CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




『幽幻廃墟』 写真家・星野藍 三才ブックス




『幽幻廃墟』

友人の写真家・星野藍さんによるによる初の本格廃墟写真集です。

先日も、三春城下弓町にある新庚申坂遊郭の一軒の廓が解体されたことを伝えましたら、お盆の帰省を利用して撮影にやってきました。

廃墟マニアでもある星野藍氏。

この『幽幻廃墟』は、昨年夏に発売以来人気を博しています。


もちろん店内の休憩場所にも置いてあります。

国として認められず、紛争により廃墟ばかりが残った未承認国家。

何もなく、何かがある…幽幻たる風景に出会う旅。

チェルノブイリ原子力発電所の事故やソ連崩壊の余波で生み出された黒海周辺の国々
ウクライナ・アルメニア・アゼルバイジャン・ルーマニア・モルドバ・
トルコおよび未承認国家(ナゴルノ=カラバフ、アブハジア、沿ドニエストル)などに存在する大規模な廃墟都市。

それに、中国・台湾・韓国・日本の物件も収録しています。

夢とも現実とも区別の付かないような幻想的で不思議な空気をまとった廃墟の数々を紹介しています。








■名前/星野 藍
■職業/グラフィック&UIデザイナー。写真家。書道家。イラストレーター。
■出身地/福島県
■好きな色/黒、赤、銀、金、青、白
■好物/うに
■武器/EOS1V、5D-mark3、αNEX、M42、P6他色々

■写真、書道、茶道、香道、花道、読書、旅、料理、朱印収集等が趣味です。好奇心に実直に動きます。
考えるよりも先に、足が動くタイプかもしれません。恐らく酷い放浪癖があります。
旧ソ連・未承認国家・日本の廃墟、世界の廃墟に反応します。実は書道の師範です。








■活動記録等…

展示
2009.12…12/12展参加
2011.02…合同鉱山廃墟写真展「夢の痕に見た鉱景 ~鉄の巨人と白妙の庭~」開催
2012.12…2012/12/8展参加
2013.04…廃墟展6参加
2013.05…合同写真展・花景参加
2014.03…3/24-4/6「廃墟展7」参加
2014.04…4/29-5/4「女蝶標本」モデルとして参加
2014.08…8/2-8/8 Art Baboo146 ~廃墟写真展「忘れられた街」~参加
2014.12…1213展WEST 参加
2015.03…3/21-29、個展「徜境 SHOKYO -チェルノブイリ in 福島-」開催
2015.08…8/12-15、「原発と人間」市民フォーラム(パートⅢ)どうする!自然・いのち・くらし~会津で語り合う未来~にてチェルノブイリの写真展示
2017.08…8/2-10、EIZOガレリア銀座 個展「チェルノブイリ・邂逅」開催
2017.12-2018.01…キヤノンギャラリー 個展「コーカサスの虜」開催


イベント
2013.05…東京カルチャーカルチャー 廃墟バトルロワイヤル出演
2015.02…高円寺パンディット 扇風機評論家・星野祐毅大聖誕祭2015 出演
2016.02…高円寺パンディット 扇風機評論家・星野祐毅大聖誕祭2016 出演
2017.09…Live Wire 幽幻廃墟出版記念イベント 出演
2017.10…ロフトプラスワンウエスト 幽幻廃墟 – 未承認国家から日本まで 幽幻なる景色を求めて - 出演


メディア・出版 他
2010.02…廃墟賛歌 鉄道廃線浪漫 ~風の声、時の音~ リーフレットデザイン
2011.06…廃墟写真アプリ「mori-廃墟を憶う-」配信開始
2012.01…小串鉱山の沿革と現在・これから =写真画像による講演= 写真提供
2012.11…11/7創刊・実話レイジにて廃墟写真特集「廃墟綺譚」掲載
2013.09…9/23発売・ワンダーJAPAN 日本の不思議な《異空間》800 掲載
2013.10…10/20発売・写ガールVol.18鈴木文彦PRESENTS SHA-GIRL'S NEXT DOOR掲載
2013.10…世の漆黒-トキノシッコク-様新譜「至白へ帰す遥かの香花」写真提供
2013.11…iPhone・iPadアプリ「仏像でGO! 如来編」題字の書
2013.12…世の漆黒-トキノシッコク-様新譜「スカーレット-581486956803-」写真提供
2014.03…2/25発売・月刊宝島 2014年4月号 福島・20km圏内の写真・文章掲載
2014.04…4/2-4/6 中筋純写真展「チェルノブイリ・福島」フライヤーデザイン
2014.04…4/25-4/30 「チェルノブイリに捧ぐ PRAY FOR CHERNOBYL」 フライヤーデザイン
2014.04…カメラマン 2014年5月号 掲載
2014.08…世の漆黒-トキノシッコク-様新譜「Film.3 穏やかに朽ちる太陽は夏の陽炎の中で」写真提供
2015.01…1/20発売・写ガール Vol.23 掲載
2015.02…カメラマン 2015年 3月号 掲載
2015.07…WELTGEIST FUKUSHIMA 2015年7月発行 夏号(通巻3号)掲載
2016.02…福島第一原発周辺街の5年間を切り取った写真集・かさぶた 福島 The Silent Views原稿寄与
2016.06…黒沢 永紀氏著書『東京ディープツアー 2020年、消える街角』書籍デザイン
2016.08…八画文化会館『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』上梓
2016.10…フジテレビ めざましテレビ『ココ調』廃墟特集出演
2016.11…BS日テレ『中川翔子のマニア★まにある』出演
2017.03…ラジオライフ2017年5月号 掲載
2017.07…ゴリラクリニックdig にて記事掲載開始
2017.09…街歩き型オーディオガイドアプリ「Pokke」 にてガイド配信開始
2017.09…三才ブックス『幽幻廃墟』 上梓
2017.12…月刊カメラマンより2018年カレンダー『コーカサスの虜』発売


| ryuichi | 04:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
平成30年の十五夜、中秋の名月は9月24日(月)



平成30年。

今年の十五夜、中秋の名月は、9月24日(月)となります。



尚、十三夜は、10月21日(日)です!







十五夜月見団子 9月23日(日)と24日(月)の2日限りの限定販売となります。






”すあまの十五夜月見団子”

すあま十五夜月見団子 大 750円 15ヶ入

すあま十五夜月見団子 小 250円  5ヶ入







十六夜(いざよい)、立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、臥待月(ふしまちづき)、更待月(ふけまちづき)等々、月が出るのを待っている様を形容した呼び名が示すように、昔の人も月には不思議な力を感じていたのだと思います。







お月見の原型は、月待信仰にあるといわれています。

三春でも農村部にある寺社に、月待講を表す石塔や石仏がありますが、供物を備えて月の出るのを待ち、月を拝んで飲食を共にするという行事を行う女人講が中心となって行っていました。







春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:21 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
小山実稚恵 ピアノリサイタル 三春交流館「まほら」開館15周年記念事業




三春交流館「まほら」開館15周年記念事業

小山実稚恵 ピアノリサイタル

開催日:平成30年10月14日(日曜日) 15時00分から16時30分

会 場:三春町交流館「まほらホール」


入場料:一般2,500円 高校生以下1,000円(当日各500円増) 指定席






小山実稚恵さんは、平成29年秋の褒章において「紫綬褒章」を受賞されました。

この賞は科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた個人に授与されるものです。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:26 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
三春町勤労者互助会のレクリエーション




平成30年度三春町勤労者互助会のレクリエーションがあり、家族で参加してきました。


恒例となった三春の里でバーベキューと花火です。


カネサン書店社長の渡辺康人会長の乾杯でスタート!



この勤労者互助会という組織は、町内の未組織(労働組合の組織されていない)事業所に勤務する勤労者(パート含む)の福利厚生の増進を図ることを目的として組織された団体で、役場内に事務局が開かれています。





事務局におかれましてはお世話になりました。

お蔭さまで子供たちも大喜びで”楽しい夏の一夜”を過ごすことができました。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:42 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
秋彼岸のおはぎ ご予約承り中



三春昭進堂では、彼岸の入りの日、9月20日(木)より、中日の23日(祝・日)まで、秋のおはぎを販売いたします。



こしあんこ、黒すりゴマ(粒あん)、こがし黄粉(コシあん)の3種類をご用意。

一個120円です。

ご予約をお待ちしています。






さすがの暑さも衰えを見せ始めて、ことに彼岸間近ともなれば朝晩めっきり涼しさを覚えます。

また、この頃になると朝夕の風の涼しさに夏も終わりだなという安堵と一抹の寂しさを味わうことになりますよね。

さらに、秋虫の声が秋の訪れを決定的に秋の訪れを感じさせてくれます。





秋彼岸。

秋分の日(今年は9月23日)を中日として、 その前後の3日を合わせた7日間を彼岸と言います。

仏教では、生死を分ける三途の川を渡って到達する悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といい、その対面である私たちがいるこの世を、迷いや煩悩に満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って 昼と夜の長さがほぼ同じになります。





迷いと悟り、この世とあの世、現実の世界と理想の世界の接する日でもあります。

そこでこの中日には浄土に生まれた先祖をしのび、今日ある自分を育ててくれた先祖に感謝し、自らも彼岸に到達できるように精進することがすすめられている日です。








焼饅頭も承ります(写真は要予約の200円焼饅頭)





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂




| ryuichi | 05:11 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
粟島 新潟下越 雄大な自然と、穏やかな時間に包まれて…




新潟県の沖合、佐渡島の北にある粟島。

下越村上市岩船港から35km、日本海に浮かぶ周囲23kmの小さな島です。

東海岸の平坦な海岸線に対して、西海岸は奇岩が立ち並ぶ断崖になっています。







三春町新町の桜が丘にあるレストラン「プワール」の調理長はこの粟島出身です。

先日所くじに行った際に粟島の観光パンフレットをいただいてきました。


調理長の実家は民宿「みなとや」を営んでいます。

粟島食材を光らせる料理人の宿として知られています。



パンフレットを見ますと、
島外で30年以上、割烹やちゃんこ料理店で経験を重ね故郷粟島に戻ってきました。活き造りから素材を生かした料理まで、粟島の食をお楽しみください。
鶏ガラと香味野菜を10時間以上煮込んだ“特製ちゃんこ鍋”はみなとや自慢の逸品です。ぜひご賞味を。<要予約>

もちろん釣り船も所有です。






この日本海の荒波に削られてできた粟島の複雑な岩礁は、多くの魚たちの絶好の棲家となっており、岩場も多く、釣りのポイントは無数にあります。
磯からでも真ダイなどの大物が狙えるのが、粟島の釣りの醍醐味です。
もちろん、砂浜からのキスの投げ釣りなど、ファミリー向けポイントも多数あります。









最近、テレビの旅番組でたびたび取り上げられている粟島

是非行ってみたい島です。

日本海の魚!うまいんでしょうね~









春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:18 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
スリランカの村にあるお寺に幼稚園を作る為のご協力をお願いします。




女房方の実家である島根県浜田市に帰省の折には目の前にある曹洞宗紅蓮山観音寺の花吉老師の下でプチ参禅をさせていただいています。

参禅させていただいている島根県浜田市にある観音寺にて、毎年お盆に開催される施食(餓鬼)供養法要があります。
私は和菓子屋という仕事柄、お盆は繁忙期のために出頭することはかないません。








今年は、その法要の最後に、スリランカ・テーラワーダ仏教僧侶のスニータ長老に、仏教における施餓鬼供養の起源について、観音寺の檀信徒の皆さんに法話としてお話しして頂きました。


最後にスニータ長老が、みなさんにお声をかけて、集まられた檀家の皆さんで一緒に、生きとし生ける一切の存在の平安を静かに祈り、とても清らかな空気に包まれて施餓鬼法要が終了致しました。







ご縁があり、以前ご一緒に参禅させていただいた野原眞承和尚

眞承和尚は現在、同じ浜田市の三隅町にある海蔵山龍雲寺の住職を務めておられ、参禅者のための広く門を開かれ、国内はもとより海外からも多くの方々が参禅しています。






広島大学大学院の博士課程で仏教哲学と輪廻を研究されている、カルナー協会代表のウイン・ランドベ・スターニ僧侶とも親交があり、今回の観音寺での施餓鬼法要での法話となります。






さて、秋彼岸を迎えます。

ご先祖様に感謝の心を向けて、お互いに有意義なお盆を過ごさせて頂きましょう!

生きとし生ける一切の存在が平安でありますように…合掌






スリランカの村にあるお寺に幼稚園を作る為にご協力をお願いします。

2004年のスマトラ島沖地震では、バラピチャ県のヌルガラという小さな村も津波の大きな被害にあいました。その時、村のスワサマディ寺 では本堂の一角で無料の幼稚園を開き、親を失くした子供や被害にあった家庭の子供達を迎え入れました。


あれから14年、現在は貧しい家庭の子供たちが通っていますが、本堂ではお寺の行事が頻繁に行われるため、幼稚園を開けない日が多いのです。

そこで子供達の学びを確保するために、この夏、お寺の敷地内に幼稚園校舎の建設を始めました。

2018年8月現在、これまでの皆様のご寄付(84万7300円)により基礎工事が終了し、校舎の壁と柱の一部に着手できましたが、完成まであと約600万円ほどかかる見込みです。

:どうか皆様のご協力とご支援をよろしくお願い申し上げます。






カルナー協会代表 ウェン·ランドペ·スニータ僧侶

バラピチャ県ヌルガラ村 スワサマディ寺
(※住所: Suwasamadhi Temple. Nurugala, welíthata, Balapitiya. SriLanka. ℡ +94-723834064)


ご寄付の振込先
ゆうちょ銀行
口座名 カルナー協会
記号 15140 
番号 56096891







スニータ僧侶は、スマトラ沖地震の津波によって、自身も流されましたが、家族を含む数千人の)被害の中、奇跡的に助かりました。
:現在は、広島大学大学院の博士課程で仏教哲学と輪廻を研究しながら、どのような境遇にあってもお互いに思いやりの心、慈悲の心をもつ人間を育てる平和教育の普及に取り組んでいます。

島根県浜田市三隅町 龍雲寺 野原眞承和尚






問い合わせ 
海藏山 龍雲寺 
🏣699-3302 島根県浜田市三隅町芦谷
Tel 0855-32-0960
E-meil :aaarigataya@outlook.jp

ウイン・ランドベ・スターニ僧侶
E-meil: suwasamadhi@gmeil.com(日本語で大丈夫です) 












春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:45 | comments (x) | trackback (x) | 石見國浜田 曹洞宗紅蓮山観音寺記 |