CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




御祭小山館(城)




御祭小山館(城)


三春城下の北西隣する旧御祭村は、戦国期には田村四十八舘の一つ小山舘があり、舘主の小山氏が治め、小山村と呼ばれていました。


三春から御木沢廻り沢石行のバスに乗り、樋ノロの川岸を大きく迂回して、御祭地内に入ると、前方の目前に、老杉と雑木林に包まれた峯のそびえ立つ、由緒ありげな景観を見るだろう。

この山こそ、小山城の跡である。

小山城は、天正年間に三春城主田村清顕時代に築いた“田村四十八舘”のひとつである。
この城には田村の家臣、550石の小山左馬之助が居て、北西の守を固めたわけである。

古文書で見ると、三春札所(前述参照)から22丁で、城の根廻り360間、廓丈(高さ) 19間、本丸は、南北40間、東西14間だったというから、随分細長いものだったらしく、当時は、現在の橋本篤世氏の屋敷までのびていたと思われる。

城には石垣の形跡がなく、土塁だけの構築にすぎなかったらしい。
広さといえ、高さといえ、その構築といえ、全く簡素なもの、兵器の進まなかった昔ながら、よくもこの程度の備えで、外敵を防ぎ得たものと、感慨無量である。



 
 江戸中期の秋田藩政下、藩主秋田輝季公のとき、村内の志々作という部落に、獅子頭作りの名工が二人住んでいて、城下大元帥明王に長獅子を奉納した。

以後、明王と牛頭天王の祭礼には、御祭村の村人が長獅子舞と大々神楽を奉納したので、秋田公より、御祭の村名を拝領したと伝えられています。


また、「突き館」、「突き打ち」、「平古内」、「貼り付け問屋」という地名でが残ります。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 06:06 | comments (x) | trackback (x) | 旧御木澤村::御祭 |
三春城下菓子処「三春まちなかお菓子屋さんぽ」 三春まちづくり公社・みはる観光協会





三春城下菓子処「三春まちなかお菓子屋さんぽ」

三春まちづくり公社・みはる観光協会







三春城下菓子処「三春まちなかお菓子屋さんぽ」です。





三春の観光協会加盟店や観光案内所、三春駅などで配布しています。

三春城下の散策にお役立てください。






春陽さくらの郷として全国的に知られる「小さな城下町三春」を散策してみると、いくつものお菓子屋さんを見かけます。

店の中には色とりどりのお菓子が並び、三春の人たちに日常で親しまれています。




三春は、戦国時代の田村氏から江戸時代の秋田氏まで城下町として栄えてきました。

さて、城下町と言えば「お寺」というくらいで、やはりここ三春城下にも寺が多くあります。

江戸時代には名僧や高僧が在籍し、奥州の禅修行道場として名を馳せ、多くの修行僧や参詣者が三春に 来訪していました。

門前町である荒町 や新町には宿坊が軒を連ね大盛況だったといいます。

お寺と言えば精進料理。

来訪者が増えてくると精進に欠かせない豆腐屋が何軒もできました。

また、寺の法要、そして、禅修行といったらお茶と菓子。

お茶屋が増え、お菓子屋が何軒もできて、お菓子が盛んに作られるようになりました。

このように、三春のお菓子は時代と共に町の人たちの暮らしにとけ込んでいきました。

三春のまちなかには約二千本の枝垂れ桜があります。

さくらの郷を散策しつつ三春のお菓子もお楽しみいただけたら幸いです。
パンフレットより抜粋






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 04:25 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
平成30年 三春大神宮秋季例大祭 三春城下中町若連 花車・宮神輿奉納記念 音葉 オンステージ!




平成30年 三春大神宮秋季例大祭 三春城下中町若連 花車・宮神輿奉納記念


 祝芸能奉納 音葉 オンステージ!

今年の中町若連花車興行は、郡山在住の中学生シンガー 音葉さんのオンステージが挙行されました!


昼の部、夜の部と2ステージ!







各種イベントに引っ張りだこの音葉ちゃん!



今日も元気に素敵なステージを見せてくれました~







三春城下に、素晴らしい歌声を響かせて頂きました。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:44 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下中町::中町若連 |
「縄文土器の好きな渡辺安里陶展」ギャラリー永井 大阪・心斎橋筋





「縄文土器の好きな渡辺安里陶展」ギャラリー永井 大阪・心斎橋筋

ちょっくら市の中心メンバー、陶芸家の渡辺安里さんの陶芸展が開催されます。


カエル文字の渡辺弥七さんの長女ですよ~

場所 ギャラリー永井(大阪府大阪市中央区心斎橋筋)
期間 10月25日(木)〜10月30日(火)
AM 11:00ーPM6:30 (最終日はPM2:00まで)


ギャラリーは大阪心斎橋と、福島からはちょっと遠いですが、お近くの方または、大阪行かれる方、そして、安里ファンの方ぜひお出かけ下さいませ。
福島空港からひとっ飛びですよ!







大阪·心斎橋筋 「ギャラリー永井」

〒542-0085
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目4-20

TEL 06-6243-1681

交通至便な心斎橋筋商店街に面していながら4階にありますので静かで落ち着いた雰囲気のなか作品を鑑賞していただけます。左右に備付の展示台があり陶芸品、小品の展示にも向いております。
“心ぶら”がてらお立寄りいただき心和むひとときをお過ごしいただければと思っております。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:15 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
平成30年度 新町大宴会 歌うアイドル魔女っ子マジシャン「瞳ナナ」マジックショー




三春城下新町睦会

平成30年度 新町大宴会 歌うアイドル魔女っ子マジシャン「瞳ナナ」マジックショー








今年で3回目の出演となる瞳ナナさん



ご挨拶に来ていただきました~


早速差し入れをもって楽屋見舞です。


今年結婚をされナナさんです。



人妻パワー全開で素敵なステージを見せてくれました!






    瞳ナナちゃん、東北チンドン夢乃屋さんとの記念写真




都内の路線で人身事故、さらには、新幹線までが人身事故で1時間遅れ(゜o゜;

とりあえず、ホームにいる新幹線(1時間前の新幹線)の自由席に乗って無事に郡山に到着したとのことでした。

お疲れさまでした~




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:21 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下新町::新町睦会 |
中町若連 山車復元奉納30周年記念・川崎浜睦神輿中町遷宮20周年記念撮影会





三春城下 中町若連 山車倉庫完成お披露目式

山車復元奉納30周年記念・川崎浜睦神輿中町遷宮20周年記念撮影会







ご縁があり、中町若連相談役 桑原商店さんにお誘いを受けまして、標記の件で出頭させてただきました。



この神輿も35年くらい前に桑原商店と二人で川崎まで神輿担ぎに行ったのが始まりだったように思えます。






同級生の桑原商店とは妙に気が合い、中町、新町という立ち位置を崩さずに、良くも悪くもいいライバルともいえる関係でいました。



今年の夏、35年ぶりに川崎へ中町若連様と神輿担ぎにお邪魔した折、第一屋さんで茶の間にある仏壇に手を合わさせていただきました。

その瞬間に時間が一気に巻き戻り、毎年ここへ来ていたような感覚になっていくのは不思議です。






それだけ第一屋さんのご家族、そして、川崎浜町の方々の人情の温かみがあってのことだと思います。


ありがとうございます。







標記の慰労会の中で、この神輿が中町に来る段になって中町若連である程度のお金を用意したみたいですが、「これはお金じゃないんだ、人と人の心で譲るんだ!大事にしてくれればそれでいい!」と第一屋さんにぴったり断られ田話を伺いました。

さらに、第一屋さんも、この神輿を自分たちで造るという段になって板金屋さん大工さんにお金の話をしたら、上記の「お金じゃないんだ!~」の言葉で叱られたという話をされていました。







男気ってやつですね!

粋でカッコのいい大人がいるもんです。







集合写真に混ぜていただきましたが、私など違和感がなくちゃっかり映り込ませていただきました。



新町なんですが、城下のどこの町内でも居やすいんですが、特にこの中町さんには桑原商店はじめ旧知の方々が多くいますので、居心地がいいんです。







特に今年は、三春町内の各種会合では、中町の皆々様と同席する機会が多くございまして・・・・挨拶が「ドッコイ!」となりかけています。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 07:21 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下中町::中町若連 |
三春総社三春大神宮秋季例大祭 新町睦会 花車と樽神輿奉納





三春総社三春大神宮秋季例大祭

新町睦会 花車と樽神輿奉納







この樽神輿は、長獅子との隔年奉になります。

昭和50年代初頭に、長獅子の無い年に奉納しようと、田村大元神社別火講中の有志で作られ、紆余曲折しながら平成5年に新町睦会として整備されました。









新町の花車は、20数余年前に復元しました。


昭和30年に、一度だけ奉納した旧新町太鼓山車で、田村太元神社の縁の下に70年間眠っていたものです。









彫り物は、盆太鼓櫓や随神門下などに、分散して保管してありました。






恵比寿さまや、鶴に亀など祝いの彫り物があります。

明治期に作られた大太鼓舞台「花車」の遺構です。














来週末は、三春大神宮の祭礼です。

新町睦会、三春最大の樽神輿用樽を三春駒佐藤酒造さんより拝借です。

その数、13樽で三段重ねとなります。






神様にお供えするといったニュアンスから、昭和40年代に始まったとされる三春城下各町会の樽神輿。

派手好きなここ新町では、一番大きな神輿を選択しました!

これが重いのなんのって・・・・両サイドに補助棒も追加しての奉納となります。

注・この補助棒は背の低い人用に作ったんではありませんから・・・あ!俺にぴったりの高さだった。






三春城下新町には、田村大元神社別火講中があり、その講中で二年毎に、三春大神宮に長獅子を奉納してきた町会です。

当時の三春大神宮祭礼の日程は、10月1日から3日までの三日間挙行されていました。

初日の一日の神輿渡御では、中町、八幡、町荒町を巡り、夕刻に八雲神社下荒町公民館から三春大神宮へ還御.

そして3日の渡御は、中町、大町、北町、新町を巡り、夕刻に旧新町公民館から三春大神宮へ還御していました。

各町内の山車や樽神輿の供奉は、この新町出坐の3日目と決まっていました。

3日の夕刻、各町内から樽神輿と太鼓台や山車が神様を迎えに新町に参集してくる様は圧巻です。






当時の別火講中の方々の中で、「長獅子奉納の無い年に、ただ見送るのではなく、自分たちでも樽神輿を作って奉納しよう!」と昭和54年に、別火講中の有志やOB,そして私たち若造を入れて樽神輿を作ったという次第です。


なんと二回目までは、トラック用のバッテリーを仕込み、カラオケセットを搭載して、休憩のたびに歌っていました!







以来、二年毎に奉納してまいりましたが、時代の流れの中で様々な紆余曲折を乗り越えて、私たちが引き受け、新町睦会で運行を始めました。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:49 | comments (x) | trackback (x) | 藩社神明社(三春大神宮) |