CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<  2019 - 02  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




2019 バレンタインセール




三春昭進堂 バレンタインおすすめ商品



三春昭進堂新春の人気商品のコラボレーションです。



イチゴ大福 と ビター・チョコレート饅頭セット 1270円税別



ビター・チョコレート饅頭 とマシュマロセット 410円税別


単品チョコレート饅頭 150円税別








春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 12:59 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
【全国あげものサミット FINAL】




【全国あげものサミットFINAL】あげものサミット前売りチケット(食券)について

揚げ物ブースでは、現金でのお取り扱いはしておりません。

チケットで販売となります。


前売りチケット販売

1組1,000円(100円券10枚つづり)

※ 告 多くのお客様からの問い合わせがあった「 あげものサミット」前売りチケット販売所に関するご案内です。

あげものサミットの公式チラシや三春町づくり公社観光部ホームページ等には、前売りチケットは三春町商工会窓口のみの案内ととらえられるような表記となっていますが、前売りチケットの販売所は商工会以外にも下記の三春スタンプ会役員の店舗でも販売しています。


あげものサミット公式ホームページは、現時点H31.2.14では昨年のままですので三春町商工会あげものサミット及びみはるスタンプの事務局へ問い合わせください


まもちろん、三春スタンプ会満点カードでも購入ですます。

土日営業の店舗もあります。

チケット取扱店舗

伊藤精肉店 大澤園· かねい呉服店 ·カネサン書店 ·こがね屋 ·国分酒店 ·三春昭進堂 ·なかや ・花かご ·三木屋 ·三春写真館 ·三春の里田園生活館 

·三春町商工会(現金購入のみ)


尚、三春スタンプ会三春カード満点カード一枚で前売りチケット一冊と交換イベントを開催する。

2月13日から販売開始

使用期限の4月30日といいうも、あげものサミット当日以外に、販売日より、チケットを三春スタンプ会加盟店で使用できる使用期限です。

訂正および追加記載願います。



<問>0247-62-3523(三春町商工会)


大抽選会

チケットの半券2枚で、抽選が1回できます。

あげものサミット開催期間中、東邦銀行三春支店駐車場にて行います。







会場周辺は駐車場がありませんので、三春町運動公園(町営グラウンド)より運行する無料シャトルバスをご利用ください。


三春町運動公園 ⇔ あげものサミット会場(往復)

乗車料金 無料

駐車場
三春町運動公園(三春町大字貝山字泉沢100) 【駐車料金】無料


| ryuichi | 05:11 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
「町の人から教わろう」 三春小学校3年生   三春昭進堂主人 髙橋龍一  於平成31年2月12日三春小学校



三春小学校より、三春小学校3年生の総合的な学習の時間での授業「町の人から教わろう」に、 講師の意頼があり、お話しをしてまいりました。



かつて、私たちが子供の頃、三春の先輩方から様々なことを教えていただき学んできました。

この恩返しになればいいなぁと考えながら、三春の和菓子、そして身近な歴史や伝説などを話をさせていただきました。

そして、自分に自信を持ってもらうには、自分を自分自身が大好きになってもらいたい。

“自分の家族”、そして自分が住む地域もです。

その為には、自分の足元である生まれ故郷三春を好きになってもらう必要があります。

これは生涯教育、そして今話題の100年生涯の分野にも言えますが、まず子供のころからの自己肯定型の学習が必要なんだろうと思います。








未来を担う、三春の後輩たちの”学び”に、少しでもお役に立てればいいなあと思います。

今後も三春城下で商人として様々な学習活動へ支援していきたいと考えています。


下記はそのレジメです。


資料として、当店発行の「塵壺」と平成版三春城下絵図「三春物見遊山」を児童数分持参し配布しました。








「町の達人に学ぶ」 三春小学校3年生   三春昭進堂主人 髙橋龍一  
於平成31年2月12日三春小学校

・三春城下の和菓子屋 

三春城下町にはお寺が多い。

有名なお坊さん

・戦国時代田村氏 ―・福聚寺物外和尚・雪村和尚

・江戸時代初期松下氏 -・天澤寺曹洞宗本山総持寺貫主輩出・

・江戸時代秋田氏 -・高乾院月船和尚・

・戦後・州伝寺 太地玄亀和尚 弟子主体で本堂再建 一億円

・弟子200人や檀信徒3000人参詣

・宿坊が多い荒町、精進料理豆腐・お茶・そして和菓子。

・昭和30年代・菓子屋・パン屋 21軒。豆腐屋18軒。お茶屋15軒。


・おたりまんじゅう

三春城下中町にある本陣本店の「本陣醤油」と北町にある中屋の「三春みそ」が練りこんである。- 三春の味 地元の味

原材料を国産にこだわる。

食の安全=兵庫の小麦、北海道の小豆、長崎五島列島のにがり塩

手作り・一日6000個 機械があるがー大手との差別化


商売とは

一寸法師はなぜ大きな鬼に勝てたか?

