CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「Toshieのまぁまぁそんな感じで♪」   FMいわき 毎週土曜日18:30-19:00放送中!




「Toshieのまぁまぁそんな感じで♪」

  FMいわき 毎週土曜日18:30-19:00放送中!

いわき市出身で歌手や女優、司会などで活躍するToshieが、アーティストとしての活動やおすすめスポットの紹介など、等身大のToshieと出会える30分。







toshie Hikariflection アルバム「ヒカリフレクション」好評発売中!




Toshie

toshieofficial

Singer💫 福島県いわき市出身💫 1stアルバム「ヒカリフレクション」総合プロデュース富澤タク

💫映画「それぞれのヒーローたち」出演主題歌担当

💫新番組「Toshieのまぁまぁそんな感じで♪」 毎週土曜18:30OnAir




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 08:25 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
Artistes Presents Live Event 2019 in 開成山野外音楽堂 つながる ⇔ つなげる Groove on Stage




※ お知らせ 

雨天のために延期されていました Artistes Presents Live Event 2019  つながる ⇔ つなげる Groove on Stage

『民謡ユニット 結』×『打楽器即興演奏ユニット LASEÑAS』 の公演日程が決まりました!

日時:2019.12.6(金)  Open 18:00 Start 18:30〜20:30

場所:郡山市勤労青少年ホーム
郡山市麓山一丁目

詳細お問合せ、artistesyokohama@gmail.com
主催者: Artistes Yokohama (アルチスタヨコハマ)




出演

『民謡ユニット 結』×『打楽器即興演奏ユニット LA SEÑAS』

KORIYAMA Ver.Members








人と音楽と心をつなぐ

郡山から地方へ、全国から郡山へ、

そしてミュージシャンやお客様との交流・・・

そんなことがいっぺんにできるイベント!!


♫クラシックだ、ジャズだ、ラテンだと郡山の音楽シーンも多彩になっている昨今、潜在意識にはたらきかける音楽があったら、さらに拡がるのでは、と仲間とともに企画実施のはこびとなりました。



【民謡ユニット 結】=リーダーの藤沢しげみは地元福島在住。

EMIからCDを出すなど、民謡界きっての正統派民謡歌手集団。リズミックでダイナミックな音楽と繊細に歌い上げる歌心で人気上昇中。熱い熱い民謡の音世界に耳が奪われ、
涙すら誘うステージに、「は〜よいしょっ!」とお囃子を入れずにはいられない。



【打楽器即興演奏ユニット LA SEÑAS】=ハンドサインを駆使し、打楽器で即興演奏をする人気若手パーカッショニストのユニット。

数年前のデビュー以来、クラシック界のみならず各種イベントでも大人気。創設者は、佐藤‘仙人’文弘氏。

熱狂から感動をうむステージは打楽器の魅力を存分に引きだし、楽器や音楽の枠を超越した芸術作品がステージに現れる。

現在、ラセーニャス東京、ラセーニャス大阪、ラセーニャス広島、ラセーニャス高山、ラセーニャスコレクティーヴォ(芸大生ユニット)と5ユニットが各地で活躍中。



【ドラムサークル 】=ドラム(太鼓)をサークル(円)になって叩くこと
今回のイベントでは、ご来場の皆様に参加していただくコーナーをもうけます。
このドラムサークル の方法を使って、皆さまとリズム遊びを致します♪(今回は楽器を使わず遊びます)


どんな風になるか、お楽しみ!!

年齢男女関係なくご参加いただけますので、ご家族でご友人で皆で参加してくださいね♪( ´θ`)ノ






【企画番外編】ラセーニャスになろう!!

今回のイベントポスターやフライヤーには、QRコードが付いてます。
これは、ラセーニャスを郡山で公募し、創設実装させるご案内をしております。

LA SEÑAS-Niño(ニーニョ=子どもの意味)こどもユニットと

LA SEÑAS-TOHOKU(東北全域から募集します)大人のプロユニットを結成することに致しました。

若手人材の就労支援やミュージシャンの活躍拠点増加、あらたな人脈ができることからの地域活性化、音楽活動が増えることによる地方再生などを想い描き、日本がいずれひとつになったらいいのに想いで、音楽活動盛んな郡山でやってみたい、と今回企画に踏み切りました。

大都市以外でも音楽活動ができるをテーマに、IターンUターン希望の若手音楽家にもぜひチャレンジして頂きたいです。

TOHOKU
打楽器奏者を目指す人、打楽器経験がある方で結成致します。

Niño
小学3年生から音楽経験のある、小学生で結成致します。
太鼓の基礎練から頑張るからやってみたい、というガッツある小学生も大歓迎!

詳細お問合せ、artistesyokohama@gmail.com

フライヤーにも記載ございます。


特別後援
一般社団法人 メディカルリズム協会

協力
株式会社ケンオリ

三春馬場の湯温泉「若松屋旅館」



春陽郷三春城下真照寺門前 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 08:25 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
「三春昭進堂の麩まんじゅう」




新発売

「三春昭進堂の麩まんじゅう」

生麩(なまふ)独特のモチモチ弾力、初めて味わう食感、中の餡は、おたりまんじゅうと同じこしあんを使用しています。

低カロリーで緑茶にもコーヒーにも合います。







お餅にもお団子にもない生麩の織りなす独特の“モチモチ”感と“ツルン”とした食感をどうぞお召し上がりください。

上品な甘さの北海道大納言小豆こし餡を、たっぷりと入れて青笹で包みました。

一個 130円 税別

賞味期限 製造日より、冷凍保存にて6ヵ月、解凍後は冷蔵保存にて1日。


9月までの夏季限定販売です。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:51 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春城下享保十四年「商売諸職書上」 三春城下八幡町 朝日屋豆腐店



三春城下八幡町にある朝日屋さんは、創業大正14年、三春城下名物の「三春あげ」の製造販売店です。


大豆や水という原材料にこだわり、毎朝風味豊かな味を求めておいしい豆腐や油揚げ造りに精魂を傾けている頑固な豆腐屋です。


中でも、出来立てのがんもどきは逸品で、ちょこっと醤油を垂らせばビールのあてに最高です!


その朝日屋豆腐店を営んでいる小林さんから、江戸後期の三春城下の豆腐店を記した一覧表を頂戴いたしました。

享保十四年(1729年)の示された「商売諸職書上」をアレンジされたものです。




三春城下六町には、108軒の豆腐屋を記録されています。


三春城下には臨在宗、曹洞宗の寺院が多く、その禅宗では、修行の一環として菜食を中心とする精進料をいただきます。そのためどうしても不足しがちなたんぱく質を補うために、豆腐が重宝されていました。

新町に豆腐屋が多いのは、地内に曹洞宗寺院の天澤寺、州傳寺、に多くの雲水が修行出頭していた事や、三春藩領内総鎮守大元帥明王社にの別当職である真照寺やそれに付随する修験寺(現在は廃寺)が多く存在したことや、半農を許された下級武士が多く居を構えていたことにより凍み豆腐を下僕名義で造っていたことに由来されるものと考えられています。








江戸時代中期以降の秋田藩政下になると、それまでは主に僧侶や武士の食べ物であった豆腐は一般にも広まり始めます。

それ以前は、「ハレの日」の食べ物で、祭りやお盆、お正月、あるいは冠婚葬祭などの特別の日にだけ豆腐料理を食することができたと伝えられ、赤飯・白ふかし、餅のように、改まった日に食する食べ物とされていました。

特に農民にとっては非常に贅沢品とされていた食材で、江戸幕府三代将軍・家光時代に出された御触書「慶安御触書」には豆腐は贅沢品として、農民に製造することをハッキリと禁じています。


豆腐が身分の分け隔てなく食されるとその旨さが評判を読んだのでしょう、天明2年(1782年)には、『豆腐百珍』豆腐の料理本が出版されています。

朝日屋の豆腐や一覧には、天保7年(1837年)の頃の豆腐の大きさも記載されています。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:38 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下八幡町 |
E.YAZAWA SPECIAL EVENT ONE NIGHT SHOW 2019  参戦記 於幕張メッセ




E.YAZAWA SPECIAL EVENT "ONE NIGHT SHOW 2019" 参戦の巻! 於幕張メッセ

我らが永ちゃん(矢沢永吉)が70歳の歳を迎えるアニバーサリーイヤーに、初の主催ロックフェスティバルを幕張メッセ国際展示場にて開催され参戦してまいりました。






『本物の大人のロックンロール&ロマンス 矢沢永吉が今ここに贈りする、その名も「ONE NIGHT SHOW 2019」。

さすが永ちゃん、とにかく異例づくし。

永ちゃんのフェスは、今までとはちょっと毛色が違った感じですが、開場の前から大盛り上がりで、全国から集まった“矢沢な輩たち”の常連の方々の顔も見えます。


今日もよろしく!の挨拶が飛び交っています。







今回は、気志團やスカパラダイスオーケストラ、奥田民生等々、ロックメンバー5組が出演しています。

矢沢フェスではそれぞれのファンの方々が臨場されていたんでしょう、恰好や年代が今までの永ちゃんライヴとはちょっと違います。

まして、日テレの生放送があるということで、盛り上がりは最高潮を迎えます。






それぞれの出演者が最高のロックなパフォーマンスを展開してくれました。

中でも気志團のライブは圧巻でした。

初めての気志團ですが、鳥肌が立つほどのかっこいいライヴ!

人気があるのがわかります。






そして、オーラスはE・YAZAWAのライブです。

やはり、独特の緊迫した囲気に会場全体が包まれています。

NO MUSIC, NO LIFE ?

Still Rock

「僕はあと少しで70になります。でもねぇ。海の向こうには70すぎで現役バリバリの🎸ロックシンガーいっぱいいます。日本まだいません。俺やりますっ。ヨロシク👍」生涯現役宣言ですよね!

永ちゃんかっいい!








そして、永ちゃんの7年ぶりとなるオリジナルNEW ALBUM『いつか、その日が来る日まで...』の発売が発表されました!

永ちゃんがアルバムをリリースするのは前作『Last Song』から7年ぶり、まさに満を持しての待望のNEW ALBUMリリースです。

今年デビュー47周年を迎えた「今」だからこそ描くことのできるロックを堪能したいと思います。

気志團が歌う「ファンキーモンキーベイビー」

踊ってしまった~


 目の前に、69歳の矢沢永吉がいる~~。

シワは増えていても、「永ちゃん、かっこいいよな、もしかして今の方がかっこいいんじゃないか」と思えるくらいです。





止まらいha~ha♪
乗ってくれ~ha~ha!2万人の大合唱とタオル投げ~♪

やっぱり永ちゃんは最高です!会場にて参戦された方々も最高だったと思います。

奥田民生氏の涙が全て物語ってましたね!アルバムも楽しみです。これで今年も最後まで頑張れそうです!ありがとう!永ちゃん





矢沢永吉からのメッセージ全文(新聞広告)

「アイム・ハッピー!」

新しい日本おめでとう。

おれはいま とても幸せだね。

だって70歳を迎えるこの年に まだまだ歌えるから。

先のことは分からなくても

自分の責任で、自分の命を張って

挑戦できる限り走り続ける。

それがハッピーだと思っている。

お前はどうだい?

立ち止まってはいないかい?

令和元年5月1日

STILL ROCK SINGER 矢沢永吉


P.S 今年もツアーやるから、ヨロシク。


この40年いつも側にいて、"夢"や“希望”~生きる勇気っていうやつを与えてくれる・・・・

流行のスタイルが変わるミュージック・シーンで、あくまでも1つのスタイルにこだわり続けるのはそう簡単なことではありません。









月曜日には木村充揮さん、そして昨夜が矢沢永吉さん、今週は40年来あこがれていた神様みたいな2人と遭遇するというゴールデン・ウィークでした。

浮かれっぱなしです!



“世は歌に連れ・・・”という言葉があったかともいますが、正に自分の歩んできた道全てのシーンに永ちゃんと憂歌団・木村さんの歌やライヴは欠かせないものでした。


Jimmy Page、木村充揮さん、そして矢沢永吉さん、この三人とこの世で同時代に生きて、そのパフォーマンスに触れあえたことに感謝したいと思います。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:54 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
令和元年 鎮守田村大元神社(旧三春藩五万石領内総鎮守「大元帥明王」)の祭礼



三春城下新町の鎮守田村大元神社(旧三春藩五万石領内総鎮守「大元帥明王」)の祭礼を、今週末に控えて、その祭礼に奉納する「長獅子」と「三匹獅子」の練習にも熱がこもってきました。

本年の祭礼は、

7月13日(土) 宵祭り

7月14日(日) 本祭り







梅雨の時期独特の湿った気候、夕方の蜩、楽内のホタル、真照寺下セリ場の旗や大元神社山内の提灯、そして、この三匹獅子や長獅子の太鼓や笛の音を聞こえると「夏が来るんだなあ~」と思います。








300年は続いてきたんであろう、正に初夏の三春城下を彩る風物詩です。









田村大元神社の祭礼には、別火講中の一番組と二番組が各年交替で、獅子掛と祭典掛に分かれて奉仕しています.

今年の獅子掛は、一番組が担当します。

祭典掛は、二番組担当となります。






やはり、先輩が後輩に口伝にて教授しています。

私が現役の頃と同じ風景です。




自分の子供のような年代の者たちが主力となり、この伝統芸能である長獅子舞や三匹獅子舞を引率している光景は力強いものを感じます。




戦国時代、田村義顕公によって三春城が築城されて約500年

以来、三春城下の神事は今も変わらずに受け継がれてきました。

古の三春城下では、夏は疫病がはやり台風や洪水などに見舞われ、生き抜くことが難しい季節でした。

私たちの先祖は、この危険な夏を無事に生き抜くことが出来ますようにと夏に祭礼を行い神さまにに祈りを捧げてきました。

医学科学が進歩した現代にあってもその信仰は変わらず、祭礼に際し疫病・災難・厄除け・縁結び・長寿・商売繁盛そして豊穣などの祈りを神様に捧げています。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:13 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
要田今昔物語
要田今昔物語  昭和初期の三春広報参照

要田は、天正の三春城主田村清顕時代(約450年前)、熊耳館・熊耳太郎右エ門、笹山舘・笹山五郎右エ門の配下であった。

さらに、元禄11年寅(268年前)の秋田公時代の名主調べには、笹山-佐藤五左エ門、熊耳・岩崎長蔵、南成田-大内仁右エ門、荒和田-橋本善次右エ門とあり、その後天保15年には、南成田・橋本五郎左エ門から秋元四郎に変り、熊耳-安瀬半十郎、笹山-渡辺市郎治となっている。

明治2 2年町村制実施後は、笹山、荒和田、北成田、南成田、熊耳の五旧村が合併し要田村と称した。


熊耳の生んだ人に大内熊耳先生がある。

享保の頃、江戸に上り、荻生祖来の門弟として学問に励み 青年の頃九州は唐津の土井藩,に仕えた幾多の名著のある有名な学者である。

北成田の接骨医の初代橋本六兵衛翁は、藩政時代他藩まで名の聞えた名医だった。

初代から三代まで二本松公と秋田公から扶持を給され、代々六兵衛を継ぎ、当代は橋本氏七代の孫が接骨医を営み、三百年をかぞえる家柄で、村の誇りであるまいか。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:49 | comments (x) | trackback (x) | 旧要田村 |