CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2017 - 06  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS




しあわせトマト


しあわせトマト販売開始です。
完熟のフルーツトマトとプチトマトをゼリーで閉じ込めました。
隠し味に、オレンジジュースが入り、味を調えています。



一個 280円です。

夏季限定商品になります。



夏の進物を取り揃えました。
夏の御挨拶にご用命ください。





三春昭進堂 髙橋龍一

| ryuichi | 13:55 | comments (x) | trackback (x) | 夏のお菓子 |
「逃水(にげみず)」~三春水まんじゅう


「逃水(にげみず)」 三春水まんじゅう

三春昭進堂の夏の定番水まんじゅうの「逃水」の販売を始めました。

一個 120円税別です。

「逃げ水」というネーミングは、ご存知の方も多いかと思いますが、子母澤寛の小説「逃げ水」から頂きました。
幕末の徳川幕臣で、大政奉還後、徳川幕府十五代将軍徳川慶喜の護衛の任務を最後まで遂行した奥詰、髙橋伊勢守謙三郎泥舟を描いた小説です。



ショウケースの中では、ご覧のような形態でご案内しています。

これからの時期ですと約30分くらいで食べごろになります。



今月号の塵壺でもご案内しています。



日持ちは冷蔵庫で3日間位ですので、宜しくお願いいたします。

三春昭進堂 髙橋龍一

| ryuichi | 13:56 | comments (x) | trackback (x) | 夏のお菓子 |
夏限定商品の飲むゼリー・甘夏、梅、ぶどうの3種類


夏限定商品の飲むゼリーです。

甘夏、梅、ぶどうの3種類
一個280円です。







店内も、夏用に衣替えです。

三春昭進堂


| ryuichi | 05:54 | comments (x) | trackback (x) | 夏のお菓子 |
干菓子「風流うちわ」 はじめました。


清流に稚鮎が跳ねる頃、若葉の緑も次第に色濃さを増します。
雨に濡れたアジサイの彩りがひときわ鮮やかになり、間も無く梅雨の季節が訪れます。
蒸し暑い日が多くなると見た目にも風味も涼しげな水菓子がとても美味しく感じられます。



花火に七夕、夏祭り。
夏の楽しみはたくさんありますが、そんな夏に涼しげで可愛い見た目、もちろん美味しい駄菓子と一緒にお楽しみください。



小さいのに「朝顔」や「花火」など、それぞれちゃんと絵が描いてます。



ほんのり甘いうちわです。



三春を含む田村地方では、稲作が盛んですので、端午の節句を旧暦で行う習慣がまだ残っています。
旧暦端午の節句には、昔から菖蒲とヨモギを玄関先に飾る習慣があります。
匂いの強い植物は魔よけの力があるとされて厄除け・無病息災を願ったそうです。
又、菖蒲湯にも入る習慣が残っていましたが最近では実行している家も少なくなってきたようです。





| ryuichi | 13:54 | comments (x) | trackback (x) | 夏のお菓子 |
三春昭進堂の花見だんご 2017


お待たせいたしました。
三春昭進堂の「三春花見だんご」販売開始です。






三春花見だんご   あん(大)     500円税別
             みたらし(大)  500円税別
             
             小パック   各300円税別




     その他、お客さまのご予算により、300円より調製いたします。

     カップ団子(120円税別)も、お作りいたします。

尚、串団子は取り扱っておりません。




今年の団子も、郡山アベ食粉株式会社様より納入していただいています。

食用一等米の福島県産こしひかりと新潟県産のこしひかりを使用しています。
政府保有米放出の一等米だけです。



この搗き立ての団子の輝きが伝わりますでしょうか・・・・

蒸かしている時の良い匂いで、スズメが近寄ってきます。

蒸かしている時の匂いが違います。
上質のこしひかりを炊いているようないい香りです。
どうぞご賞味ください!



尚、本日より5月の連休明けまでは、午前九時開店~午後六時閉店とさせていただきます。
ご予約のお客様はこの限りではありません。

少ないスタッフでの営業の為、花見だんごの製造・販売時期は開店前に製造を終わらせたいので、上記時間意外の来店接客及び電話での対応はご容赦願います。
特に午前7時前のご来店は、折のご容赦願います。

どうぞご理解頂きますようお願い申し上げます。

花見には花見団子(それに付随する酒宴)がつきもので、庶民の花見に欠かせない物として江戸時代から定番となっていました。



「花見団子」に由来し、本来の花見よりその際に食べる団子に興味を持つことから出た、「花より団子」の諺があります。
花の観賞というただ風流であるものより、団子という実際に利益の有るものの方が大事という実質を選ぶ行動を揶揄(やゆ)したものです。

三春昭進堂 





     

| ryuichi | 05:38 | comments (x) | trackback (x) | 春のお菓子 |
落雁「菊かさね」
一口サイズの菊落雁です。
秋彼岸のお供えにいかがでしょうか



もちろん食べてもおいしいことは間違いありません。



あたりまんじゅうと同じあんこを中に入れました。



450円


彼岸は年2回、春分の日と秋分の日を中日に営まれます。
中日には太陽が真東から出て真西に沈みます。
そこから、この日に夕陽を拝むということは、 西方にある浄土に向かって拝むことになると言われています。
そこで中日に夕陽を拝むと特に功徳があると考えられているのです。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言 われているように、お彼岸が来ると最も過ごしやすい季節になります。

きれいな夕陽が拝めるように中日が晴れるといいですね。




| ryuichi | 05:31 | comments (x) | trackback (x) | お彼岸菓子 |
春彼岸「おはぎ」



春彼岸「おはぎ」






彼岸入り 3月17日(金)から 中日の3月20日(月)までの、予約優先・期間限定販売となります。





あんこ・粒あん入りゴマ・こしあん入り黄粉の三種類です。


各一個 120円税別となります。


6個入れパック 720円税別


皆様のご予約・ご来店をお待ちしています。





三春昭進堂 髙橋龍一


| ryuichi | 05:41 | comments (x) | trackback (x) | お彼岸菓子 |
桜花あられ


桜花あられ 

こちらも、シールを一新!

NHK大河ドラマ”八重の桜”のネーミングは商標権やら何やらでうるさそうなので、あえて避けました。

三春ですから!



三春城下も、ここに来てやっと春めいてきました。
真照寺の水芭蕉も芽を出し始めました。
また、三春昭進堂の工場横の白梅もほころび始め
こんな暖かい日には、日向ぼっこをして、気持ちがよすぎてウトウトなんてね・・・・


外の風も春の匂いがしてきました

風の匂いって分かる方いますよね?

なんか匂いがするんですよ

春夏秋冬それぞれ匂いが違うんです。
どんな?と言われると説明が困るんですけど・・・・。


とってもすがすがしい気持ちになります。

春なんだな~って感じます。


| ryuichi | 06:57 | comments (x) | trackback (x) | 春のお菓子 |
花ふぶき(桜花あられ)


花ふぶき(桜花あられ) 

今年は、シールを一新してみました。



春の香りって知っていますか?
最近暖かい日には、香って来るようになりました。
北国の人はこの春の香りが好きなんだろうと思います。

春の香りが好きというのは、単純に香りが好きというんじゃなくって、出会いの季節であり、年度末の慌しさを超えてのホッとした感じだったり、宴会の季節だったりっていうわくわく感がそうさせているんだと思います。
とにかく4月は一年で一番好きな月です。

| ryuichi | 05:48 | comments (x) | trackback (x) | 春のお菓子 |