CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2021 - 08  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




「仏説却温黄神咒經」(ぶっせつきゃくうんのうじんじゅきょう)』マスクの仮置き 日乗山 眞照寺



「仏説却温黄神咒經」(ぶっせつきゃくうんのうじんじゅきょう) マスクの仮置き 日乗山 眞照寺



眞照寺様から、 お釈迦様が、今から二千五百八十五年前、新型コロナウイルスのような伝染病(疫病)が流行した時に、それを封じ消滅させる方法をお説きになったお経の記載された、マスクの仮置きとなる御守りをいただきました。






早速、店内に配させていただきコロナ撃退の一役を担っていただきたいと思います!


『佛説 却 慍黄神咒経(ぶっせつきゃくうんのうじんじゅきょう)』は、いまから二千五百八十五年前、新型コロナウイルスのような伝染病(疫病)が流行した時に、お釈迦さまがそれを封じ消滅させる方法をお説きになったお経です。






このお経を唱える人を見れば、疫病をもたらすウイルス(七鬼神)は逃げ去り、唱えることができなくても 玄関に安置すれば 七鬼神(ウイルス)は家に入ろうとしないと説かれています。




仮置きのマスクケースになっておりますので 新型コロナウイルスが ご家庭に及ばないように玄関などに置いて お使いくださいとのことです。

三春城下 日乗山 眞照寺








三春城下眞照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:30 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主秋田家祈願所 真照寺 |
成田山新勝寺境内食事処「い津美や」さんより、成田山節分会の「御福豆」と節分会福御守「剣守」を頂戴いたしました。




令和三年の旧暦正月二日、三春城下新町、旧三春秋田氏五万石藩主祈願所である真照寺の「成田山講中」や、北関東出張の折に、時折休憩しによらせていただく成田山新勝寺境内食事処「い津美や」さんより、成田山節分会の「御福豆」と節分会福御守「剣守」を頂戴いたしました。

これは、お坊さまや職員に配られる、特別なお豆だそうで、成田山新勝寺の脇参道ともいうべき寺庭にある「い津美や」さんが、ご縁のある方にお配りしているそうです。






節分の日に一般参拝者に撒かれるのとは違う、ありがたい御豆です。

ありがとうございます。

祖父の頃よりお世話になっています、真照寺の成田山講中。

当三春昭進堂髙橋は檀家ではありませんが、門前で商いをさせていただいているという関係から、二代目もこの成田山講中には毎年参加していたようですので、祖父の代から私へと三世代にわたってお世話になっています。






祖父の代には道路事情も今のように高速道路が整備されてはおらず、三春発・成田山新勝寺門前若松屋に宿泊して、翌朝、一番護摩祈祷を受けてから三春へ帰還というバス旅だったそうです。


その参拝の折には、時間を見て「い津美や」さんで、気の合った方々とおでんつまみに一献傾けていたそうです。

三春昭進堂当主祖父、父、私と3代での「い津美や」です。



剣守は節分会福御守とあり、、開運招福の御利益があるとされています。



商売繁盛! 家内安全! 福和内 福和内

| ryuichi | 04:58 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主秋田家祈願所 真照寺::成田山講中 |
令和3年度 三春藩主祈願所真照寺節分会




令和3年度 三春藩主祈願所真照寺節分会


今年は、新型コロナ感染拡大防止対策により、御祈祷のみの節分会です。











丑年年男の方々の引率で古いお札のお焚き上げです。



子供たちが居ない節分会の光景は初めて見ます。







山内に雪の無いのもこの数年、時折見かける光景となりました。

温暖化の影響なのでしょうか?







所願成就護摩焚祈願と祈願申込者のみの豆まき


夢や目標に向かう時、やることやって準備万端整った後の最後の最後はやはり神仏頼み!


飲食を伴う直会も中止です。


コロナ退散を祈願して節分会の終了です。










真照寺は、真言宗智山派の寺院です。

この度、総本山智積院の「麥搗き不動尊」ご宝前にて疫病退散、息災安穏の護摩祈祷にてお加持されたお守りを授与していただきました。


豆まき中止に伴って、当店でのお汁粉御接待も中止とさせていただきました。


来年、お待ちしています。





三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍







| ryuichi | 04:58 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主秋田家祈願所 真照寺::節分会・初寅会 |
真照寺方丈庭園ライトアップ 見頃を迎えています。





真照寺方丈庭園ライトアップ







見頃を迎えています。





山内の木々も少しずつ色付いてきました。






昨夜もカメラクラブの方々が臨場されていました。








真照寺、三春大神宮の三春城下紅葉ライトアップが見頃を迎え、朝晩に肌寒さを感じる晩秋は温泉のぬくもりが恋しくなってきます。

 そんな時節には、湯冷めしないと評判の馬場のラジウム泉に入って、旬の食材を活かした山海の幸を心ゆくまでご堪能するに限ります。

お腹が満たされると会話も弾み、笑顔の絶えないひとときですね。

また、温泉旅館での上げ膳据え膳は、主婦にとっては至福の時と聞き及びます。

部屋に戻れば布団が敷いてある、好きな時間に温泉に入ってのんびりと…これも新しい生活様式の一つですね(^^)。




 



日頃より、若松屋旅館、三ッ美屋旅館をご利用いただき、心より感謝申し上げます。

現在、福島県民割(東北6県+新潟県民限定)、三春町とくとくクーポン、go-toキャンペーン等様々な割引があります。各旅館に問い合わせください。

 もちろん、おたりまんじゅうも販売しております。

  三春城下 馬場の湯温泉

    若松屋旅館 0247-62-2027

    三ツ美屋旅館 0247-62-2504








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 05:25 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主秋田家祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
三春城下紅葉ライトアップ 2020 10月24日から落葉まで




令和2年 三春城下紅葉のライトアップ



三春藩主祈願所の真照寺と旧三春藩総社三春大神宮(神明宮)の紅葉ライトアップです。





日付 令和2年10月24日(土)~落葉まで
時間 17:00~21:00


開催場所

◆三春大神宮(三春町字馬場241)

◆真照寺(三春町字新町258)

お問い合わせ先

(株)三春まちづくり公社 観光部 0247-62-3690









三春藩主秋田氏祈願所の真照寺


磐梯造園(渡部公道社長)の匠の技で、改修の終わった藩主庭園回遊式方丈池の周りの紅葉を夜空に浮かび上がらせ、幻想的な空間を創造してくれています。











磐梯造園さんが作庭した回遊式方丈庭園池、紅葉、そしてライトアップ。

この光景は、弘法大師が伝えたという曼荼羅の世界観、真言密教の教えそのもののような気がいたします。







秋に入り池の水が澄んでまいりました。









その水面に、写し出される紅葉・・・・

普段は、瀧から水を落としていますが、鏡のような水面保持のために、あえて瀧を止めています。

また、住職や世話人の手によって、昼の間にせっせと落ち葉を拾い上げて、皆様のお越しをお待ちしています。






まだ赤くなり切ってはいませんが、真照寺独特の小ぶりな楓が、彩を添えてくれるはずです。








このライトアップは、その場に行って感動を味わってください。

写真では伝えきれません。










当店横の旧セリ市場奥の方に数台駐車可能です。

また、車で真照寺奥の”水芭蕉墓苑駐車場”まで行けます。

当店の営業時間は午後7時ごろ迄ですので、まんじゅうを買って紅葉ライトアップをお楽しみくださいませ!


墓地からは全景が撮影できますが、個人の墓地なので静かにお通りください。







見ごろになったら、またご案内いたします。

夜は一層冷え込みます。

暖かい格好でお出かけください。



おたりまんじゅう本舗 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:58 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主秋田家祈願所 真照寺::祈願所の四季 |
[モンモ] 最新号:2020年錦秋号 真照寺方丈庭園の紅葉が掲載されています。



ふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo [モンモ] 最新号:2020年錦秋号 に、三春城下新町の三春藩主秋田氏祈願所の真照寺方丈庭園の紅葉が掲載されています。



心静かに古寺をめぐる 紅葉の古寺巡礼と題されての掲載です。







おたりまんじゅう本舗 三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:30 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主秋田家祈願所 真照寺 |
真照寺の紫陽花が見頃 2020




なんとなく梅雨らしい三春城下

この雨、どうやら本降りの様相・・・


少し憂鬱な時季でもありすが、雨が多いからこそ美しい梅雨だけの情景に出会いることもあります。

その一つ、雨空に映えるように三春藩秋田家祈願所「東門院日乗山真照寺」の紫陽花が見ごろを迎えています。








真照寺は、その季節によって様々な花が顔を覗かせ、参詣者する者の心を和ませてくれています。



「梅雨」(つゆ、ばいう)とは、6月半ばから7月にかけて、北海道を除く日本全域に見られる雨期のことで、「五月雨(さみだれ)」とも呼ばれます。








そしてお寺は、何故か雨や雪と云った世間一般で云う「あいにくの空模様」が似合うと思いませんか?


以前、ブータン国からの御一行様が来山され磐梯造園の親方の説明で方丈庭園を見学していた折に、小雨が降りだしました。

「お寺で雨に会うと仏縁が深まり、縁起がいい」という趣旨のことが言っていたのを思い出します。







春にはあれだけ賑わいを見せた境内も、今がひっそりとして参詣に訪れる方々の癒しを演出してくれています。



人間にとって梅雨はうっとうしいと感じますが、木々や野草にとては水分をたっぷり吸いとても元気そうです






山内ではいたるところで山野草花が楽しめます。






梅雨明けと共に山百合の花が咲き始めます。






春陽郷三春城下御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:14 | comments (x) | trackback (x) | 三春藩主秋田家祈願所 真照寺::祈願所の四季 |