CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2019 - 06  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




佐久間庸軒旅日記 佐久間庸軒著 安政5年戊午 船引町教育員会編 平成2年7月発行




佐久間庸軒旅日記 佐久間庸軒著 安政5年戊午
船引町教育委員会編 平成2年7月発行

またまた面白い本が手元に届きました。

一昨年より、三春町つくり公社で「三春町内神社仏閣の算額巡り&和算遊び手習い」を開催していましたのでご存じの方も多いと思います。

佐久間庸軒は、江戸時代後期から明治時代にかけ活やくした最上流和算家で三春藩士。

文政2年(1819)田村郡石森町(田村市船引町石森)に生まれます。

本名を纉(つづき)といいます。

天保7年(1836)、18際で二本松藩の最上(さいじょう)流和算家渡辺治右衛門に入門。さらに、和算研鑽の旅を続け、嘉永7年(1854)に研究成果を「当用算法」や「算法起源集」など著書も多くあります。

佐久間派の開祖として三春藩藩校「明徳堂」で算学を教え、新政府の絵図編纂御用も勤めていました。

維新後には自宅で塾(庸軒塾)を開いて農民や町民に算術や算学測量を教えています。

その門弟は2000名を教えます。





 庸軒が活躍した時代、和算はブームとなり、全国各地で上層階級から庶民へと広がっていきました。

和算を志す数学者や数学愛好家は、難問を解くことに成功すると、神社や寺に算額を奉納するようになりました。

これは、問題が解けたことを神仏に感謝し、自分の業績を世に知らしめるためでもありました。

また、和算好きはそれらの算額を見て回り、難問に挑戦しては腕を磨き、時には他の和算者に向けて問題だけを書いた算額を奉納して、和算対決の様相を呈していたこともあったようです。

三春町内の神社仏閣には、難問を解いた算額、問題だけ載った算額などが奉納されています。







佐久間庸軒の数度にわたる旅日記は、遊歴の算術家として江戸末期の日本各地を旅して算学をひろめ、最上流和算を作り上げた時の修行旅日記です。

天保十三年(1842)の庸軒路程記1~6は参詣に重きを置き、安政五年(1858)の九州辺天草の旅の九州遍路1~6は算術修行に重きを置いているようです。

庸軒などの「遊歴の算家」は、全国を旅して回り、行く先々で数学者と問答を行っています。地方に高名な数学者が訪れたと聞けば、地元の算術好きが列をなして教えを請い、臨時の数学塾が開講されていたようです。

庸軒の九州遍路行では訪問した算術家は34名(内31名は印鑑を押捺)に上っています。


この時代、様々な学問を修練しようとすれば、師を求め師に会うこと以外自分の学問を向上させる方法がありませんでした。

これは算術と言わず、医学、経済学、建築土木、そして政治等々志あるものはすべて諸国を周遊し師を求めていました。

時には滞在先で自分が先生となり講義を行うなどもありました。


本書では三春を発ち、江戸・箱根・桑名・伊勢・京都・岡山・山陰津和野・博多・長崎・本渡・熊本・宮島・信州善光寺・日光経由三春という行程での算術修行です。
一部船旅もありますが、もちろん9割以上が徒歩の旅路です。

全国津々浦々を旅する遊歴算家の活躍によって、和算ブームは草の根の広がりを見せて日本の隅々まで高度な数学が広まっていき日本独自の数学・算術である和算文化を築き上げていきました。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:23 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春藩始末記 |
中学生の職業体験 三春中学校2年生 令和元年 




今年度も、、2日間の日程で三春町立三春中学校2年生の3名の生徒が職業体験に来ています。

当三春昭進堂はでは「三春町キャリア教育推進事業協力店」として、2日間と短い期間ではありますが、子どもは、日本の将来を担う社会の宝であり、社会の一員としての強い自覚をもち、たくましく成長することが少しでもお手伝いが出来ればと考えています。









朝礼後、店内外の掃除から、饅頭つくり体験、焼物の仕上げと製造補助、一日明るくきびきびとしながら、楽しく仕事をしていました。


2日間という短い時間ですが、何かを感じてもらえればいいなあと思います。


私が子供の頃、子どもたちは親や地域の方々の働く姿を日常的に目にし、そこから多くのことを学んでいたような気がします。

これは今も変わりはないはずですが、地域社会の目まぐるしい変化や核家族化、そして、価値観の多様化等で地域での生活もずいぶんと様変わりしたように感じます。








働くということは、社会や人と大きく関わり、つながっていくことです。

社会や人とどのように関わり、自分という存在をどのように存在させたいのか、それが自分の人生にとってどれ位意味があることなのか、
そういう面で仕事を考えていくことがとても大切なんだろうと思います。






昔から、「 他 人 の 飯 を 食 べ さ せ る 」 と か 「 か わ い い 子 に は 旅 を さ せ よ 」と 云われています 。


私も、菓子屋の跡取り息子として、「他人の飯を食って、一人前になれ」と高校を出たら菓子修業に行けと小さい頃から云われてきました。

止宿して師匠と起居を共にし、技術だけではなく、人間的な面も含めて修業をする。

いわゆる親もとを離れて、他人の間で苦労を味わい、社会の経験を積むということだったのでしょう。

親 元 を 離 れ 他 人 の 間 で 苦 労 を 味 わ う こ と は 決 し て 無 駄 に は なら な い と い う こ と で す 。







明治維新後の、三春の教育

「日本の唯一の資源は人であり、人を育てるのは教育しかない」

「三春で学んだことを誇れる教育」 



かつて三春人は、教育、人間育成ということには驚くほどの力の入れようでございました。


先の三春舞鶴通信第15号に記載がありました「田村学生寮」

明治期に、三春は元より田村地方の若者が志を抱いて東京で勉学に励むことを扶けるために設立された学生寮です。

捨五郎さんの寄稿の中で、元家老家の浪岡具雄から「修行するのは少壮の時である。一家の些細なことに拘わり合っていつまでも田舎に居ると。一生の悔いになる。早々に上京すべき」と上京して勉学に励むことを進められた加藤木三兄弟の話。

そして、菅野吉雄さんの「田村学寮」跡を訪ねてでは、浪岡具雄が田村学寮建設を提唱したこと。「田村学寮雑誌」全八巻を合本して残したこと。

また、深間内久蔵氏が千三百余圓の私財を投入し建設資金にしたことや藤泉賢四郎(後の大林組社長大林賢四郎氏が設計施工を請け負ったこと。

等々の寄稿を拝読しますと、三春・田村の未来を担う後輩たちに、希望とチャンスを与えてくれていたことが読み取れます。

本当に頭が下がる思いで読まさせていただきました。








次代を担う若い人々に夢を持たせ、キャリア実務教育を施し一つ一つ形にしていくことの重要性を教え社会に送り出すのも、私たち地域に住む者の社会的役割なんだろうと思います。

そして、今回の職場体験を通して子ども達が少し大人になったというより、少し現実を見る・考えるきっかけになってくれればいいなあと考えています。


子供たちには将来の夢を急いで決める必要はないと思いますが、この職場体験をきっかけに、少しずつ将来のことを考えていただければ幸いです。

そして、学校教育や社会教育でも、どのような旅をさせて自立心や独立心を育むか、教育関係者の、子を持つ親の、そして地域社会の「知恵の見せどころ」のように思います。








人は、地域・社会環境の中で育つものだと考えています。

人を育てるとは、社会に出て生きていくためにふさわしい「生きる力」・スキルを身に着けるために、様々な環境を整えて、その動機付けとなる体験の機会を与えることではないでしょうか。

さらに付け加えるならば、教育を受ける一人ひとりの人間が社会的自立を果たし、よりよき存在になるために重要であるにとどまらず、社会や国の将来を左右するものであり、教育こそ人間社会の存立基盤といえるのではないでしょうか。








山本五十六が母校の長岡高等学校で講演したときの言葉を紹介いたします。

私は諸君に対し銃をとって第一線に立てとは決して申しません。
あなた方に希望するところは学問を飽くまで静かな平らかな心を持って勉強し将来発展の基礎をつくって頂きたいと熱望する次第であります。
どこまでも気を広く持ち高遠なる所に目標をおいて日本のため進んでください。

昭和14年 海軍大将山本五十六 

                       

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂  菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:13 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::学校支援 |
サニーエース除菌・消臭水(次亜塩素酸水) 超音波噴霧器




サニーエース除菌・消臭水(次亜塩素酸水) 超音波噴霧器を導入してみました。

梅雨から真夏にかけてはもちろんですが、一年を通じて各種細菌やウイルスの増殖・繁殖・臭をどう抑えるかが食品に携わる者の課題となっています。

今回当店で導入したのはサニー除菌・消臭水(次亜塩素酸水)とその超音波空間噴霧器です。









O-157大腸菌・ノロウイルス・サルモネラ属菌・インフルエンザ・風疹等のウイルスなどを不活化するとされる除菌水(次亜塩素酸水)。

説明によれば、この次亜塩素酸の除菌力はなんと次亜塩素酸ソーダの主成分である次亜塩素酸イオンと比較して80倍(理論値)になり、なんと菌類・カビ類までも除去してしまうにもかかわらず、人体には安全性の高い除菌水だそうです。






先ずは、人に勧める前に当店の作業場や店内にて試してみました。

この空間噴霧器はタイマー機能を備えた最新型で仕事終わりの夕方に噴霧を開始してよく朝方までサニーエース除菌・消臭水(次亜塩素酸水)を霧状にして噴霧してくれます。








使用してから工場の床が朝ピカピカと光っているのには驚きです。

食品工場独特の匂いもなくなりました。


もちろん毎日掃除はしていますが、小麦や油脂成分の残りが発酵していたりするんだと思いますが、このサニー噴霧器を使用し始めてからはその僅かなにおいもなくなりました。


空間の除菌にもなっているような気がいたします。







店内にも使用してみました。

木製タイルのはめ込まれた店内の床は、工場と違って毎日水で流すわけにもいかず、二か月に一回の業者による床掃除のときの水洗いでした。

来客数の増える時期や梅雨時期には毎日モップや掃き掃除をしています。

まして、食品販売ですので花粉や砂埃、害虫の侵入等を避けたいので、窓の開放を控えエアコンの24時間稼働で空調管理をしています。

そこに閉店からを翌朝の開店まで空間噴霧をしてみますとやはり店内の床が光ってきましたし、エアコンからの空調した風がとてもさわやかなことに気づきました。

これはいけるかもしれません。

これからの時期は特にですが、店舗兼工場の窓や出入り口は完全締め切りとなっていますので工場にこの噴霧器を設置すれば店内まで除菌消臭されるはずです。

そして、アルコールでは死滅しないノロウイルスやインフルエンザ対策にもなると思います。

衛生環境を整えて、少しでもお客様に快適にお買い物をしていただき、そして、スタッフにも快適環境で働いてもらいたいという思いからの導入です。







除菌力のモトは、塩酸(HCI)と次亜塩素酸ナトリウム(NaCIO)の溶液を希釈混合して生成された水pHを中性から酸性にする事により、低濃度で、強力な除菌力を持った水が生成されます。

人体に優しい安全な除菌水で、ウイルス・カビ・菌などの対策に、病院・介護施設・食品製造場・役所などの人の出入りが多い場所で広く利用されています。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:42 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
Artistes Presents Live Event 2019 in 開成山野外音楽堂 つながる ⇔ つなげる Groove on Stage





Artistes Presents Live Event 2019

in 開成山野外音楽堂

つながる ⇔ つなげる Groove on Stage




出演

『民謡ユニット 結』×『打楽器即興演奏ユニット LA SEÑAS』

KORIYAMA Ver.Members


日時:2019.7.5(金)Open 17:00 Start 18:30

★雨天時、6日(土)Open 14:00 Start 15:00

両日雨天の際には、別途日程後日発表いたします。


入場料:高校生以上¥2,000-
小中学生 ¥1,000-
未就学児 無料


★イベントで参加とされた方は、メールにて参加申込のうえ、
振込にて対応致します。artistesyokohama@gmail.com

氏名
連絡先電話番号
住所
申込チケット枚数を記載のうえ、お申込みください。
その後の手続きは返信メールにてご案内致します。
(アルチスタヨコハマのHPに問い合わせメールが書いてありますので、そちらからでも申込可能です。
上記の内容コピペしてください)






【皆できてほしい!前売り特典ご案内】
(6月25日までのお申込みとさせていただきます)

★高校生以上チケット「3枚以上」のお申込で
ご招待券1枚付き
4枚申込みなら5人で、6枚申込みなら8人でごれちゃう!

★小中学生と高校生以上チケット混合3枚以上お申込で
小中学生用ご招待券1枚付き
小学生のお子様がいらっしゃるご家庭にはこれ!

★小中学生チケット5枚以上まとめてのお申込みで
5枚あたり4,800円でご案内
10枚は、10,000円→9,600円で
小中学生中心の音楽団体やお子様が多いご家族、
お友達同士で来たい時はこれがお得!
(小学生だけでのご来場は保護者の方もご一緒にお願い致します)






人と音楽と心をつなぐ

郡山から地方へ、全国から郡山へ、

そしてミュージシャンやお客様との交流・・・

そんなことがいっぺんにできるイベント!!


♫クラシックだ、ジャズだ、ラテンだと郡山の音楽シーンも多彩になっている昨今、潜在意識にはたらきかける音楽があったら、さらに拡がるのでは、と仲間とともに企画実施のはこびとなりました。



【民謡ユニット 結】=リーダーの藤沢しげみは地元福島在住。

EMIからCDを出すなど、民謡界きっての正統派民謡歌手集団。リズミックでダイナミックな音楽と繊細に歌い上げる歌心で人気上昇中。熱い熱い民謡の音世界に耳が奪われ、
涙すら誘うステージに、「は〜よいしょっ!」とお囃子を入れずにはいられない。



【打楽器即興演奏ユニット LA SEÑAS】=ハンドサインを駆使し、打楽器で即興演奏をする人気若手パーカッショニストのユニット。

数年前のデビュー以来、クラシック界のみならず各種イベントでも大人気。創設者は、佐藤‘仙人’文弘氏。

熱狂から感動をうむステージは打楽器の魅力を存分に引きだし、楽器や音楽の枠を超越した芸術作品がステージに現れる。

現在、ラセーニャス東京、ラセーニャス大阪、ラセーニャス広島、ラセーニャス高山、ラセーニャスコレクティーヴォ(芸大生ユニット)と5ユニットが各地で活躍中。



【ドラムサークル 】=ドラム(太鼓)をサークル(円)になって叩くこと
今回のイベントでは、ご来場の皆様に参加していただくコーナーをもうけます。
このドラムサークル の方法を使って、皆さまとリズム遊びを致します♪(今回は楽器を使わず遊びます)


どんな風になるか、お楽しみ!!

年齢男女関係なくご参加いただけますので、ご家族でご友人で皆で参加してくださいね♪( ´θ`)ノ






【企画番外編】ラセーニャスになろう!!

今回のイベントポスターやフライヤーには、QRコードが付いてます。
これは、ラセーニャスを郡山で公募し、創設実装させるご案内をしております。

LA SEÑAS-Niño(ニーニョ=子どもの意味)こどもユニットと

LA SEÑAS-TOHOKU(東北全域から募集します)大人のプロユニットを結成することに致しました。

若手人材の就労支援やミュージシャンの活躍拠点増加、あらたな人脈ができることからの地域活性化、音楽活動が増えることによる地方再生などを想い描き、日本がいずれひとつになったらいいのに想いで、音楽活動盛んな郡山でやってみたい、と今回企画に踏み切りました。

大都市以外でも音楽活動ができるをテーマに、IターンUターン希望の若手音楽家にもぜひチャレンジして頂きたいです。

TOHOKU
打楽器奏者を目指す人、打楽器経験がある方で結成致します。

Niño
小学3年生から音楽経験のある、小学生で結成致します。
太鼓の基礎練から頑張るからやってみたい、というガッツある小学生も大歓迎!

詳細お問合せ、artistesyokohama@gmail.com

フライヤーにも記載ございます。


特別後援
一般社団法人 メディカルリズム協会

協力
株式会社ケンオリ

三春馬場の湯温泉「若松屋旅館」



春陽郷三春城下真照寺門前 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:20 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
沖縄黒糖くず餅 和珈琲 くず餅




沖縄黒糖くず餅 230円 税別


沖縄黒糖使用です。





金粉入りです。





和珈琲 くず餅 230円 税別










春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂





| ryuichi | 05:36 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
令和元年 三春探検 三春小学校6年生総合的な学習の時間




三春小学校6年生の児童9名が来店しました。

総合学習の時間で「三春探検・三春町マップの作成」での郊外学習です。

三春小学校の学習ビジョンにあるように、皆さん礼儀正しく、元気な挨拶をしてくれました。

三春の伝説を調べている班と、街並や地名を調べている班のご来店でした。


事前学習で、良く調べて来たらしく的確に質問をいただきます。

頼もしい三春健児たちです。







未来を担う子供たちが大人になるための「生きる力」を育んでいくため学びの場には、学校での教育、家庭での教育はもちろんですが、もう一つ地域での教育も重要です。
それぞれの教育の場がそれなりの役目を持っているんだと思っています。

自分が暮らす、地域社会の中で大人や様々な年齢の友人と交流し、様々な生活体験、社会体験、自然体験を豊富に積み重ねることが大切です。


そして、地域に住む、多くの方々が協力・連携・協働することにより、郷土三春の豊かな自然環境や歴史的環境、そして、それぞれの地域で培われてきた暮らしの知恵や文化を、子供たちを通して 次世代に伝えたい。







歴史と伝統のある三春に生きていることに誇りを持ち、未来を担う子供たちに、自らが住み暮らす三春の歴史や培われてきた文化について改めて知ってもい事を願い、このような機会を提供することで、自主独立の精神で三春の先人たちが築き上げてきた地位に対する愛着をより高めてもらいたいと考えています。

私たちは、より良い三春の構築の為に、この先人から受け継いだ三春という宝物を次代へと引き継いでいく当事者として責任を感じています。


三春昭進堂は、そんな願いを込めて学校の活動に積極的に協力する活動を進めています。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:36 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::学校支援 |
仙道軍記・岩磐軍記集




仙道軍記・岩磐軍記集

解題

「仙道軍記」は、 藤原氏を祖とする奥州二階堂氏及びその末葉である須加川氏の興亡
を記しているので、一名『藤葉栄衰記』ともいう。

著者も成立年代も不明であるが、国史叢書の編者黒川真道は「本書作者詳ならず、但奥書に〈正徳五乙未八月念八鳥試既毫於奥州山東長沼郷〉と見えたれば、正徳五年の作なることは知られたり。按ずるに本書は、二階堂の創業より筆を起し、同家滅亡に至る迄場の事蹟を恐く記したれば、恐らくは同家の遺臣などの筆に成れるもの歟。姑く記して後考を竢つ」とある。

内容は岩瀬郡須賀川の地に居城を構えた二階堂氏の始末を記したものである。初め二階堂氏は先祖の藤原為綱のとき遠江を受領し、承久の乱に鎌倉に来て評定衆となり、子孫は相ついで鎌倉に居住した。

その後裔式部大輔某は足利持氏に仕え、奥州岩瀬郡を与えられたので、一族の治部大輔某を領国に派遣し、同郡須賀川の地に城郭を構え、これを守らせた。
式部大輔 は嘉吉三年に逝去し、子の遠江守為氏が家を継いだ。
この時、治郎大輔は為氏が幼少なるを侮り、勝手な振舞があったので、為氏はついに須加川に出向いて一族の戦争となった。
治部大輔 は敗れて自害したので、為氏は須賀川に留った。

その後裔盛義は天正九年に逝去したが、跡継がきまらず、盛義の妻が宰領した。

この虚に乗して伊達政宗は奥州南部に侵入し、ついに二階堂氏を滅し、この地を領有したが、天正十九年豊臣秀吉は奥羽を鎮圧して蒲生氏郷を会津に封じ、須賀川を領有きせた。最後は秀吉の死をもって筆を置いている。

戦国期のこの地域の情勢を知る貴重資料である。






「政宗公軍記」は、伊達政宗が奥州に於ける軍事を記したものである。

内容は天正十二年政宗が十八歳で家督を継いで以来、岩代·磐城に進出して、遂に仙道七郡を制覇した次第を記し、最後は、もと二階堂氏の居城であった岩瀬郡須賀川城の石川弾正昭光が政宗に叛いて誅されることで終っている。

「仙道記』は著者も成立年代も不詳である。

内容は天正十年より始まり慶長六年に蒲生秀行が会津に入国まで、仙道(中通り)の各城主のことを中心に、この地方の戦乱を略記し、最後に奥州·会津·相馬三春の各海道及び古城の覚を記している





『蘆名家記』 は著者も成立年代もはきりしないが、慶長の初めに書かれたものと思われる。内容は天正八年、会津の守護芦名氏十六代の盛氏の死去に筆を起し、同十七年に伊達政宗に攻められて減亡、翌十八年の豊臣秀吉による会津没収に及んでいる。
この間、蘆名家の跡継ぎをめぐる家臣団の対立と伊達氏への内応の事情、それをめぐる数々の合戦を記し、戦国期の南奥羽の事情を知る数少い重要な資料である。






『伊達日記』は作者の名をとって「伊達成実記』「伊達成実日記』ともいう。

作は片倉小十郎景綱とならぶ伊達政宗の老臣伊達成実である。

彼は政宗に従って実戦に参加し、自らの見聞と体験とで書いたもので、史料的価値は非常に高く、戦国期の東北地方の情勢を知る根本史料である。
成立は関ヶ原の役のとき徳川家康と結んだ伊達政宗が、石田三成と通じた会津の上杉景勝と休戦して磐城国白石に帰った慶長五年十月で終っているから、これからほど遠くない頃だとみられる。

内容は天正十二年、政宗の襲嫡から始まり、父輝宗の死、相馬.二本松.田村の諸豪族との関係、会津の青名氏の攻略と滅亡、会津の新領主蒲生氏郷との対立、関ヶ原の役のとき会津の上杉氏との抗争など、仙道に於ける争覇が中心となっているが、芦名氏との関係記事は当事者の筆録だけに詳細である。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:49 | comments (x) | trackback (x) | 戦国大名 三春田村氏 |