CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2020 - 04  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




笠石八幡宮 おタリさんの出身地根本集落



都市部へのコロナウイルス拡散非常事態宣言が圧令される中、時間を見て三春昭進堂の創業者でもある「おたりさん」の出身地である旧根本村にある「笠石八幡宮」へ、例年の行事として境内の掃除を兼ねてコロナウイルス感染の終息と商売繁盛祈願のために参詣いたしました。

勿論、コロナウイルスの終息祈願でもあります。

門前を飾る紅枝垂れ桜や染井吉野の大木はまだ咲き始めといった具合です。

いつ行っても、心身を洗い流すような、爽やかな風が通り抜け、とても居心地の良い気持ちのいい場所です。

きっと、頑張って商いをしている私たちを”おたりさん”が褒めてくれているんでしょう。






笠石八幡宮

三春城下から瀧桜を超えてる天領柳橋への街道から駒枝に抜ける途中の集落沿いにあります。

道路沿いに、木の鳥居があり、うっそうとした杉木立に覆われた境内には、本殿を取り囲むように巨岩が累々と積み重なっています。

小さな社殿の横から上方に掛けて、数体の岩が顔を出し、最上部に巨石が鎮座しています。

昔、八幡太郎源義家が安倍一族討伐の時、根本村に立ち寄ったところちょうど村では麻疹が大流行で村人たちは大変困っていた。

これを聞いた義家は、「それは大変だ。その悪魔を征伐してやる」と、笠石八幡の場所より南西の天目がけ、馬上より鋼弓に一矢をつがえて射放した。

麻疹の悪魔もその威勢に恐れて退散したのか、重い麻疹も急に快復した。

今も射放した場所には、馬蹄の跡が石についており、放たれた矢は、遠く堀越村の井堀に落下して井戸となったという。
この間を「一矢間(ひとやま)」と伝えられている。

笠石八幡の祠に至る前に、二つに割れた石の胎内くぐりがあって、笠石と呼ばれる巨大な石が載っているところから、笠石八幡と呼んでいたという。






当三春昭進堂の創始者おたりばあさんの亭主は、民四郎と云います。

込木は柳作の本家から苗字とこの場所を頂いて分家しました。

子供の時分より講釈と物書きが大の得意で、畜産組合の書記・庶務や、目の前にある庚申坂新地の遊廓でも、会計や伝票書きの仕事を手伝う傍ら、酒席が大好きらしく、座敷に入っては太鼓持ちをやっていたと聞き及んでいます。

また、民四郎さんは、政治や時事論が好きで、昼間から客と論じあっていたようです。

その間、おたりばあさんはせっせと饅頭や豆腐等で商いをして、10人の子供を育て上げました。

お世辞にも可愛いとか綺麗という賛辞の語は見当たりませんが、苦労が顔に滲みこの人に人生ありの素敵な尊顔です。






私は春が大好きです。
もちろん、仕事が忙しくて面白くたし方がないというのもあります。
また、寒い冬を越す新春を愛でるという日本人的な感性ということもあろうかと思います。

実は、この春がという季節は三春城下の和菓子屋ということで花見団子とおたりまんじゅうの製造販売に追われ、毎朝3時起きで仕事をしています。又、その日の注文によっては午前1時や午前0時というのもあります。
当然夜9時前には就寝態勢に入ろうと段取りします。
お昼もの食事も立ったまま食べられればイイ方です。

体的には辛いんだろうと思いますが、この時期春仕事以外は何もしていません。

その中で一番の楽しみが夕方時間を作っては、散歩と称してお城山や関連寺社の参拝と掃除2出かけます。
気晴らしと運動不足解消です。
これがまた楽しいんです😊

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:11 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
旧三春藩領内堂鎮守・大元帥明王に新型コロナウイルスの撃退を祈願!



旧三春藩領内堂鎮守である大元帥明王に新型コロナウイルスの撃退を祈願!

古より大元帥明王は「外寇からの防衛」「敵国降伏」を祈願し国土を護り敵や悪霊の降伏に絶大な功徳を発揮すると言われ、御上斎主にて「必勝祈願」や「敵国粉砕」「国土防衛」の祈願として宮中では古くから大元帥明王の秘法(大元帥法)が盛んに厳修されて来ました。





様々な職種で影響が出ています。


ここはひとつ神頼!。


旧三春藩領内総鎮守大元帥明王社であり、現在は私の地元三春城下新町鎮守・田村大元神社です!







幕末は慶応4年に完成した八脚の仁王門から見た🌸と新町縦町の風景は最高です!


多分、伊達政宗もこの光景を見ながら地侍のあいさつを受け、饗応されたことでしょう~





この角度は、この社がお城の一角だと再認識させてくれる構図です!







そして、神社の裏手は三春城東館です。


: 2020.04.07
三春滝桜観光受け入れの中止について

首都圏等を対象とした国の緊急事態宣言を受け、4月8日から滝桜への観光客受け入れを中止します。

これにともない、観光客の方々への対応業務は終了し、観桜料も頂きません。

満開の滝桜ですが、観光集客業務は~本日で終了するそうです…
誘導看板は交通規制関係以外全撤去と成りました。
警備員は配置しますが、迷惑路駐対策で駐車場を開ける為らしいです。
事実上の、三春の春は終了です。


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍





| ryuichi | 04:05 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
本日の火曜日は三春城下の桜が開花期間中ですので、元気に営業いたします!



本日の火曜日は三春城下の桜が開花期間中ですので、元気に営業いたします!







真照寺の水芭蕉も見頃を迎えています。






三春花見だんごやおたりまんじゅうも好評販売中です。






真照寺のカタクリも咲き始めました。



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:03 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
新型コロナウイルス感染症対策のお知らせ 三春昭進堂




新型コロナウイルス感染症対策のお知らせ 三春昭進堂


平素より当店をご利用いただきましてありがとうございます。

この度、新型コロナウイルス感染症に罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。


最近日本でも感染者の数が増えてきています。

不必要な外出を避けるよう国からの呼びかけがあったり、入学式式の中止や休校などの対応がなされたりといよいよ他人ごとでは無くなってきているなと感じます。

当店では、新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、お客様および従業員の健康と安全を守るため、店頭における従業員のマスク着用と店内の接客前後のアルコール消毒を実施しております。

もちろん、店舗入り口付近のテーブルにはお客様用のアルコール消毒液をご用意しております。


当店では、随時、店舗清掃の時間にアルコールの入った除菌シートを使って手が触れる場所を徹底して除菌しております。


また、店内入口の扉は開放して換気を行っていますが、まだ寒い日もありますにおで、扉の開閉関係なしに店内には加湿器にて、次亜塩素酸ナトリウム入りの水分を噴霧して店内空間の除菌に努めています。


菓子製造過程におきましても十分な消毒を行なった上で対応をさせていただいております。


今後もお客様、また従業員の健康と安全のため、状況を注視しながら適宜必要な対応をしてまいります。






様々なところに影響が出て、感染者が増える度に不安が募る毎日ですが、自分でできるコロナ対策をして、きれいな桜を見て、美味しい花見団子を食べて免疫アップでコロナに勝つ!! 終息まで元気に乗り切りましょう?

何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。



三春昭進堂主人

| ryuichi | 04:28 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
三春城下「金水と銀水」



三春城下「金水と銀水」

「金水」







神明宮「二の島居」(今はない)と「三の鳥居」の間に湧く清水がありました。

現在、三春大神宮の手水に用いられている「神明水」が金水と呼ばれていました。



「銀水」

近世、馬場脇に湧き、神明宮の脇参道沿いにあります。

藩主参詣の際のお茶屋場の清水で、藩主の喫する茶を点てるに用いたと伝わっています。

神明水の金水に対し、銀水と称されました。(所在の馬場天野氏定地内)


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 05:28 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下中町 |
平成版三春古蹟漫歩 「八幡町末江戸街道の古蹟」



古蹟漫歩 「八幡町末江戸街道の古蹟」

三春城下入り口の一つ、江戸街道は、江戸時代初期の寛永年間に、時の三春城主松下長綱(当時の三春3万石)が三春城下の中世城下町から近世の城下町への城下整備の中で開かれたもので、この地方で最も古い街道筋でした。

その後、幕末まで秋田家五万五千石の歴代藩主が、参勤交代の為江戸、三春間の往来を続けて来た道です。

街道は、城下八幡町末の郭外、現在の踊り場から、松本床屋さんのアクトと曽田石材店の間を抜け、桜川にかかる旧八幡下橋を渡って八幡様の参道下に出るという、城下町独特のカギの字の道で、今とはちょっと違う道がありました。



八幡町末黒門~画像は三春町史より



因みに、江戸時代の城下絵図を見ると、八幡町から踊り場までの道筋は、三春大神宮前を桜川に向かって左に折れ、大神宮下の神明橋の手前を右に折れ、川沿いに進んで、法華寺下を右折すると、城下郭内と郭外分ける郭境黒門がりました。

この黒門を抜けて現武田酒店に向かって踊り場に出るといった、ここもカギの字の道筋となっていました。



並松坂


さて、江戸街道は、現在の並松の旧道坂道を上り、今のバイパスを突っ切って、丘を越えて沼之倉団地入口の向え側、現大幸建築作業がの横を通り、いわゆる鷹巣街道の出るようになっていました。

昔は、並松の地名の由来にもなっていますが、あの坂道の両側には、城下町の入り口らしく松並木が繁っていたと伝わっています。

坂を上り詰めた辺り(現牛舎小屋付近)は、安達太良から吾妻にかけて、奥州連山の白雪が眺められ、遠望の良い場所ですが、江戸後期には「大砲場」と呼ばれていました。

大砲場は、江戸末期の安政の頃、城下北町に屋敷を構えた三春藩士熊田嘉膳(くまだかぜん)が、8年間、水戸史観・尊王攘夷論の本拠地である水戸藩に留学して修めた、反射炉による西洋式の大・小砲製作研究の成果を実験した場所です。




貝山分岐


熊田嘉膳は、淑軒と号します。
領内岩井沢渡辺家の出身で、三春藩医熊田家を継ぎます。
三春藩校講所で漢学、二本松で医学、後に江戸で西洋医学を学び、長崎にて蘭学を学びます。三春帰郷後の嘉永六年ペリーが浦賀にやってくると、志願して浦賀に走り、情勢を視察して藩に報告しています。後に蘭学を元に大砲鋳造の研究に没頭します。
 
水戸藩の藤田東湖と交流し、安政三年、水戸藩の反射炉を築き大砲を鋳造する計画に際し「砲銃鋳造掛」として招かれ大砲制作に携わったが、安政の大獄で、水戸藩主徳川斉昭烈公が幽閉されるにおよび安政六年職を辞して三春に帰藩します。

三春帰藩後、全国の諸藩より砲銃鋳造の招聘が相次ぎ、会津藩や相馬藩の鋳砲指南として従事していました。






苦心して造った大砲を、大砲場の高台に据え、藩主以下家老重臣視察の中で、熊田の指揮により、鉄砲鍛冶町田貢(北町)が火縄に火をつけ発射!
“轟音”が山野に響き渡り、砲弾は西北方向の雲間を縫い平沢の水田に達したといいます。

当時の人々を驚かしたその砲身は、現在(昭和30年代当初)、城下中町の本陣の蔵に眠っているという。


志置場


大砲場から、300米ほど先に行くと、藩庁時代の御仕置場(首切場)があり、罪人を渡らせた“涙橋”、首をさらした“首さらし場”の跡、そして南無阿弥陀仏の六文字を刻んだ供養碑など、雑木林の中に埋もれています。





さらに、もう少し進むと沼之倉山、ここから明治の初年に旧制安積中学(現県立安積高等学校)建築の用材木を切り出したと記録されています。

沼之倉、現白山荘の山裾に、白蛇石と呼ばれた大石が、二重に街道に突き出ていた。

当時通行する人々は、白蛇が出るといって近寄らなかったが、数度の道路拡張によて今はその痕跡を残してはいません。

尚、その先には、御小屋跡がありました。

参勤の長の道中は、略式の旅姿で旅程をこなしていた殿様以下の隊列が、三春城下の出入り口につけ、ここで仕度替えをして、正式なお姿にて行列を整えて、お国入りしたとされます。





その付近にあったという“天狗橋”も、今は見当たりません。

お殿様のお通りとなれば、磐城守山藩(現郡山市田村町守山)境まで、村人総出で掃き清め、奉行役人の下見検見まであったとされるこの街道、追いはぎも出たという山道も、今は改修されて駕籠に代わって自家用車が往来しています。


古い絵図の画像は、いづれも画像は三春町史より

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:24 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下八幡町 |
令和2年 いよいよ春本番です。櫻花開花期間中は休まず営業いたします。




令和2年 いよいよ春本番です。



三春花見だんごの販売を開始いたしました。





当三春昭進堂では、三春城下の桜開花に合わせて櫻花開花期間は、定休日の火曜日も営業しています。


春の営業時間は午前9時から午後6時まで(火曜日は5時まで)







尚🌸桜開花期間の代休として、ゴールデン・ウィーク明けの5月11日(月)~13日(水)の3日間を代休とさせていただきます。


お客様、関係各位にはご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。



素材本来の力を最大限に引き出してあげることこそが職人の役割だと考えます。

「素材本来の力を引き出し、和の志をもって」


皆様のお心に響く和菓子を作り続けて参りたいと考えております。



春陽桜郷三春 三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:59 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |