CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2021 - 05  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




高倉舘  旧宮城村下高倉 田村四十八舘



高倉舘  旧宮城村下高倉 田村四十八舘



三春城主田村氏の臣、高倉和泉守の居舘

 旧宮城村下字高倉にありました。

大永年間に築かれたと伝わっています。

三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 05:01 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |
光大寺舘  芦沢光大寺 田村四十八舘




光大寺舘  芦沢光大寺 田村四十八舘



三春城主田村氏の重鎮で田村清顕の一門、橋本修理の居舘

芦沢村大字光大寺にありました。

三春田村氏没落後に廃城となります。


芦沢村本郷前、字屋形、字岡田前に、各々館跡があったと伝わっています。

三春城主田村氏の臣、箭内、土佐、荒井、傳五兵衛等の居住した館跡とされています。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:56 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |
長外路舘跡 田村四十八舘





長外路舘跡 


鹿又孫作の居住する。

旧美山村大字長外路字瀬戸久保に在り。


詳細は不明




田村郡郷土史参照




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:16 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |
双六山城  門澤 田村四十八舘




双六山城  門澤 田村四十八舘

七郷村大字門澤にありました。

平貞盛七代の孫である安俊が、源頼朝に仕え、後に門澤○季を称し、奥州門澤深山御座城に居住し、安種に至ります。

時代は下がって、永禄年間に三春城主田村清顕に属し橋本城に移り、其の子満定門澤六郎と称し双六山城に居住します。

天正十七年、岩城城主岩城常隆が大軍を率いて田村領に攻め込みます。
この際に、伊達政宗の援兵茂庭定直と共に奮戦して戦死します。
墓所は、門澤常洛寺(現常楽寺)に在ります。

尚、茂庭定直の墓所は門澤宇堂山飛龍寺にあります。
茂庭定直は、伊達政宗より三春田村の援軍として加勢し、門澤城を守備しますが岩城勢と激戦の上天正十七年に戦死します。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:07 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |
清水舘  旧守山村大字細田 田村四十八舘 細田神




清水舘  旧守山村大字細田 田村四十八舘


旧守山村大字細田字念仏堂に在りました。

田村氏の臣、中塚右衛門太夫清信の居舘

天正十年六月、嫡子細田縫之助春友と共に須賀川城主二階堂氏の寄せ手を防ぎ、激戦の末衆募敵せずついに滅亡したと伝わっています。


細田神
清水舘の南西凡そ二町、黒石川右岸にある田園の中に、一小祠があります。
世の人は細田神と呼んでいるそうです。
これは、上記の清水舘落城の折に、舘主細田氏の自決のところだと伝わっています。


三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍






| ryuichi | 04:24 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |
古舘舘  神俣 田村四十八舘



古舘舘  神俣 田村四十八舘

応永年間より、常葉甲斐守以来、その子孫が世々居住

天正十七年、岩城地方の大館城(飯野平城)主岩城常隆の攻略に際し抗戦し、舘は陥落します。

滝根村大字神俣の中央にありました。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 04:04 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |
黄龍舘跡 旧美山村大字北鹿又 田村四十八舘




黄龍舘跡

旧美山村大字北鹿又に在り、移ケ岳の麓に屹立(きつりつ)し、その地形たるや蜿蜒(えんえん)と龍が翻(ひるがえる)るが如く見えることから黄龍舘とよばれていました。

戦国真っ盛りの永禄年間には松平刑部太夫が居住しています。

天正期に至って没落したといわれていますが詳細は不明です。


いつの事かは不明ですが、山の頭部に湛へ曲流する流水を稲田に灌漑しようとその頭部を切開しました。

その工事は至難と思われましたが、村のためにと村人が従事し成功に至ります。

後に、七日間紫の水が流出したことからその川を「紫川」と呼ぶようになります。


また、その場所に薬師様と稲荷様を勧請し祠を建立して「堀切薬師」「堀切稲荷」と称するようになったと伝わっています。


田村郡郷土史参照


三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:13 | comments (x) | trackback (x) | 田村四十八舘2 |