。



冬の間、芽が出ては霜でやられ、また芽が出ては霜に・・これらを繰り返して綺麗な花が咲くようです。



水芭蕉も人間も、綺麗さの陰には人に見せないしれがあるんですね?


真照寺の水芭蕉の芽吹きはもうそこまで来ています!










春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:24 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
きのこ集団Protomass 第5回公演『なんでもない、なんでも......』於郡山市公会堂




当家の次男坊成知(なりちか)が座長を務める演劇集団です。

きのこ集団Protomass 第5回公演『なんでもない、なんでも......』於郡山市公会堂

脚本・演出 髙橋 成知







親が言うのも何ですが、次男坊の成知(ナリチカ)ワールド全開の芝居でした。

新潟の大学に在学していますが、他の大学生も、宇都宮や千葉、東京などから毎週のように郡山に稽古のために帰っての演劇活動。

そして、春休みに入ってから毎日稽古稽古・・・

直前まで台本を手直ししながら迎えた本番です。


さらには、テーマが思いだけに初日と2日目で演出を変化させて軽やを追加していました!







今回の舞台は、ストーリーが論理的に進行せずかなりぶっ飛んだナンセンス・ブラックコメディ

登場人物の会話が噛み合わず、役者の長セリフの中に、昭和アイドル歌謡をエッセンスとしたコント仕立てての一人舞台を思わせる場面展開!









あらすじ

自殺件数の増加に悩むとある地区。
この問題を解決すべく住民による会議が幾度も行われたが、話し合いはいつも上手くいかない。
蜂駆除業者の謎の自殺を契機に、会議が再び行われることになった。
しかし、話し合いにおける奇妙なルールや予期せぬ訪問者の登場により、 会議者たちは困惑を隠せずにいた。

会議が進むにつれて、困惑は更に深まり続けるばかりで...

他人を理解するには、嫌気がさすほど自分自身に苦しんでいなければならない。
というのも、こういう嫌気は健康の兆候であり、自分の悩みに囚われないための必要条件であるから。







物語の展開を追うことが難しく、意味不明なモノが出てくる、立場や役職が人間を作り出し、笑いと不条理が心地よいテンポで展開して、ストーリーの根幹を外さなない・・・・面白さを倍増させています。


当人もそうですが、キャスト・スタッフの皆さんすべてが満足していたようです。

何より自分たちが楽しんで芝居をしているという楽しさがこちらまで伝わってきます。







長男坊は長男坊のスタンスで、そして次男坊は次男坊の・・・


子供たちにはいつも楽しまさせてもらっています!

親になってよかったと思う楽しい時間をありがとう~ !










春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:54 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂 菓匠蒼龍 髙橋 |
「EARTH BEAT 明日への航海」  野澤享司 with 永原 元




Album「EARTH BEAT 明日への航海」

野澤享司 Kyoji Nozawa on Guitar,Vocal
永原 元 Gen Nagahara on All percussion







三春城下馬場の湯温泉「若松屋旅館」さんにて、高田エージライブのサポートメンバーの一人である永原元さん。

そのNew Album「EARTH BEAT 明日への航海」


若松屋の幕田専務が届けてくれました。

しかも、サイン入りです!

このアルバムは、70年代のフォーク全盛期で活躍した独創的なシンガー・ソングライター野澤享司さんとのコラボレーションアルバムです。

「アコースティックギターと打楽器、唄だけの土臭いアルバムになったと思います。」と元さんが云う通り、土臭く男臭いかっこいいアルバムです!

男の魂~聞き入ってしまいました。






永原元 

1972年1月生まれ。20歳の時、単身アフリカケニアへ渡りパーカッショングループに加入。
数々の公演を行う。
帰国後、どんと(ex. Bo-Gambos)と出会い、札幌でのLiveをきっかけに交流を持つ。
どんと主催の満月コンサートに参加(沖縄)。1年後同バンドメンバーだったギタリスト「平安隆/かりゆしの月」に参加・リリース。
さらに1ヶ月後、ソウルフラワーユニオンにサポートメンバーとして加入。1999年にはアイルランドの大御所ドーナル・ラニーと共演。
2000年8月、フジロックフェスティバルに参加。その後、拠点を東京に移し幾多のセッション、.レコーディングワークに励む.。

セッション共演:鮎川誠、シーナ、カルメン・マキ、 森園勝敏、リアム・オ・メンリー、ハシケン 朴保、渋谷毅、本田竹広、湯川トーベンetc
2004年本田竹広(pf)「The pure」に加入、HARRY(ex. ストリートスライダース))2ndアルバム「For no one」ドラマーとして全面参加。








野澤享司プロフィール
シンガーソングライト&ギタリスト
1971 中津川フォークジャンボリー参加がキッカケで翌'72 URCよりアルバム「白昼夢」リリースその後 ソロ活動と並行して小室等のサポートギタリストを務める。これがキッカケで1977 フォーライフよりアルバム「KYOUJI TRAVEJINE」「南へ遠く」など数枚のシングルをリリース。
1999アルバム「fender bender〜遥かな海へ」
2007アルバム「SELFE COVERS NAKED'70」
2018 コラボアルバム「EARTH BEAT〜明日への航海 野澤享司with永原 元」
斉藤哲夫 シバ 生田敬太郎 などとのジョイント 永原元とのコラボを交えながらソロ活動を継続中。




春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 06:40 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
きのこ集団Protomass第五回公演 『なんでもない、なんでも......』 


当家の次男坊成知(なりちか)が座長を務める演劇集団です。


きのこ集団Protomass 第五回公演

『なんでもない、なんでも......』



会場:福島県 郡山市公会堂


公演日:3/9(土)、3/10(日)


開場17:45 開演18:15


脚本・演出 髙橋 成知


きのこ集団Protomass

役者

会議者1:佐藤 夢子

会議者2:渡邉 麗奈

会議者3:東洲斎 竹蔵

会議者4:圓谷 颯

会議者5:髙橋 成知

偽蜂駆除業者:櫻井 孝樹

妨害者:新良貴 飛梁

付き添い:たつろう

裏方 制作:櫻井 孝樹

進行管理:佐藤 夢子

舞台監督:稲田 清香

音響:二瓶 碧

照明:飛田 ことみ

宣伝美術:大江 優花

裏方補佐:熊田 康太


あらすじ 自殺件数の増加に悩むとある地区。 この問題を解決すべく住民による会議が幾度も行われたが、話し合いはいつも上手くいかない。 蜂駆除業者の謎の自殺を契機に、会議が再び行われることになった。 しかし、話し合いにおける奇妙なルールや予期せぬ訪問者の登場により、 会議者たちは困惑を隠せずにいた。会議が進むにつれて、困惑は更に深まり続けるばかりで...
他人を理解するには、嫌気がさすほど自分自身に苦しんでいなければならない。というのも、こういう嫌気は健康の兆候であり、自分の悩みに囚われないための必要条件であるから。 ―エミール・シオラン








公演日時 2019年 3月 9日(土)【開場】17時45分 【開演】18時15分

2019年 3月 10日(日)【開場】17時45分 【開演】18時15分

公演場所 郡山市公会堂(所在地:福島県郡山市麓山一丁目8-4)

アクセス バス:JR郡山駅より「図書館前」「麓山一丁目」下車

徒歩:JR郡山駅より約20分

料金 【事前予約】

一般:1000円,高校生:500円,中学生以下:無料

【当日券】
一般:1300円,高校生:800円,中学生以下:無料




きのこ集団Protomassとは、日本の新人演劇集団。
2015年冬、福島県郡山市の高校演劇部有志を中心に結成し、2016年5月『出口はどこかにある』(作・演出:髙橋成知)で旗揚げした。
福島県郡山市を中心に活動しているが、仙台や横浜、京都でも上演したい、という思いを胸に日々惰眠。


春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 13:45 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |