CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2022 - 12  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




KFB福島放送 ふくしまSUPERらーめん道 放送は、12月7日(水)シェア第二部午後6:15分~




KFB福島放送 ふくしまSUPERらーめん道

放送は、12月7日(水)シェア第二部午後6:15分~



三春の県民リポーターとして坂寄アナウンサーと共に三春城下の三条屋食堂をご紹介いたします~



あのラーメンも外せません!







らーめん道も20年超を迎え7日放送の三春編が999回目の放送です。


お楽しみに!





「シェア」水曜は“らーめん道” 18時台!


三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍


| ryuichi | 03:03 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
「おたりパン」




「おたりパン」


明治中期頃に創業以来、地元のみならず多くのお客さんに親しまれ続けている「三春昭進堂」。

そして「三春昭進堂」の名物といえば「おたりまんじゅう」ですが…?

実は口コミなどを通して現在人気急上昇中のお菓子があるんです!





その名も「おたりぱん」!あんパンのような見た目で、サイズはおまんじゅうよりやや大きめ。

一体これはパンなの?おまんじゅうなの?とっても不思議な和菓子です!

パンと焼き菓子の中間を狙った食感!

見た目もさることながら、「おたりぱん」は食べたときの食感もとっても不思議!

パンと焼き菓子の中間の食感を狙ったという生地はサクサクだけどモッチモチ!?なんとも表現し難い…けれども病み付きになる食感です!

また、中身の餡は北海道産で、中双糖(ザラメ)というコクのある砂糖を使用。

香ばしい生地との相性は抜群です!






「おたりぱん」は現在、口コミを中心にじわじわと人気が拡大している注目の和菓子。老若男女問わず幅広い世代から支持されています。

お土産はもちろん、お花見のお供にも最適♪


ご家族と、ご友人とぜひ「おたりぱん」の不思議な食感をご堪能ください!








三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:13 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
本日火曜日は定休日となっています。


本日火曜日は定休日となっています。

またのご来店をお待ちしています。


「ぎゅぎゅっと。みはる」送料無料キャンペーンにつきまして、12月も継続となります。

引き続き、宜しくお願いいたします。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:41 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
三春昭進堂 冬の定番「チョコレート饅頭」がdeluxeビター・チョコレートをまとって販売開始いたしました。




三春昭進堂 冬の定番「チョコレート饅頭」がdeluxeビター・チョコレートをまとって販売開始いたしました。








1年ぶりの製造販売開始となります。








今回はビターのチョコレートをチョイスしての復活再販となりました。



冬季期間だけの限定販売となります。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍



| ryuichi | 06:46 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
会津紅葉狩り 2022

所用があり、蘆ノ牧温泉でした。


丸峯観光ホテルです。





丁度この日は、皆既月食+の室町以来の天体ショー!






紅葉狩りして、温泉に入って、そして、美味しものをいただいて、さらには・・歴史的天体ショー!



晩秋の会津を満喫してきました。



往路は時間がありましたので湖南経から下郷経由で芦ノ牧温泉と紅葉狩りを楽しもうとちょっと遠回り。


福良迄は猪苗代湖畔沿いの道を懐かしさと共にドライブしましたが、道の細さに驚きました。


自分の感覚ではバイクの感覚が残っておりもっと広かったようなイメージが。。。





湖南から天栄村経由となりますが、途中に鎮座する「福良・隠津嶋神社」に参拝することができました。

平安時代に筑紫国宇佐郡の宗像大社より勧請し、隠津島神社と号したのが始まりだという。






会津藩主ゆかりの由緒ある宮様です。





そして、境内に鎮座する白蛇神を祀る別宮「風穴宮」様に商売繁盛祈願と御礼です。

こちらは湖南町のお客様から以前より案内をいただいていたお宮様で、やっと詣ことが出来ました。


「風穴宮」の由緒は、往古筑紫国より勧請した際にその道案内をした附人が、その役目を終えて裏山に入り、この風穴(宮の下)のところで蛇の姿となり身を隠したという伝説が伝わっており、以来「蛇神様」として信仰されといるとのことです。








三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:56 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |
令和4年秋の新商品 柿大福 「仄々(ほのぼの)」  




令和4年秋の新商品

柿大福 「仄々(ほのぼの)」  






生の甘柿を”秘伝のあんこ”で包んでみました。


数十回試作した餡子です。



生の甘柿の味を最大限引き出すように小豆とささぎ豆を調合しました!

甘柿も次郎柿を主体に時期や産地、種類が変わっていきます。


産地も和歌山、沼津から愛知、そして岐阜と採れる時期で変化しています。

これはこれで味の変化を楽しめます



名前も晩秋の柿を表現した「柿大福 ”仄々 ほのぼの”」と命名いたしました。

晩秋、雪景の中に紅い熟柿が成っていると、寒々しい心の中にも明かりがともったように仄々(ほのぼの)します。そんな情景をイメージしてみました。


・・・・・”仄々 ほのぼの”



「柿が紅くなれば、医者が蒼くなる」と古より言われています。

これは柿さえ食べておけば健康になれるというものではありません。

意は、四季のある日本に於いて、秋は”柿の旬”となり、大変過ごしやすい気候でので、病になる人が少ないということだと考えられます。

その反面、晩秋の頃になりますと、肌寒さとともに心も寒々しく感じられます。

そんな中で、ふと目にする木にたわわに成る紅く染まった熟した柿を見るにつけ「仄々(ほのぼの)」とした気分になります。

その仄々とした気持ちでこれからの晩秋・冬を迎えたいものです。


どうぞご贔屓しただけ益す様お願い申しあげます。





三春城下真照寺参道 

おたりまんじゅう 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 03:09 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
本日火曜日は定休日となっています。



本日火曜日は定休日となっています。 

またのご来店をお待ちしています。



三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂菓匠蒼龍

| ryuichi | 03:40 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯 |