CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2018 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




クリスマス・錦玉菓子「クリスマス・ゼリー」 370円税別




クリスマス・錦玉菓子「クリスマス・ゼリー」 370円税別







ゼリー風味の寒天でクリスマスを表現してみました。







クリスマス時期限定販売商品です。







三春昭進堂のクリスマススペシャルケーキ!

5号生クリーム・チョコ生(4名様用)イチゴ5個 3000円税別 

6号生クリーム・チョコ生(6名様用)イチゴ7個 4000円税別   

7号生クリーム・チョコ生(12名様用)イチゴ12個5000円税別

8号生クリーム・チョコ生(18名様用)イチゴ15個6000円税別

6号 イチゴスペシャルサンド生クリームイチゴたっぷり6000円税別

ご予約をお待ちしています。





春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:37 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
三春城下新町の歴史的背景(成り立ち)とかつての様子





三春城下新町の歴史的背景(成り立ち)とかつての様子

寛永5年に『松下』氏が三春城主になり、17年の間三春領内を治めます。

この時に城の普請にも力を入れ、三春城が一番荘厳で、この時代の町割りでは現在の新町は『足軽町』といわれていました。

その後、新南町と変わり、江戸後期の秋田藩藩政下で現在の"新町” となりました。

ちなみに、この当時、“新町” という漢字は、現在の荒町に付けられており、"新町(あらまち)” と呼んでいたと考えられます。

また、三春城下のまちづくりは、大町·中町を中心にして、現在の荒町、そして新町へとその整備が進んでいきました。








新町の巻

昔から、山中、新町、清水を総称して、新町と呼んでいた。

山中の名は、田村清顕が、天正年間に大元帥明王社(現田村大元神社)を舞鶴本城から現在の地に移した時、守山の大元帥明王社(現田村大
元神社)の鎮座地名「山中」をそのまま呼ばせたのに始まっている。

山中の入りロ、桜川岸にO家があり、その垣根に狐石というのがあった。
この石に小便をすると、馬鹿されると伝えられていた。

山中から清水にかけては侍屋敷、新町は商家と区分された形だった。







大元帥明王社は三春秋田藩五万石総鎮守で、旧藩時代までは6月14日から3日間の祭典が行われ、藩主催で5万石領挙げていかめしく執行されたという。






真照寺、州伝寺、天沢寺も昔のまま、真照寺の古四王堂毘沙門天、州伝寺の一時地蔵尊、天沢寺の身代り地蔵尊、それぞれの緑日の祭りが賑やかだった。








家畜セリ場は、藩政時代から馬市、そして牛市で栄えたが今はありません。

三春駒の名と共に、江戸時代から売春防止法の実施まで、長期に亘って繁昌した色街旧庚申坂、そして、弓町新地新庚申坂は見る影もなく衰え、僅かに残る格子戸に昔の面影をしのばせている。





新町の町はずれには、化粧坂・庚申坂があり正徳の六地蔵の一体が鎮座しています。

清水の方は、今もいくらか侍屋敷の面影が残っている。

天沢寺下、秋田斎(いつき)5 00石の家老屋敷があったという。

この外、入清水まで、大小の家中屋敷跡が並突んでいるが、家主は大体変ってしまった。

かつての町営プールのある処(現作業所でんでんむし駐車場)は、明治の初め頃までは、田村産馬組合が創立事務所を置いた場所である。






春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:49 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下新町 |
三春町各宗派仏教和合会の平成30年歳末托鉢




三春町各宗派仏教和合会の平成30年歳末托鉢

平成30年12月5日(水)午前9時より

三春城下各町内ではじまります。







三春城下にある11ヵ寺のお寺さんが集う三春町仏教和合会。

各宗派を超えたお寺さんの会で、毎年、5月5日の端午の節句である子供の日に行われる稚児行列、そして歳末助け合いへの浄財を集めるために、和合会加盟のお寺の和尚さんたちが、年に二回の托鉢を行っています。


春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:43 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
「立川幸之進独演会」ブリキ落語ナイト〜 笑い一杯 はら一杯!




「立川幸之進独演会」ブリキ落語ナイト〜 笑い一杯 はら一杯!

三春城下中町 カフェ・ブリキイヌにて開催された「立川幸之進独演会」


独快亭来歌さんからのお誘いです。







今回は独快亭来歌こと田部先生と三春城下中町のカフェ・ブリキイヌさんがタックを組んでの開催です。







丁度この日はこおりやま落語愛好会肝煎の鬼生田さんが富久山自動車学校で行っている「二つ目の会」があり、その足で三春での落語会となった次第です。


宿泊は、田部先生宅。


高座では二席~


「寄合酒」

そして、「岸柳島」


大笑いさせていただきました!

面白かった~







打ち上げは、ブリキイヌさんの美味しいお料理とお酒!美味しく頂きました。

さすが三春城下の人気スポットです。











立川幸之進さんは現在二つ目で島根県は出雲国松江の出身です〜〜

立川吉幸さんの弟子です。






打ち上げの時に同じテーブルにご一緒させていただき、落語家になった経緯を根掘り葉掘り伺ってみました。

立川流は、いわゆる定席(新宿末廣亭・鈴本演芸場・浅草演芸ホール・池袋演芸場)へ出演ません。

それを承知で立川吉幸さんに弟子入り。







「故立川談志師匠の本流とされる談春師匠、その弟子の吉幸さんの話芸に惹かれ、一番弟子が良いと〜〜」サラッとおっしゃっていました~

そして、立川流では二つ目になっていましたが、談春師匠が立川流を退会し落語芸術協会に入会します。

この時、立川吉幸さんと共に、芸協入りに際し改めて前座修行を課されており、吉幸さんは1年間、幸之進さんは2年間を前座として過ごします。

これはよっぽど落語が好きでなければ出来ない代物ですねぇ。






落語会は師弟関係です。

前座には前座の務めがあり、二つ目には二つ目の、そして、真打にはてな具合です。

それを師匠はちゃんと見ていて昇進と共に対応が変わってくる。

そして、自信も昇進と共にそれまでの経験が無駄ではなかったことを思い知らさせると話していただきました。


これは、島根浜田の観音寺の方丈様に教示される「禅寺の修行と師弟関係」に相通ずるものがありますね。

島根繋がりの不思議なご縁を感じました。







打ち上げの二次会は、おなじみの寿司「大音」






二ツ目
出囃子 関の五本松
芸歴
平成10年 島根県立松江東高等学校 卒業
平成14年 広島国際学院大学 中退
平成16年7月 立川談幸に入門「松幸」
平成23年4月 二ツ目昇進「幸之進」
平成27年4月 落語芸術協会入会
平成29年3月中席まで前座として務める







翌朝、幸之進さん、独快亭来歌さんにご来店いただきました。


春の観桜三春寄席での高座を楽しみにお待ちしています。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:16 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「金粉入り黒豆いっぱい」  一個 300円 税別





「金粉入り黒豆いっぱい」  一個 300円 税別






年末年始のご挨拶に彩を添える、三春昭進堂の和菓子たち

「金粉入り国産黒豆いっぱい」です。

国産の黒豆をぎっしり詰めてゼリー寄せてみました。

表面には金粉を散らせてアクセント!










年末年始のご挨拶にご用命ください。

同じパックでの販売になりますが、

「一輪櫻花入りの桜プリン」 一個 230円 税別

「白いコーヒープリン」  一個 230円 税別


も取り揃えています。 



三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:12 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
ブリキ落語ナイト〜 笑い一杯 はら一杯!「立川幸之進独演会」 



三春城下中町 ブリキ落語ナイト〜 笑い一杯 はら一杯!

「立川幸之進独演会」

日時 11月29日(木)
午後6時30分開場
午後7時開演
高座終了後 ディナータイム

場所 三春城下中町 カフェ・ブリキイヌ

木戸銭 飲み放題おつまみ付 1人5000円

独快亭来歌さんからのお誘いです。

立川幸之進さんは現在二つ目で出雲松江出身です〜〜


真打目前に人気若手落語家です。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:24 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
三春町消防むらさき会の平成30年度定例会




三春町消防むらさき会の平成30年度定例会が、三春馬場の湯温泉「三ツ美屋旅館」にて開催されました。


私も三春分団の元分団長として案内が届きましたので、喜んで出席させていただいた次第です。


来賓として三春町長、町議会議長、郡山消防行政組合田村消防署三春分署長のご臨席のもと開催です。


このむらさき会は、三春町消防団分団長経験者及び総務課長経験者で構成された会員同士の親睦と無火災を祈念する会です。







この日も、約40名の会員の方々が出席されていました。


三春分団のむらさき会会員も、山三商店の渡辺正恆さまを筆頭に8名の参加です。



また、私の同期の方々も3名出席されており、交友を深めたところです。









火の用心をお願いいたします!



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:40 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |