CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2019 - 03  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




きのこ集団Protomass 第5回公演『なんでもない、なんでも......』於郡山市公会堂




当家の次男坊成知(なりちか)が座長を務める演劇集団です。

きのこ集団Protomass 第5回公演『なんでもない、なんでも......』於郡山市公会堂

脚本・演出 髙橋 成知







親が言うのも何ですが、次男坊の成知(ナリチカ)ワールド全開の芝居でした。

新潟の大学に在学していますが、他の大学生も、宇都宮や千葉、東京などから毎週のように郡山に稽古のために帰っての演劇活動。

そして、春休みに入ってから毎日稽古稽古・・・

直前まで台本を手直ししながら迎えた本番です。


さらには、テーマが思いだけに初日と2日目で演出を変化させて軽やを追加していました!







今回の舞台は、ストーリーが論理的に進行せずかなりぶっ飛んだナンセンス・ブラックコメディ

登場人物の会話が噛み合わず、役者の長セリフの中に、昭和アイドル歌謡をエッセンスとしたコント仕立てての一人舞台を思わせる場面展開!









あらすじ

自殺件数の増加に悩むとある地区。
この問題を解決すべく住民による会議が幾度も行われたが、話し合いはいつも上手くいかない。
蜂駆除業者の謎の自殺を契機に、会議が再び行われることになった。
しかし、話し合いにおける奇妙なルールや予期せぬ訪問者の登場により、 会議者たちは困惑を隠せずにいた。

会議が進むにつれて、困惑は更に深まり続けるばかりで...

他人を理解するには、嫌気がさすほど自分自身に苦しんでいなければならない。
というのも、こういう嫌気は健康の兆候であり、自分の悩みに囚われないための必要条件であるから。







物語の展開を追うことが難しく、意味不明なモノが出てくる、立場や役職が人間を作り出し、笑いと不条理が心地よいテンポで展開して、ストーリーの根幹を外さなない・・・・面白さを倍増させています。


当人もそうですが、キャスト・スタッフの皆さんすべてが満足していたようです。

何より自分たちが楽しんで芝居をしているという楽しさがこちらまで伝わってきます。







長男坊は長男坊のスタンスで、そして次男坊は次男坊の・・・


子供たちにはいつも楽しまさせてもらっています!

親になってよかったと思う楽しい時間をありがとう~ !










春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:54 | comments (x) | trackback (x) | 三春昭進堂 菓匠蒼龍 髙橋 |
「EARTH BEAT 明日への航海」  野澤享司 with 永原 元




Album「EARTH BEAT 明日への航海」

野澤享司 Kyoji Nozawa on Guitar,Vocal
永原 元 Gen Nagahara on All percussion







三春城下馬場の湯温泉「若松屋旅館」さんにて、高田エージライブのサポートメンバーの一人である永原元さん。

そのNew Album「EARTH BEAT 明日への航海」


若松屋の幕田専務が届けてくれました。

しかも、サイン入りです!

このアルバムは、70年代のフォーク全盛期で活躍した独創的なシンガー・ソングライター野澤享司さんとのコラボレーションアルバムです。

「アコースティックギターと打楽器、唄だけの土臭いアルバムになったと思います。」と元さんが云う通り、土臭く男臭いかっこいいアルバムです!

男の魂~聞き入ってしまいました。






永原元 

1972年1月生まれ。20歳の時、単身アフリカケニアへ渡りパーカッショングループに加入。
数々の公演を行う。
帰国後、どんと(ex. Bo-Gambos)と出会い、札幌でのLiveをきっかけに交流を持つ。
どんと主催の満月コンサートに参加(沖縄)。1年後同バンドメンバーだったギタリスト「平安隆/かりゆしの月」に参加・リリース。
さらに1ヶ月後、ソウルフラワーユニオンにサポートメンバーとして加入。1999年にはアイルランドの大御所ドーナル・ラニーと共演。
2000年8月、フジロックフェスティバルに参加。その後、拠点を東京に移し幾多のセッション、.レコーディングワークに励む.。

セッション共演:鮎川誠、シーナ、カルメン・マキ、 森園勝敏、リアム・オ・メンリー、ハシケン 朴保、渋谷毅、本田竹広、湯川トーベンetc
2004年本田竹広(pf)「The pure」に加入、HARRY(ex. ストリートスライダース))2ndアルバム「For no one」ドラマーとして全面参加。








野澤享司プロフィール
シンガーソングライト&ギタリスト
1971 中津川フォークジャンボリー参加がキッカケで翌'72 URCよりアルバム「白昼夢」リリースその後 ソロ活動と並行して小室等のサポートギタリストを務める。これがキッカケで1977 フォーライフよりアルバム「KYOUJI TRAVEJINE」「南へ遠く」など数枚のシングルをリリース。
1999アルバム「fender bender〜遥かな海へ」
2007アルバム「SELFE COVERS NAKED'70」
2018 コラボアルバム「EARTH BEAT〜明日への航海 野澤享司with永原 元」
斉藤哲夫 シバ 生田敬太郎 などとのジョイント 永原元とのコラボを交えながらソロ活動を継続中。




春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 06:40 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
きのこ集団Protomass第五回公演 『なんでもない、なんでも......』 


当家の次男坊成知(なりちか)が座長を務める演劇集団です。


きのこ集団Protomass 第五回公演

『なんでもない、なんでも......』



会場:福島県 郡山市公会堂


公演日:3/9(土)、3/10(日)


開場17:45 開演18:15


脚本・演出 髙橋 成知


きのこ集団Protomass

役者

会議者1:佐藤 夢子

会議者2:渡邉 麗奈

会議者3:東洲斎 竹蔵

会議者4:圓谷 颯

会議者5:髙橋 成知

偽蜂駆除業者:櫻井 孝樹

妨害者:新良貴 飛梁

付き添い:たつろう

裏方 制作:櫻井 孝樹

進行管理:佐藤 夢子

舞台監督:稲田 清香

音響:二瓶 碧

照明:飛田 ことみ

宣伝美術:大江 優花

裏方補佐:熊田 康太


あらすじ 自殺件数の増加に悩むとある地区。 この問題を解決すべく住民による会議が幾度も行われたが、話し合いはいつも上手くいかない。 蜂駆除業者の謎の自殺を契機に、会議が再び行われることになった。 しかし、話し合いにおける奇妙なルールや予期せぬ訪問者の登場により、 会議者たちは困惑を隠せずにいた。会議が進むにつれて、困惑は更に深まり続けるばかりで...
他人を理解するには、嫌気がさすほど自分自身に苦しんでいなければならない。というのも、こういう嫌気は健康の兆候であり、自分の悩みに囚われないための必要条件であるから。 ―エミール・シオラン








公演日時 2019年 3月 9日(土)【開場】17時45分 【開演】18時15分

2019年 3月 10日(日)【開場】17時45分 【開演】18時15分

公演場所 郡山市公会堂(所在地:福島県郡山市麓山一丁目8-4)

アクセス バス:JR郡山駅より「図書館前」「麓山一丁目」下車

徒歩:JR郡山駅より約20分

料金 【事前予約】

一般:1000円,高校生:500円,中学生以下:無料

【当日券】
一般:1300円,高校生:800円,中学生以下:無料




きのこ集団Protomassとは、日本の新人演劇集団。
2015年冬、福島県郡山市の高校演劇部有志を中心に結成し、2016年5月『出口はどこかにある』(作・演出:髙橋成知)で旗揚げした。
福島県郡山市を中心に活動しているが、仙台や横浜、京都でも上演したい、という思いを胸に日々惰眠。


春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 13:45 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
コント集団カジャラ #4「怪獣たちの宴」 郡山公演を観に行ってきました。




コント集団カジャラ #4「怪獣たちの宴」 郡山公演を観に行ってきました。

演劇を志す次男坊がとったチケットでしたが、当人主催の劇団きのこ集団Protomassの第5回公演 『なんでもない、なんでも......』 リハーサルと重なり泣く泣くチケットを当家女房殿に譲ってくれたものですから、夫婦そろっての観劇となりました。







久しぶりのデートです!

女房殿は初の小林賢太郎です。

今回の舞台は、コント集団カジャラということで、コント短編集仕立てでまとめ上げるという笑い中心の舞台です。

もう笑いっぱなし!


しかし、落ちも・・・・





コント集団カジャラ #4「怪獣たちの宴」
作·演出:小林賢太郎

出演:なだぎ武/竹井亮介/小林健一/加藤啓/辻本耕志/小林賢太郎

コント集団カジャラ#4「怪獣たちの宴」へようこそ。
目の前の壁をご覧ください。
味気ない舞台セットですが、これからこれがいろんな空間に見立てられ、いくつものコントが出来上がっていきます。
このシステム、すごく便利なんです。
例えば映画なら、怪獣を表現するのにCGや着ぐるみが使われます。
でもここならコント師が「怪獣が出た-っ!」って言えば、お客さんは「ああ、怪獣が出たんだな」って思うしかないわけで。つまり、こっちのやりたい放題。
さぁ、まもなく開演です。
「やるな」と言われてもやるんです。
「来るな」と言われても来るんです。なんせ、怪獣ですから。

コント集団カジャラ代表 小林賢太郎 フッライヤーより







当家の次男坊成知(なりちか)が座長を務める演劇集団です。


きのこ集団Protomass 第五回公演

『なんでもない、なんでも......』



会場:福島県 郡山市公会堂


公演日:3/9(土)、3/10(日)


開場17:45 開演18:15


脚本・演出 髙橋 成知


きのこ集団Protomass

役者

会議者1:佐藤 夢子

会議者2:渡邉 麗奈

会議者3:東洲斎 竹蔵

会議者4:圓谷 颯

会議者5:髙橋 成知

偽蜂駆除業者:櫻井 孝樹

妨害者:新良貴 飛梁

付き添い:たつろう

裏方 制作:櫻井 孝樹

進行管理:佐藤 夢子

舞台監督:稲田 清香

音響:二瓶 碧

照明:飛田 ことみ

宣伝美術:大江 優花

裏方補佐:熊田 康太


あらすじ 自殺件数の増加に悩むとある地区。 この問題を解決すべく住民による会議が幾度も行われたが、話し合いはいつも上手くいかない。 蜂駆除業者の謎の自殺を契機に、会議が再び行われることになった。 しかし、話し合いにおける奇妙なルールや予期せぬ訪問者の登場により、 会議者たちは困惑を隠せずにいた。会議が進むにつれて、困惑は更に深まり続けるばかりで...
他人を理解するには、嫌気がさすほど自分自身に苦しんでいなければならない。というのも、こういう嫌気は健康の兆候であり、自分の悩みに囚われないための必要条件であるから。 ―エミール・シオラン



春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:09 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
福島のクチコミナビ 「ふくラボ!」さんからの取材!



ふくしまをもっと元気にするインターネット情報サイト「ふくラボ!」


福島のクチコミナビとしてアクセス数を伸ばしている人気の情報サイトです。


その「ふくラボ」さんからの取材がりました。







スタッフの方から丁寧な説明があり、今月から情報サイトに掲載し、来月からの特集にも取り上げていただけるそうです。

紙媒体のふくラボにも掲載されるかも・・・・







詳細はふくラボをご確認してください!


ふくラボ 三春昭進堂

こうご期待!




春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:37 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍 焦心録::メディアで紹介されました |
春彼岸「おはぎ」 ご予約承ります。
春彼岸「おはぎ」 2019


彼岸入り前日の 3月16日(土)から 中日の3月21日(木)までの、予約優先・期間限定販売となります。


19日は火曜日なので定休日となります。





つぶ餡をもち米で包み黒すりごまをまぶした「つぶ餡」、

もち米をなめらかであっさりしたこし餡で包んだ「こし餡」、

そして、もち米でこし餡を包み、良質の大豆を碾いたきなこをまぶした「きなこ」の3種類をご用意しました。





各一個 120円税別となります。


6個入れパック 720円税別


皆様のご予約・ご来店をお待ちしています。





春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:16 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子 |
新日本プロレス『旗揚げ記念シリーズ 2019』 郡山大会




新日本プロレス『旗揚げ記念シリーズ 2019』 郡山大会


1972年3月6日に大田区体育館で旗揚げ戦を行った新日本プロレス。

設立47年目を迎える2019年も『旗揚げ記念日』として『旗揚げ記念シリーズ』が開催され、先の3月4日(月) 郡山・ビックパレットふくしま大会に参戦してきました!






三春昭進堂用人相川氏と、用人で郡山市安積町でウェルネス安積整体院の院長大津氏を伴っての観戦です。


会場には、2000名近くのプロレスファンが詰めかけ、熱気に包まれています。

やはり、今どきのプロレスです。

若い女性や、子供さんが多くみられます。







プロレスとみていると、他界した祖母も大のプロレス好きで、40年数年前に郡山にプロレスを見に行った時のことを思い出します。


場所は、元ボウリング場だった郡山セントラルホールです。

当時の全日本プロレスだったかと思います。

どうも、ジャイアント馬場さんのファンだったらしく、プロレスが始まるとテレビの真ん前に陣取って大声で応援していました。






外国人レスラーに栓抜きなどの凶器を使って攻撃され、いつもいつもやられながら、最後は正攻法で勝利するというお決まりのパターンです。


馬場さんがやられるたびに祖母は・・・

「バカ馬場、避けろ~」「バカ馬場、負けるな~」と「バカ馬場」と叫んでいました。

最後には興奮しているんでしょう「バカ馬場」「が「馬場・馬場」そして「ババババ」「ババババ」と連呼が始まっていました。







そして、プロレス観戦当日を迎え、家にあったビール会社からもらった大きめの栓抜きをもって出かけようとします。

「その栓抜きはどうするん?」と聞くと

祖母は「いつも馬場が、外国選手の凶器(栓抜き)攻撃でやらっちばっかりだから、この栓抜きを渡すんだ~」と言い残し意気揚々と出かけていきました。


私も友人と同じ会場に臨場していましたが、栓抜きを手にして本気でリングに熱い視線を送る祖母のそわそわした姿が今でも忘れられません。

結局その栓抜きは渡せるはずもなく、晩年までそのことが悔しかったらしく、時折話の中に出てきておりました。






私たちは私たちで、花道で試合終了後の毛羽立った外国選手の肩をたたいたり、出血した額にタオル終わてたりしに何度もチャレンジしていましたが、いつも撃退され外国人レスラーや若手選手にボコボコにされていました…

それはそれでいい思い出です!







時代を超えたプロレス観戦!   最高です!







今回も当家長男坊とその友人、そして、次世代のプロレス会場係アルバイトを担う三春城下荒町の伊藤肉店三男坊とその友人の7名で会場係を務めました。







それぞれに楽しんだようです。










今回は伊藤肉店専務夫婦もプロレス観戦の後に臨場。

そして、郡山市神明町にあるつけ麺や自家製麺工藤の大将夫妻もお見えです!



新日本プロレス・Tさん・青葉企画・息子・アルバイト・ひら山・伊藤肉店・相川・大津・・・

一瞬と呼ぶべき短い人生の中で、様々な深いご縁あって、今生、、互いに巡り会い、そして、一つの時を共に一堂に会して酒宴を共にする。

たくさんの方々とのご縁をいただき、楽しい時間を過ごさせていただいたことを大変嬉しくありがたいことだと思っております。










その中で、全国1000万のプロレスファンから絶大なる人気で支持されているT選手。


当日郡山入りして、試合直後で疲れているのにもかかわらず 、疲れを微塵も見せず、同席させていただいた私たちのサインや写真撮影に笑顔で気さくに応じてくれました。

また、体つくり・筋肉の話、ファッションの話、同席できなかった方々への配慮など、気配りの中で様々なお話を聞かせてくれました。


ありがとうございます。

2000年代半ば、危機的な状況にあった新日本プロレス。

あらゆる遠征地に先乗りし地方局の番組にこまめに出演するなど、長年にわたる地道なプロモーション活動など総合格闘技とは異なるプロレスの魅力をアピールして、新しいファンを呼び込もうと頑張ってこられました。

先代の残した“負の遺産”に苦しみ、倒産寸前だった新日を支え抜き、不屈の精神と努力で奇跡の復活へ導き団体を改革して経営不振から、今の地位まで押し上げてこれた理由がわかりました。


実際お会いすると、こんなに爽やかな偉丈夫がいるのか?というくらいの好男子!


老若男女を問わずトリコになるわけです


”自信がないから頑張れる。 失敗するから成功できる。”

まさに“Tという「新日の太陽」は決して沈まない”です。

本当にありがとうございました。


本当にご縁の中で生かされていることを実感いたしています。







とりあえず買ってみました!




春陽郷三春城下 御菓子司三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:06 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |