CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2018 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




Yammy* 10th Anniversary Live Tour 2018 in 若松屋旅館



Yammy* 10th Anniversary Live Tour 2018
〜The Endless Summer〜




Yammy*10周年イヤーの今年。

夏の終わりに故郷・福島県(白河出身)をツアー!

今やYammyのツアーには欠かせない三春町・若松屋旅館。


今回も新たなユニットで素晴らしい唄と演奏を奏でてくれます。
Check your schedule!


Yammy* (Vo, AG)
岡 幸代 (Key)
岡 尚史 (B)

日時:2018年8月24日(金) 

開場:午後6時 開演:午後7時

場所:若松屋旅館 (福島県田村郡三春町尼ケ谷127)
   
料金:¥4,000. (軽食付き・ドリンク別)
お問い合わせ:若松屋旅館 0120-61-2027







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:54 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
~稲川淳二の怪談ナイト~ 「MYSTERY NIGHT TOUR 2018」福島公演




旧暦のお盆、8月16日の夕刻。

~稲川淳二の怪談ナイト~ 「MYSTERY NIGHT TOUR 2018」福島公演に行ってまいりました。


大学2年の次男坊が大好きで、稲川さんの公演は今回で8年連続です。







夏定番の稲川淳二の怪談ナイト。



毎回、数々の怪奇現象を体験してきた稲川さんの選りすぐりの“怪談話”を堪能しています。








特に今年は、一階B列16番と17番!

そうなんです、前から2列目のど真ん中!

目の前に座長がいます。

こちらに向かって話をしています~~~!



因みに、昨年の郡山公演では3列目でした。






毎度ながら、稲川さんの 、温かみを感じさせる穏やかな調子で、自身の人生を歩みながらその時々で影響を受けた怪談噺を案内していきます。




人の世を恐ろしくしてしまうのも 狂わせてしまうのも、結局は人の欲であり業なのだと、稲川さんのお話の中に出てきます。







怪談と云う、怖さと恐れと云う異界の話ですが、恐怖の中にも、登場する幽霊が、人間の本心を描く様は温かみを感じ、心温まるお話です。



稲川さんの、人情味あふれる怪談噺の根底には、障害を持って生まれた次男との生活からの現在の障害者支援の活動があり、ご自身も前立腺がんを克服しての毎年精力的にこなすミステリーツアー開催と云う部分が大きく作用しているんでしょう。

前にもまして、心温まる舞台が繰り広げられています。




公演の最後に座長から

「私は幸せです。
ファンの皆様に支えられて26年もの長い間怪談ミステリーツアーを続けて来られました。
皆様から幸せをいただいています。
心から皆様方に感謝します。」








会場では、偶然「ぺんぎんナッツの中村さんに遭遇しました~♪






愛姫手紙コンテストのMC~



左の眼鏡の方です!



昨夜も三春盆踊り会場であったばかりです。


何かご縁があるのかなぁ~




とりあえず、挨拶だけさせていただきました。


中村君も好きなんですね~💛



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:11 | comments (x) | trackback (x) | 物見遊山諸国見聞録::エンターテイメント |
三春城下「ちょっくら市」2018.8





今月のちょくら市






平成30年8月のちょっくら市は、17日(金)、18日(土)です。






 
三春城下「ちょっくら市」

毎月第3金・土曜日開催 中町本陣本店10時~15時  






毎月第三の金曜と土曜の2日間だけ本陣本店さんの軒先をお借りしてオープンする「ちょっくら市」。







様々なクリエーター、アーティストの作品が並ぶお洒落なお店。







三春から新しい文化を発信しています。









もちろん、「本陣醤油」を重要な原材料とする「おたりまんじゅう」も販売中です。















三春城下中町の本陣しょうゆで有名な「本陣本店」さんにて、月に2日間だけ手仕事人による小さなちいさなお店です



























今回はカエル文字の渡辺弥七先生の作品も並んでいます。



















春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:35 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
三春盆踊り 2018.お盆



三春盆踊り


今年も三春盆踊りは大町四つ角交差点を中心に開催いたしました。






大勢の子供たちが三春盆太鼓をたのしんでいます。







心配した階段下の段差も無事クリアー








子供の叩く時間には、櫓掛担当若連さんががっちりサポート!






売店をまほら駐車場に集中配置して、会場との一体感を創造してみました。








踊りの輪を、四つ角を中心に北町口通りに展開しました。






三春町立三春病院による救護ブース







磐州通り北町口








気が付いたら散らし太鼓がはじまっていました。









まほら・ゆるキャラも居て大混雑!







櫓の収納のため役場前まで曳航です。






あいにくの降雨のため早めの終了、初日無事終了です。






三春一夜城も・・・・

今年は場所を大町四つ角に移し、露天群や百杯宴との一体感を企画しました。

その効果でしょうか、踊りの人出が多いように見られました。

人が多い会場内で、観客と踊り手の距離が近くなち、その混雑差が羞恥心を捨てさせ一緒に踊りの興じられたといいこととして結びたいと思います。







春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 06:02 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下歳時・風土記::三春盆踊り・だるま市 |
矢沢永吉オリジナルナップサック ファンクラブ継続特典




矢沢永吉ファンクラブ継続特典




YAZAWA CLUBを継続更新した会員向けの継続特典オリジナルナップサックが届きました。






あれば何かと便利です。


昨年はポーチっだったような気がします。







2018年9月15日(土)WOWOWプライムにて
『生中継!矢沢永吉 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018「STAY ROCK」』が放送されます!
https://www.eikichiyazawa.com/info/media/tv180915.html

番組名:生中継!矢沢永吉 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018「STAY ROCK」

放送日時:9月15日(土) 17:55〜

放送局:BSデジタル191ch / WOWOWプライム

内容:9月15日(土)に行われる東京ドームライヴの生中継。







私、プライムSS席での参戦となります。



前回の東京ドームライブはSS通路側の一階席での参禅でしたが、目の前にキャデラックが止まり永ちゃん登場シーンのバックに映り込んでいました~



今回は、ステージ正面のプレミアムSS席です。


期待大です!








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:58 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
『タイヤは夜の向こう』きのこ集団Protomass第4回公演


当家の次男坊の主宰する劇団です。

よろしくお願いいたします。。


『タイヤは夜の向こう』きのこ集団Protomass第4回公演

公演概要
脚本・演出 髙橋 成知
キャスト たつろう
圓谷 颯
佐藤 夢子
大江 優花
渡邉 麗奈
飛田 ことみ
島倉 拓士
東洲斎 竹蔵
櫻井 孝樹
新良貴 飛梁

裏方 舞台監督:稲田 清香
照明:二瓶 碧
音響:髙橋 成知
宣伝美術:大江 優花
制作:島倉 拓士
進行管理:二瓶 碧
舞台補佐:熊田 康太

料金
【前売】
中学生以下:無料
高校生:500円
大人:1,000円

【当日】
中学生以下:無料
高校生:800円
大人:1,300円







福島公演 詳細

公演日時 2018年 9月 16日(日)
【開場】14時 【開演】14時30分

公演場所 福島市夢奏蔵(所在地:福島県福島市森合字台7)

アクセス 電車:福島駅より福島交通飯坂線「美術館図書館前」下車 徒歩2分

バス:福島駅バスターミナル9番バス乗り場から福島交通バス・ももりん(市内循環)2コース「県立美術館入口」下車 徒歩2分
徒歩:JR福島駅東口から30分



郡山公演 詳細 2日間公演

公演日時

2018年 9月 22日(土)
【開場】17時45分 【開演】18時15分

2018年 9月 23日(日)
【開場】17時45分 【開演】18時15分


公演場所 郡山市公会堂(所在地:福島県郡山市麓山一丁目8-4)

アクセス バス:JR郡山駅より「図書館前」「麓山一丁目」下車
徒歩:JR郡山駅より約20分



きのこ集団Protomassとは、日本の新人演劇集団。 2015年冬、福島県郡山市の高校演劇部有志を中心に結成し、2016年5月『出口はどこかにある』(作・演出:髙橋成知)で旗揚げした。 福島県郡山市を中心に活動しているが、仙台や横浜、京都でも上演したい、という思いを胸に日々惰眠。







きのこ集団Protomass代表の髙橋成知と申します。
こんな自分みたいなペーペーがおこがましくも代表挨拶をさせていただきます。
びびってます。

きのこ集団Protomassは基本的に、僕の作・演出の元で演劇の公演を行っています。どういう作品を作ってるかと申しますと、いわゆるナンセンスコメディとか前衛劇とかの類です。
ハイ。対話形式で色々難しいこととか無茶苦茶なこととか話したり、突飛なことが起こって大変ダァってなったりする……みたいなのを作ってます。

ですが前衛劇を基盤と言いましても、「どうだ……他の人とは違うだろォ……アー、そう!難しくてわかんないかァ、アハハ!」というような舐めた心持ちで作っているわけではありません。
前衛特有の分かりにくさがあるけども、より多くのお客様に楽しんでもらえる何かを作りたい、そういう心持ちで劇を作っています。

しかしやっぱりきのこ集団Protomass独自の作品を作っていきたい。
そして、ゆくゆくは「ムムッ!福島に行けば面白い演劇見れるんじゃなぁい!?」と言われるようになり、お客様が各地から福島に足を運んできてくれる。福島の活性化にちょこっとでも貢献できる。んでもってお金をフヒヒ……なんて目論んでます。

まだまだ青二才でございますんで、皆様の厳しい鼓舞激励ご鞭撻をよろしくお願いいたします。



代表 髙橋 成知



きのこ集団Protomass公式ホームページより





尚、本日平成30年8月14日は火曜日ですが、休まず営業いたします。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:55 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::三春のイベント |
平成版三春怪奇伝説 「八島川小滝の怪談」


八島川小滝の怪談

旧小浜海道。

八雲団地(旧三春病院)を通って、御祭に通じています。

そこから右に別れ、八島川沿いに南成田へ向かって少し行ったところに、農家5、6軒の千代ノ川の村落があります。


この辺りの川には、急に坂道となり、右手に巨岩が重なり小さな滝となり、その間を清流のせせらぎが音を立てている。

旧藩時代には、このあたりの農家の水車小屋があって、谷間一帯には老松雑木が繁り、藤や蔦がはびこり、絶好な狐や狸の棲み処となっていました。


いつの頃か、どこから来たのか、ここに老いた女乞食が棲みつくようになりました。

日中は農家を回って物を乞い、夜になるとこの水車小屋で寝泊まりしていたそうです。

この老婆が、時には持病の癪(しゃく)をお越し、飲まず食わずで寝込むことがありました。

ある秋の事、紅葉が美しかった。

その紅葉林の中で老婆は首をつって亡くなっていた。

見つけた村人達は、その亡骸を後日無縁仏として丁寧に埋葬して、冥福を祈りました。


ところが、その後、夜更けにあの道を通る人は、老婆の呼びかけるしわがれた声を聴くという噂が広がった。

おじけた村人たちは、決して夜更けにあの道を通らなかった。






程を経て、南成田、御祭の両村の人たちは相談して、水車を壊し、老婆の首を吊った木を切り倒して、後生を弔いました。

時代は下がり、村道は改修され、今ではこの怪談話も忘れ去られています。


古い広報三春のコラム「怪奇伝説」参照


春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:10 | comments (x) | trackback (x) | 平成版三春怪奇伝説 |