CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2011 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS




山形蔵王温泉


この夏は何か遠出がかさなります。
昨夜は、出張で山形蔵王温泉です。
出張です。仕事です。
夜の宴会にコンパニオンはいますが、仕事です。

今朝は、定休日なのでゆっくりと蔵王温泉を堪能してきました。
温泉につかり昨夜のお酒を抜いてからの帰宅とします。



ここに蔵王温泉由来の解説によれば、
「日本最古の一つに数えられる蔵王温泉は、西暦百十年吉備多賀湯(きびのたがゆ)に発見され、蝦夷征伐で病んだ身体が完治したと伝えられ、又山岳信仰の霊山としても古くから知られておりました・・・」
「当温泉は強酸性ですので石鹸は使用できません。又ぬれたままのタオルを着物に掛けたりしますと、やがて切れますのでご注意下さい」



まずは、蔵王温泉大露天風呂。
1つのお風呂に 200人も入浴できるという蔵王名物の大露天風呂です。
高原の為、風が心地よく、蝉時雨の降り注ぐ中、森林にすっぽり包まれ広々とした温泉に感動と感謝です。

休憩所にはお茶やビール、ジュースなどの他に
名物の玉こんにゃく(1本100円)
も売っていて、 お醤油の香りがたまりません!
思わずお代りまで注文していました。
風呂上がりの玉こんにゃく!本当に旨い・・・
手にはキリンのフリーを握っていました。

昼食を兼ねて、蔵王温泉の昔ながらの温泉街「高湯通り」に下りてみました。
お目当ては、



蔵王温泉の古くからの共同浴場を3ヶ所の一つ「川原湯共同浴場」
旅館が立ち並ぶメインストリート『高湯通り』から、さらに一本裏通りにまわったところにあります。
ひっそりと目立たないその佇まいは、湯治場として賑わっていたころの面影を色濃く残し、いかにも古びた建物は、情緒溢れる風情があっていいですね。



清掃協力金として。200円を寄付して入る。
浴槽の底そのものが源泉(自噴風呂)という、珍しい共同湯。
そのため浴槽の周囲が格子状になっており、その間からどんどん湯が涌き出てくる。




こちらは、高湯通り沿いにある「下の湯」



そして今日のお昼は、搗き立てのお餅を食べさせてくれるのが山口餅屋。
軒先には「お餅」と染め抜いた赤い暖簾。
メニューのバリエーションには驚かされます。
「あんこ」、「きなこ」、「ずんだ」に「しょうゆ」といった定番はもちろん、「納豆」、「おろし」、「納豆おろし」「くるみ」、「ごま」の他、「海苔餅」、「お雑煮」、「お汁粉」まで、ありとあらゆるお餅が食べられる。
温泉に入り腹も空いていたので、雑煮セットの海苔餅と名物クルミ餅添えを食べました。出来立てで柔らか~いのにコシのあるお餅。
手作りならでは、濃厚な素材の持ち味が食べられました。




大きな地図で見る


チラシより

| ryuichi | 06:45 | comments (x) | trackback (x) | 蒼龍温泉紀行 |
真夏の福島の夜の夢「魅惑のベリーダンス」


昨夜、福島市で酒席の会合となったために一泊することになりました。
福島駅前のビジネスホテル(福島恵比寿ホテル)に宿をとりましたが、エレベーターでベリーダンスのダンサーの方とと一緒になりました。
当然そのコスチュームです。
なんと屋上のビアガーデンでベリーダンスのショウに出演するとのことでした。
これは男として行かねばなりません。




この恵比寿ホテルでは、毎週日曜日に様々なイベントを実施しているということでした。
先週はフラダンス、そして今週が魅惑のベリーダンスです。

私は知らずに来たということを話すと、支配人から「ラッキーでしたね!」と。
ステージは素敵な7人の美人ダンサー(福島市にある、やよいダンススクールの先生と生徒の方々)による妖艶というか魅惑のというか、セクシーというか・・・とにかく素晴らしい踊りでした。
目の前で踊ってくれるのですが目のやり場に困ります。
いたたまれずに、スタンディングで踊っているダンサーと友達の女性のグループに混ぜていただいて、一緒に楽しんできました。

本当に楽しかったんです。
しかも偶然なんです。
たまたまエレベーターで一緒になってお誘いを受けたから行っただけなんです。
男なら、偶然乗り合わせたエレバーターの扉が開き、ドアの前にベリーダンスの格好をした女性数名微笑みながら立っている。
するとこの密室に乗り込んできて、「これからショウで踊るんですが、見に来てください」と言われれば、セクシーな衣装を身にまとった美人ダンサーがですよ・・・
「はい!」と返事をしない方はいないはずです。
福島は楽しいところです。



お盆なのでしょうか、その夜は偶然入った焼き鳥屋(やきとり余市)さんでは、偶然の出会いが重なりました。
大将からはばバブルのころの、懐かしい方のお名前を聞けたり、お客さんには福島藩筆頭家老の末裔の方と同席させていただいたりと、楽しい一夜となりました。


| ryuichi | 14:34 | comments (x) | trackback (x) | 「日暮硯」堂守ブログ |
三春歳時記「地獄の釜の蓋が開く」
「地獄の釜の蓋が開く」
夏の風物詩、お盆。
8月中旬、大多数の日本人が、列島を車で、飛行機で、電車で移動する。
都会は日ごろの喧騒を忘れて静寂な空間となり、地方は久しぶりの帰省者で数日間であるが賑やかさと活気を取り戻します。
 お正月とお盆は日本古来の「魂(霊)祭り」とされています。
正月には「お正月さま」が、盆には「お精霊さま」が、共に祖先の霊であるが、日常生活に侵入して、生者と交歓する異空間を作り出します。
 新しい死者に対しては「新盆」「初盆」と言って、特に丁寧に供養します。
東京中心に新暦の7月に行う地域もありますが、日本各地の多くは月遅れの8月15日前後に行われています。

釜蓋朔日 (暦日 7/1)
盆の月の朔日には地獄の釜の蓋が開くという。地獄の精霊たちは開いた釜の口を通って子孫の待つ家に向う長い旅を始める日とされる。
また、この日を盆の開始とする地域は多く見られ、新盆の家では高燈籠を立てることもした。
 
7日には墓掃除。
12日には精霊棚を作り準備をする。
13日(あるいは12日)は「迎え盆」といい、墓参りをして夕方盆提灯に火を灯し、精霊(祖先の霊)をお迎えし、家の外では迎え火を焚く。
15日(あるいは16日)の夕方には送り火を焚いて精霊を送る。
船引町内では、大滝根川でおこなわれる「灯篭流し」「精霊流し」といい、舟形を作り、供物類を乗せ、盆灯篭を灯してがなしています。
19日や20日に、あるいは31日に送り盆をするところもあります。

仏教がインドから中国に伝搬されて後、儒教や道教などの教えと混同し、地獄の釜の開閉を見張る番人である鬼や、その上司である閻魔大王にも、いわゆる「薮入り」という休暇があり、どうやらそのお蔭で死者たちは一時、地獄の苦しみから逃れられることができるらしい。と言う故事を、「地獄の釜の蓋が開く」と言うのですが、地獄に蓋が有るのか無いのかでは無く、お盆の供養を行う事により、御先祖様で地獄に落ちた亡者も、地獄の責め苦から解放されて、地獄、極楽皆等しく、「楽」になる様を言うのです。
各地の寺院で行われる「お盆供養」と同時に「施餓鬼会」といって餓鬼道に落ちた亡者を弔う行事が行われています。
正月の十六日の盆の十六日は、だれかれなしに仕事を休もうという意味で、この日には地獄の鬼も亡者の呵責を休み、罪人を煮る釜の蓋も開けっ放しになることから、かつてはこの日を「藪入り」といい、商家では商売を休み、使用人にも暇を与えたと伝えられています。

お盆の期間中、お坊さんは檀家の各家を回り、盆棚の前で読経します。
盆棚の前でお経を読むので「棚経」と呼ばれています。
 施餓鬼会とは、供養してもらえない霊である餓鬼をも救わずにおられない仏の慈悲を示す行事です。
盂蘭盆と施餓鬼会が合体したということは、自分たちと暮らしをともにした家族を偲び、三千世界ともいうべこの世に生ける有縁無縁の者たちをも一緒に偲びたいものです。



| ryuichi | 08:14 | comments (x) | trackback (x) | 春陽三春歳時記 |
「アクアマリンうおのぞき ~子ども漁業博物館~渡辺篤太郎写真展]
常葉の渡辺篤太郎写真展
東日本震災の被災から復興を遂げ、夏休みを前に再開したいわき市小名浜の「アクアマリンふくしま」から2kmほど離れたところにあるアクアマリンふくしまの別館「アクアマリンうおのぞき ~子ども漁業博物館~」で篤太郎さんの写真展が開催されています。
毎度ながら、このパワーには驚かされます。
下記は、篤太郎さんからのメールを転記しました。



暑中お見舞い申しあげます。
天候不順ですね。
涼しくてまるで秋みたいですね。
アクアマリンの写真展!20点のうち唯一滝桜が入っています。
全て館長に任せてありますので、館長が選んだみたいです。

渡辺篤太郎


| ryuichi | 21:36 | comments (x) | trackback (x) | さすけねぇ三春! |