小さな針の先端にすべての力を注いだ

小さなお菓子屋が大手と勝負する 一つのことに特化する


三春での商い

・滝桜 毎年春には日本中(世界中)から脚光を浴びる 

・三春を宣伝すれば、三春の饅頭屋として知ってもらえる。 

・塵壺・物見遊山・ホームぺージ 最高の営業マン・最大の武器







三春の歴史

・戦国時代 田村氏=三春築城・磐城(がんばん)の城

・安土桃山 会津蒲生代官 商人

・江戸初期・松下氏=三春城下町整備

・江戸中期 秋田氏

三春城下 ― 郭堺黒門 ― 三春城内 

町割り木戸 ― 町割り区分 ― 夜間通行禁止 ― 夜間の集まり禁止

武家娘 ― 一人や娘だけのでの外出禁止 冠婚葬祭・お墓参り・祭礼・

農村 ― 庚申講・お伊勢講・熊野講・おかま講 夜間の行楽


三春小学校 御殿・政務所 能舞台

北町天神様・三春城内にあった とうりゃんせ♪~川越城  

太鼓堂(三春小学校北側山頂)-愛宕神社階段途中に移設

・愛宕神社本殿-三春小学校奉安殿(教育勅語・天皇のお言葉)

・鐘撞堂(田村大元神社麓) 三春城三ノ丸


田村大元神社にまつわる怖い話

・戦国末期・伊達派・相馬派・家中2分=田村家の存亡―世情不安

・大元帥明王社(現田村大元神社)- 

・不慮の死・田村清顕の亡霊 

・生首浮遊 藁人形 お百度参りの妊婦が殺された 伝説

・伊達藩に吸収―250家の11家 農兵分離以前の思想 土着


お城坂

・旧三春藩秋田家上席宿老(家老)山舘秋田氏の家老屋敷跡 

・猫塚 己丑(つちのとうし、きちゅう)2月6日 お城に向かって建てられていた。

・猫を弔っている 

・しだれ桜・土留め がけ崩れ予防


三春化け猫伝説

・天明の三春大火 三春城下の大半が焼けた

・家督争い 家老・荒木氏の役宅ががけ崩れ 一家即死
 
 徳川幕府幕閣から、町方まで巻き込こんだ三春藩の御家騒動で、三春藩主継嗣問題に端を発し、家老荒木玄蕃高村および四代藩主秋田頼季(玄蕃の子)の閉門となり、「三春猫騒動」にまつわる正徳事件・享保事件。


家老荒木内匠は、世継ぎとなりうる幼君を亡き者とし、我が子を藩主に据え藩の実権を握ろう企んでいました。

しかし、幼君の傳役滋野多兵衛にその野望を阻まれた、やがて滋野は荒木によって無実の罪をきせられ、大町紫雲寺の境内、白梅の木の下で切腹させられ、傍らにいた猫が怨霊と化し、間もなく野望を果たした荒木に祟るようになったと云います。

今も紫雲寺に、残る滋野多兵衛の墓には、猫の怨霊に苦しめられた荒木が、槍で突いたという傷がのこっています。

又境内の白梅は紅梅に変わり、猫の怨霊は、約七十年後の「天明の大火」の時再び登場します。

天明五年二月、八幡町より火の手が上がり荒町、高乾院・荒木家の墓を焼払い、北町を駆け下り、舞鶴城御三階を炎上させました。
その後も火の勢いは衰えず、大町から南町そして新町へと軒並み家屋を灰にしていきました。

時の藩主秋田千季(荒木玄蕃の孫)三春教北町口黒門(現三春分署)へ消火指揮に出向いたが火災が迫り、新町の真照寺へ避難するために向かう。
しかし、炎は殿様を追うかの様に勢いを増し南町、山中、新町へと向かった

真照寺住職が門前まで迎えに出たところ、殿様の後ろに猫の怨霊が見え、袈裟の袂で殿をかばい隠すようにして寺へ向かい入れました。

火勢は、今の昭進堂の場所で、三春全域を焼き尽くした火災は、鎮火したと伝えられています。

大火後も猫(滋野)の怨霊に夜毎魘された千季公は、真照寺へ、弘法・興教両大師像の中に紫雲寺で切腹した滋野多兵衛の位牌を入れて納め、怨霊を鎮めたといいます。

三春城本丸跡に石垣を備えた秋田家先祖の慰霊碑があります。
この石垣の部分は明治初年、三春藩解体時に浪岡家当主浪岡季令氏が中心となって建立したものです。










春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:31 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::学校支援 |
三春藩主秋田家祈願所「日乗山真照寺」初寅祭典 2019




三春藩主秋田家祈願所「日乗山真照寺」初寅祭典

先(2月10日)、江戸期の三春五万石藩主秋田家の祈願所である「日乗山真照寺」では、初寅祭典が開催されました。

旧暦の初寅の日が2月10日となっています。

この日が、今年初めての“寅の日”と云うことで、この日を初寅祭典となり、“寅の日”は「毘沙門天(多門天)」の縁日とされています。








当三春昭進堂髙橋家は、先々代の祖父より門前の信徒として初寅祭の世話人を務めておりました。

先代である父、そして、私と三春昭進堂の当主としてその世話人の職責を引き継いだ次第で、初寅祭に出頭いたしました。


毘沙門天は四天王の一人で、北方を護る神様で東北の守り神とされ、商売繁盛・家内安全・長寿・勝運など様々な御利益がある神様です。









この日に真照寺の毘沙門天に参拝すると、毘沙門天の無量の大福を授かることができるとされており、毎年初寅講中の各地区世話人の方々を中心に多くの檀信徒の皆様が多く参詣されています。







初寅とは、12日ごとに来る「寅の日」のその年の最初に来る日を「初寅」といって、虎(寅)は「千里を行って千里を帰る」特別な力を持つとされ、吉日の中でも最も金運に
縁がある日として、「金運招来日」ともいわれていると伝えられています。








特に、今年最初の寅に日である“初寅”は毘沙門天とご縁が結びやすいと言われています。






真照寺山内の古四王堂内にあった毘沙門天尊は、身にまとった甲冑は守護神であることを意味し、左手の宝塔は仏教の教えを、右手には宝物を出す如意宝棒(にょいほうぼう)を持ちます。

この毘沙門天は、「福徳毘沙門天(ふくとくびしゃもんてん)」と云われ“福徳”を司る神様で、七難を避け七福を与える北方の守護神で闘神としても厚く信仰されています。


上杉謙信も、毘沙門天を信仰していました。

戦いの際に使っていた旗印は刀八毘沙門の「毘」一文字の旗は「戦の加護と勝利」を、そして、懸かり乱れ龍の「龍」一文字の旗は敵に総攻撃を仕掛ける時に本陣に立てられました。

尚、「龍」の文字は不動明王を表しているそうです。



この日は、古四王堂を模した本堂内の安置場所から、本堂中心の須弥壇に安置されます。








法要では、三春城下清水の天澤寺新保住職、そして、須賀川白山寺松木住職を副僧に迎えて、j商売繁盛、家内安全等々の諸願成就の護摩焚き御祈祷があり、梵天にて参列者をお祓いしてもらいます。

このとき梵天を授けていただき(手で引っこ抜く)、お守りとします。






そして、直会。








旧三春藩五万石秋田家主祈願所真照寺山内にある「古四王堂」の東日本大震災による被害からの復興再建工事が完了しました!




かつては「大日堂」そして、「古四王堂」として信仰を集めていました。 



堂内の須弥壇には、大日如来像と四天王・東の持国天,南の増長天,西の広目天,北の多聞天 (→毘沙門天 ) がありました。


大日如来像は、現在はありません。


他の四天王は本堂内に保管されています。







足場も、この30日には撤去され2月3日の初寅会に間に合いました。

そして、来月の引き渡しを待つばかりとなりました。








古四王堂


古四王堂は、鎌倉期から戦国末期にかけて「日ノ本将軍」「蝦夷探題」として青森から蝦夷にかけて覇を唱えた海将阿倍安東氏の直系三春藩主秋田氏が、三春国替えの際に祈願寺真照寺とともに建立したものです。

本拠地である青森十三湊時代は、出羽柵(後に秋田城)に近く、城の守りとして創建されたと見られる四天王寺と習合し、中世を通じて古四王大権現として崇敬されていました。









春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:20 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主祈願所 真照寺::節分会・初寅会 |
第三回 三春込木寄席 (みはるくぐりきよせ) のチケットが出来上がりました。




第三回 三春込木寄席 (みはるくぐりきよせ) のチケットが出来上がりました。


“三っつ笑って 春が来る!”

日時:2019年3月2日(土) 開場 16:30 開演 17:00

場所:三春町込木集会所

木戸銭:1500円 


終演後、別途参加費1,000円で懇親会があります。(19時頃より)



時間の関係で、落語だけでもです!






昨年に続き、第三回 三春込木寄席を開催!

千の酒を飲む男の異名を持つ、真打・【春風亭傳枝(しゅんぷうていでんし)】師匠が、今年も三春に笑いを届けます。







手作り感満載の寄席です.

文化センターのホールとかでは味わえない距離感が売りです。


懇親会では、当地の銘酒・三春駒飲み放題。(軽食あり。持ち込み大歓迎!)









場所が場所だけに車でのご来場になり、飲酒は難しいかもしれませんし、駐車場も限りがありますので、
じゃんけん負けた方がドライバーとか、乗り合わせの上、ご来場くださいますようお願い申し上げます。


皆様のご来場をお待ちしております。



真打の落語家と楽しく語らいましょう!





場所 込木集会所

住所:三春町込木字宮ノ下330






連絡先:

武田泰夫 090-3643-5336

青木雄司 090-3682-8488

三春昭進堂 0247-62-2272




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:59 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
きのこ集団Protomass第五回公演 『なんでもない、なんでも......』 


当家の次男坊成知(なりちか)が座長を務める演劇集団です。


きのこ集団Protomass 第五回公演

『なんでもない、なんでも......』



会場:福島県 郡山市公会堂


公演日:3/9(土)、3/10(日)


開場17:45 開演18:15


脚本・演出 髙橋 成知


きのこ集団Protomass

役者

会議者1:佐藤 夢子

会議者2:渡邉 麗奈

会議者3:東洲斎 竹蔵

会議者4:圓谷 颯

会議者5:髙橋 成知

偽蜂駆除業者:櫻井 孝樹

妨害者:新良貴 飛梁

付き添い:たつろう

裏方 制作:櫻井 孝樹

進行管理:佐藤 夢子

舞台監督:稲田 清香

音響:二瓶 碧

照明:飛田 ことみ

宣伝美術:大江 優花

裏方補佐:熊田 康太


あらすじ 自殺件数の増加に悩むとある地区。 この問題を解決すべく住民による会議が幾度も行われたが、話し合いはいつも上手くいかない。 蜂駆除業者の謎の自殺を契機に、会議が再び行われることになった。 しかし、話し合いにおける奇妙なルールや予期せぬ訪問者の登場により、 会議者たちは困惑を隠せずにいた。会議が進むにつれて、困惑は更に深まり続けるばかりで...
他人を理解するには、嫌気がさすほど自分自身に苦しんでいなければならない。というのも、こういう嫌気は健康の兆候であり、自分の悩みに囚われないための必要条件であるから。 ―エミール・シオラン








公演日時 2019年 3月 9日(土)【開場】17時45分 【開演】18時15分

2019年 3月 10日(日)【開場】17時45分 【開演】18時15分

公演場所 郡山市公会堂(所在地:福島県郡山市麓山一丁目8-4)

アクセス バス:JR郡山駅より「図書館前」「麓山一丁目」下車

徒歩:JR郡山駅より約20分

料金 【事前予約】

一般:1000円,高校生:500円,中学生以下:無料

【当日券】
一般:1300円,高校生:800円,中学生以下:無料




きのこ集団Protomassとは、日本の新人演劇集団。
2015年冬、福島県郡山市の高校演劇部有志を中心に結成し、2016年5月『出口はどこかにある』(作・演出:髙橋成知)で旗揚げした。
福島県郡山市を中心に活動しているが、仙台や横浜、京都でも上演したい、という思いを胸に日々惰眠。


春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:36 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
三春城下暖冬なり~ 三春昭進堂白梅開花!





一昨日、当三春昭進堂の真照寺参道沿いにある坪庭に植えられた「蒼龍梅」と名付けた白梅が一凛花を咲かせました。


旧セリ市場に面した南側に植えられています。


日当たりがよく、常に蒸気が出るダクトしたという好立地ですので、城下の他の梅よりはいくらか早い開花ですが、あまりにも早すぎます。








例年ですと春彼岸近辺の開花ですが、今年は暖冬の影響で例年よりひと月半、暖冬だった昨年に比べても一か月くらい早い開花となりました。


先の真照寺節分会での雪がなく小雨混じりの豆まきといい、異常気象となっているのでしょうか?






こうなると、真照寺の水芭蕉の開花、そして、滝桜の開花時期が気になります!







滝桜はただいま養生中!


古い枝の選定や害虫駆除の真っ最中です。







春にはきれいな花弁をつけることでしょう!



昨年は、最速の開花ということでしたが、今年は・・・・?



三春の和菓子屋とすれば一番気になるところです!



春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:20 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |