CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 01  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS




三春物語699番「三春藩領内総鎮守大元帥明王社の大イチョウ」(現田村大元神社)

旧三春藩領内総鎮守大元帥明王の大イチョウの木が見ごろを迎えました。



戦国武将田村義顕公三春入府の折に、旧領山中守山(現郡山市田村町守山)より遷宮した大元帥明王を祀った明王社は、田村氏から松下氏、そして江戸期の秋田氏まで三春領六拾六号の領内総鎮守として領民の崇敬を集めました。



このイチョウには、昔、母乳が出ない女性がこの木の皮を煎じて飲んだところ、乳の出が良くなったという言い伝えがあり、子授けのご利益があるといわれ、昔は子宝を願って大イチョウを抱く女性の姿も見られたそうです。

また、幕末には、夜な夜な田村三代の田村清顕の生首が飛ぶという話や、 丑の刻参りの妊婦が腹を裂かれて死んでいたという怪談話がありました。
世情が不安な時期には、この手の話が横行するものなんですね。
いまの、原発事故の風評に似ていますね。



この大イチョウの木をよく見てみると、釘を打ち込んだような跡に見えるところもちらほらあります。



三春城下は、これから秋本番を迎えます。
23日には福島民報主催の「三春ウォーク」が開催されます。
集合、スタートは三春城本丸跡です。

紅葉の城下町三春の真照る寺や福聚寺、三春大神宮、そして紫雲寺等を歩きながら秋の紅葉を楽しみながら、小さな城下町の歴史や文化に親しみながら7ヶ所のチェックポイントを廻ります。

三春城山公園をスタートし三春小学校をゴールとする10㎞のコース。

日  時:11月23日(祝・水) 
受付時間:8:30~9:30
スタート:10:00~
集合場所:三春町城山公園







| ryuichi | 06:11 | comments (x) | trackback (x) | 「洗心洞箚記」三春散歩 |