CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2017 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




三春城下中町若連「宮神輿」 桑原商店




先日、ポン友である三春城下中町「旧桑原商店」さんから忘年会のお招きを受けまして、喜んで伺いました。


お祖母ちゃんや奥様、立派に成長した二人の息子さんと目に入れてもいたくないんだろうなあと思える愛娘ちゃん・・・
皆様方の手厚い接待に預かりまして、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。







そして、川崎は浜町からご縁があり三春へ輿入れした御神輿にご相伴いただき、一献!







この御神輿は、浜町は鋼管通りに店を構えていた旧第一屋社長”勝ちゃん”こと橋本勝道さんと粳田さん、長さんなどその一派浜町睦会の面々による手作りの御神輿です。



この第一屋さんというのは、中町桑原商店で永年大番頭を務めたさん橋本氏がのれん分けで出店した衣料品屋さんです。






その後縁があり、桑原商店の御曹司は川崎の神輿を担ぎに行っていました。

30年位になりますか、私もこの神輿を担がせていただいたという経緯があります。







如何ですか?この鳳凰!

黄金色の三方に載せられた黄金に輝く稲穂!

羽一馬一枚仕上げた鳳凰の羽・・・・


本番で乗る四隅に飾られる黄金の折り鶴・・・

板金のプロ、宮大工さんが手掛ける本格的なお神輿です。


その辺で売っている神輿とは訳が違いますよ!





また、これを管理する中町若連の面々には脱帽です。









下地の欅は無垢材から切り出した本格派です。

川崎の祭礼で担がれていたときには夏祭りです。

江戸前らしく、町内巡行の折には家々からは水がバシャバシャかけられながら担いでいますが、この神輿はビクともしません!

さすが無垢材と宮大工の最高の職人技の光る良い仕事です。






普段は、勿論桑原商店の蔵に鎮座してあります。



御神輿とは、文字通り神様の乗り物です。

そして、その神輿を祭礼の折には、組み上げる・担ぐ・それに付随する様々な準備を手伝う人々の願いや想いがあります。

ましてこの御神輿は、第一屋浜睦会の皆様の手造りて仕上げたお神輿です。

作り手の思いや願いも加わって、よりいっそうの荘厳さを醸し出しています。

そして、忘れてはならないのが、第一屋の奥様方です。

第一屋の操業を支えたチャキチャキの祖母ちゃん、奥様、そして娘・・・・


やはりこれだけの神輿です。

粗末には扱えません。


ご覧のような板金と無垢材をふんだんに使ったお神輿です。

普段の管理が大変重要となります。

室温や湿度の管理など・・・保管は大店の蔵が一番です。

現代の倉庫では管理しきれません。 

昨今三春城下では、どの町内でも山車の管理場所・倉庫に苦慮しています。

みんなで知恵を出し合っていい方向に向かえればと思います。






桑原のお祖母ちゃんに床の間にある軸を拝見させていただきました。
そこには「平常心是道」(ふだんの心こそが道である)と書かれていました。

曹洞宗大本山総持寺第24世 大道晃仙(慈峰英鑑禅師)和尚の書です。
總持寺開山瑩山禅師650回大遠忌の記念事業にて、篤信のあった檀信徒に授けられたものだと思います。
桑原家初代は信仰心が篤く、商売の成功の御礼としては菩提寺である三春城下清水の天澤寺の伽藍を飾る金糸の幕を寄進しています。

この「平常心」とは非日常的でなく、日常の生活にある、あたりまえとかの普通の心のことで、日々の生活がそのまま人の生き方(道)のあらわれだと説いているようです。
日常の生活をほかにして人の道はありませんね。

常日頃より、私も我が子のように気にかけていただいている桑原の御母堂様に、また一つ人の道を教えていただきました。

ありがとうございます。







どうですか、このプロポーション?

タッパのあるボンキュッボンのキュートないい女を彷彿させませんか?


しかし、この神輿を見るたびに思うんですが、昔の彼女に逢っているような感覚になってしまいます・・・・




春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍








| ryuichi | 05:39 | comments (x) | trackback (x) | 三春城下中町::中町若連 |
「ふくしままっぷ」  福島県広報課発行




「ふくしままっぷ」  福島県広報課発行


先日、東京出張の折に日本橋ふくしま館MIDEETEを覗いてみました。

そこで目についたのがこの「ふくしままっぷ」です。





県内では見かけたことが無かったものですから一部頂いてきました。

調べてみますと、首都圏での配布を意図したもので、福島県への観光客誘致に一役買ってくれているみたいです。


中を見ますと、写真は1枚も使っておらず、イラストも文字もオール手描きです。

監修は福島県クリエイティブディレクターの箭内道彦さんだそうです。
デザインはインフォグラフィックのトップランナーとして知られる寄藤文平さんです。








【主な配布場所】 
<東京都内>
○日本橋ふくしま館MIDEETE(日本橋室町4-3-16 柳谷太洋ビル1F)
○八重洲観光交流館(八重洲2丁目6-21 三徳八重洲ビル1F)
○福が満開、福しま暮らし情報センター(千代田区有楽町2-10-1 東京都交通会館8F)
○移住・交流情報ガーデン(京橋1丁目1-6越前屋ビル1F)






<福島県内>
○県庁西庁舎2階県民ホール・本庁舎2階県民ルーム
○各地方振興局 など

ふくしま県ホームページ参照





春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:11 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「三春城下 お寺のライトアップ」 心穏やかにお参りください。



「三春城下 お寺のライトアップ」 心穏やかにお参りください。

日時:平成29年12月15日(金)~24日(日)
点灯時間 17:00~21:00

場所 
三春城下荒町「馬頭観音堂」
三春城下荒町 「高乾院」

路面や階段の凍結がございます。
くれぐれも足元に気を付けてお越しください。





馬頭観音堂は、田村三十三観音の第三番札所。縁起には坂上田村麻呂の愛馬を祀ったという伝説が残り、荒町はその門前町として栄えたといわれます。
維新後、明治政府は陸軍の整備に伴い軍馬拡充や、農耕馬として馬の需要が高まり、三春駒として名高い三春では馬の飼育に力が注ぎ込められました。







 三春駒全盛期の馬頭観音祭礼は、旧暦三月十七日(現在は4月17日)で、田村郡内より各講中の代表者が前夜から夜篭りの為、泊り込みで参拝に訪れ、そのため別当職(馬頭観音を取り仕切る役)華正院は夜を徹して、終日参拝の人々で混雑したと言われます。

当時、北町の北野神社とは祭礼の期日が近い事で、馬頭観音様が馬の神であり、北野天神様の使いが牛である事から、祭礼の賑やかさや人出を競い合い、馬か牛かどちらが勝つかと、町民の季節の話題になり期待でもあったと三春町史は伝えています。







 馬頭観音堂まで上るその石段は、中央部分がかなり凹んでいます。
これは、いかに多くの三春産馬の関係者や信仰者の方たちが参拝したか?凹んだ石段によって、はかり知ることができます。







尚、現在の馬頭観音の祭礼には檀信徒が参詣し、所願成就を堂内の護摩壇にて"護摩焚き"の祈祷がおこなわれています。






磐城國三春五万石秋田家菩提寺の安日山高乾院

江戸期の三春城主秋田氏の三春入封にしたがい現在地に建てられました。
高乾院の院名は初代藩主秋田俊季の父実季(さねすえ)の法名に由来します。
また、山号である安日山は、安倍安東秋田氏の祖とされる安日王に由来します。







本堂向って左側の高台に秋田家墓所があり、歴代藩主10人をはじめ一族の墓が残されています。
また、本尊木造釈迦如来座像をはじめ、藩主菩提寺らしく数多くの指定文化財があります。

高乾院の開山地は秋田氏の前任地である宍戸(茨城県笠間市)で、鎌倉時代中ごろ仏源禅師の開山と伝えられています。








正保2年(1645)2代藩主秋田俊季が三春藩に移封になると住職は俊季に随行し新たに三春の地にて開山しています。

現在の高乾院本堂は大正9年に取り壊され、しばらく仮堂のままだったものを平成14年に再建しました。
 






春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:39 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」〜〜




映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」観てきました。


残念ながらロールエンドに三春昭進堂は見当たりませんでしたが、饅頭は確認済み(ほんの一瞬ですが...)(^_-)






笑いあり、涙あり、愛あり、感動あり、ありありのファンタジー❤️
面白かった〜〜








当映画のスタッフさんから依頼があり、そうです当三春昭進堂で製作しました。

この世には無い饅頭がコンセプト、名付けて”黄泉国茶屋特製火の玉饅頭!”です。

映画を見たら気をつけて見て下さいね!乞うご期待(^.^)





鎌倉ものがたりの公式スタッフツイッターでも紹介されています。






「この真っ赤なお饅頭、福島のおたりまんじゅうで有名な三春昭進堂さんが撮影のためにわざわざ作ってくださったんです!」
差し入れまで頂いてしまいました。ありがとうございます!

鎌倉ものがたりHPスタッフブログより






真っ赤ってことは、人間用じゃないのかなぁ??



春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:31 | comments (x) | trackback (x) | 菓匠蒼龍刹記::三春昭進堂雑記 |
師走のちょっくら市~ 平成29年12月15日(金)、16日(土)




師走のちょっくら市~







平成29年12月15日(金)、16日(土) 2日間






午前10時から午後3時位まで






三春城下中町にある本陣本店さんの店先をちょっとお借りして、毎月第3の金曜日と土曜日に開店する手仕事人による、月に二日間だけの小さな小さなお店です。




お正月飾り作リワークショップ
金曜日、先着5名さま限定で、お正月飾り作りのワークショップします。





寒い中のちょっくら市限定で、2000円の材料費のみでお作りいただけます。
当日受付。 11時開始です。






12月15日(金)・16日(土)
バック・裾幅広キュロット・Aラインスカート・ベスト出品します👗👖
よろしくお願い致します。




今月の野らぼうさんは、りんごジャムとレモンマーマレードジャム。
日保ちしますので、安心です。





恒例のインドスナックは、コーンフレークが仲間入りしました。
メチャ美味しい🙆





この次期限定のふわふわモコモコのポーチがクリスマスバージョンで、勢揃いしました🎄



:



15日、出展します。川名京子




ベースに毛皮、アンティークボタンやビーズをのせたブローチ
ドキドキのムラサキの2way Bag
質感の良い茶色のショルダーバッグ
毛皮の持ち手の大人可愛いくろやぎさんのトートバッグ





濱津農場です。
12月15日(金)のみの参加です。
☆サツマイモ(めんげ芋)
☆玉ねぎ(万吉どん)
☆キャベツ(冬甘菜)





☆人参(御前人参)
☆里芋
☆大根の醤油漬け
よろしくお願いします🤗








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:26 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::春陽郷三春のイベント |
わたなべ駒之助さんからの手紙 平成29年師走




わたなべ駒之助さんからの手紙


一昨日、三春担ぎ橋の呉服屋「わたや」の会長の渡邊和明様こと、ペンネーム”わたなべ駒之助“さんから手紙を頂戴いたしました。


文面には、先の当店「三春昭進堂えびす講祭」のお裾分けとして「一口すあま」を少しお持ちしたことへの御礼が認められていました。
また、来年の抱負や、ライフワークともいうべき川柳句集の次作発行への意欲、そして、新年を共に迎えられる感謝の言葉と我々三春昭進堂へのお褒めの言葉などが認められ、こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。





車いす生活からの復帰を目指してリハビリケアセンターへの通所。
その中で感じられた“働けなくなった方々の極楽のように過ごしている・・・”
「極楽浄土とはこの世の中でしかない」とする素晴らしい川柳も記されています。

生涯勉強です。とお話しされる駒之助さんの姿勢には商人の先お会いとして指針を示していただいています。






以前、当店発行の「塵壺」にも記させていただきましたが、30年近く続いている塵壺のコラムを書くきっかけになったのは「わたや呉服店の団扇」の裏面に記されていた、三春駒之助さまの随筆「三春甚句」がきっかけでした。

三春商人の、そして人生の大先輩として、駒之助様には常に指標・目標とさせていただいていまして、随筆を拝読しながら襟を但し、私も、奮励努力を惜しまず、誠心誠意、商人道を頑張りたいと思います。




春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 05:37 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「天福ノ島(てんぷくのしま)」 三春公演 はっぴーあいらんど☆ネットワーク演劇プロジェクトvol.2



はっぴーあいらんど☆ネットワーク演劇プロジェクトvol.2

「天福ノ島(てんぷくのしま)」


「自由」と「権利」をつかみとろうと青春の炎を燃やした若者たちの物語。
明治十五年、福島。自由民権運動と呼ばれた民衆のうねりは最高潮に達していた。
その先頭には、時代の変革を求めて生き生きと駆ける、奔放な若き東北人たちがいた。
「おれらはおれらの希望をひろげていく場所をつくるんだ」
しかし弾圧の火の粉は容赦なくふりかかろうとしていた――
彼らの夢見た未来を、ともに探しに行きませんか。






福島自由民権運動を牽引した地であった三春で、再生古民家を会場として
演出新たに『天福ノ島』再演に挑みます。

【日程】
2018年 1月
13日(土)18:00開演
14日(日)13:00開演/18:00開演 (全3回公演)

【場所】
デコ屋敷 大黒屋 古民家
福島県郡山市西田町高柴字舘野163






全席自由席
一般前売 2,000円 / 当日2,500円
高校生以下 1,500円
チケット発売日 11月18日(土)

【お問い合わせ】
090-5237-4312(事務局・鈴木)
happy.island311@gmail.com




CAST
鈴木健也、鈴木七恵、鈴木勇也、千葉乙寧、鈴木麻菜、鈴木文子、柳沼由恵、鈴木碧

STAFF
【脚本・演出】大野沙亜耶
【振り付け】國友悠一朗、國友麻ゆみ
【照明】森川敬子(合同会社 梍)
【企画制作】NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク

【協力】遊舞炎舞/SUGA JAZZ DANCE STUDIO IZANAI/株式会社デコ屋敷大黒屋




春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:12 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |