CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2021 - 06  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
    k1
OTHERS




#端午の節句を前に「五月武者幟」を設置しました。




#端午の節句を前に「五月武者幟」を設置しました。


柏餅の販売期間中の掲載となります。






例年、当店の柏餅販売は級の節句までとしていますが、今年の旧節句が6月14日です。


少し早いようなので6月の最終日曜日である6月27日(日)迄の柏餅販売となります。









三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 13:57 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
旧根本村にある「笠石八幡宮」 コロナウイルス感染の終息と商売繁盛祈願の参詣




桜が開花して三春城下に春が訪れました。

時間を見て三春昭進堂の創業者でもある「おたりさん」の出身地である旧根本村にある「笠石八幡宮」へ、例年の行事として境内の掃除を兼ねてコロナウイルス感染の終息と商売繁盛祈願のために参詣いたしました。

勿論、コロナウイルスの終息祈願でもあります。





門前にある「笠石馬頭観音の紅枝垂れ桜」や染井吉野の大木はまだ咲き始めといった具合です。

いつ行っても、心身を洗い流すような、爽やかな風が通り抜け、とても居心地の良い気持ちのいい場所です。

きっと、頑張って商いをしている私たちを”おたりさん”が褒めてくれているんでしょう。






笠石八幡宮

三春城下から瀧桜を超えてる天領柳橋への街道から駒枝に抜ける途中の集落沿いにあります。

道路沿いに、木の鳥居があり、うっそうとした杉木立に覆われた境内には、本殿を取り囲むように巨岩が累々と積み重なっています。

小さな社殿の横から上方に掛けて、数体の岩が顔を出し、最上部に巨石が鎮座しています。

昔、八幡太郎源義家が安倍一族討伐の時、根本村に立ち寄ったところちょうど村では麻疹が大流行で村人たちは大変困っていた。

これを聞いた義家は、「それは大変だ。その悪魔を征伐してやる」と、笠石八幡の場所より南西の天目がけ、馬上より鋼弓に一矢をつがえて射放した。

麻疹の悪魔もその威勢に恐れて退散したのか、重い麻疹も急に快復した。

今も射放した場所には、馬蹄の跡が石についており、放たれた矢は、遠く堀越村の井堀に落下して井戸となったという。
この間を「一矢間(ひとやま)」と伝えられている。

笠石八幡の祠に至る前に、二つに割れた石の胎内くぐりがあって、笠石と呼ばれる巨大な石が載っているところから、笠石八幡と呼んでいたという。






当三春昭進堂の創始者おたりばあさんの亭主は、民四郎と云います。

込木は柳作の本家から苗字とこの場所を頂いて分家しました。

子供の時分より講釈と物書きが大の得意で、畜産組合の書記・庶務や、目の前にある庚申坂新地の遊廓でも、会計や伝票書きの仕事を手伝う傍ら、酒席が大好きらしく、座敷に入っては太鼓持ちをやっていたと聞き及んでいます。

また、民四郎さんは、政治や時事論が好きで、昼間から客と論じあっていたようです。

その間、おたりばあさんはせっせと饅頭や豆腐等で商いをして、10人の子供を育て上げました。

お世辞にも可愛いとか綺麗という賛辞の語は見当たりませんが、苦労が顔に滲みこの人に人生ありの素敵な尊顔です。






三春っ子の私は、やはり春が大好きです。

もちろん、仕事が忙しくて、面白くて仕方がないというのもあります。

また、寒い冬を越す新春を愛でるという日本人的な感性ということもあろうかと思います。

日暮前の少しの時間に、散歩を兼ねてお城山や寺社のゴミ拾いに出かけます。


気晴らしと運動不足解消です。
これがまた楽しいんです😊

春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:34 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春昭進堂のホームページから、三春町通販「ショッピングサイト「ぎゅぎゅっと三春」へアクセス出来るようになりました。



当三春昭進堂のホームページから、三春町通販「ショッピングサイト「ぎゅぎゅっと三春」へアクセス出来るようになりました。






三春昭進堂のトップページより、「三春名物おたりまんじゅう」を開いて、「ショッピングサイトはこちら」をクリックしてください。

ショッピングサイト三春昭進堂へ移動できます。









「ぎゅぎゅっと。みはる」オープンキャンペーンの変更について


 
 三春町総合通販サイト「ぎゅぎゅっと。みはる」の開設から10日ほど経過しました。オープンキャンペーンの商品30%OFF、送料無料について、好評をいただき想定を上回る売上となっております。
予算の都合上、このキャンペーンを9月まで継続することは困難となりました。つきましては、オープンキャンペーンの内容を下記のとおり見直すこととしますので、ご了解のほどお願い致します。




 ・令和3年9月9日までの「商品30%OFF」「送料無料」は、3月31日で一旦終了。
 ・令和3年4月以降については、新たなキャンペーン内容を現在検討中で、決定しだいお知らせいたします。

以上



町内小売店等販売力強化モデル事業業務委託受託者
(株)三春まちづくり公社 観光部
〒963-7751
福島県田村郡三春町字北町10
 TEL62-3690 FAX62-3698









三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍




| ryuichi | 04:43 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
「#酣たけなわプロジェクト」の報道関係者発表会



「#酣たけなわプロジェクト」の報道関係者発表会


福島県内の酒蔵と菓子舗がペアを組み、🍶日本酒入りスイーツ🍰を開発!✨


その報道関係者への発表会を開催しました。








ピンク色の「酣(たけなわ)」のロゴが目印です🌸

『#たけなわプロジェクト』で応援してください!







私も、三春昭進堂菓匠蒼龍の法被を纏っての出席です!




報道関係者約20社に来場いただきました。








三春昭進堂では「地酒三春駒どら焼き」を販売いたしました。








三春城下のお酒と云えば何といっても「地酒三春駒」です。

お祭りの樽神輿にも三春駒の樽が使われているほどです。






「地酒三春駒どら焼き」は、その三春駒の中でも三春町内限定販売「三春駒黒ラベル」を使用しています。

三春昭進堂は、旧三春家畜市場(通称セリ場)に隣接し、旧三春畜産組合と共に、明治、大正、昭和、そして、平成から令和へと四世代に亘り時代を乗り越えてきた和菓子屋です。






「地酒三春駒どら焼き」を発売以来、ご来店のお客様には大変親しまれています。




三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍

| ryuichi | 04:13 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
三春町総合通販サイト『ぎゅぎゅっと。みはる』OPEN!




三春町総合通販サイト『ぎゅぎゅっと。みはる』OPEN!


『ぎゅぎゅっと。みはる』では、地域に根差して営業されてきた様々な業種が店舗を出しています。

お菓子や酒といった食だけでなく、地元に提供してきた実用品にいたるまで、多種多様に取り扱っていきます。

この土地で愛されてきた味や心地よいサービスを全国にお届けいたします。


おたりまんじゅうもお買い求めできます。



こちらをクリックしてください・三春町総合通販サイト『ぎゅぎゅっと。みはる』
 





その他のご案内
【お買い物方法】
○『ぎゅぎゅっと。みはる』は、三春町内の事業者の通販サイトを集めたサイトです。お買い物は各店舗にてお願いいたします。
○商品の精算は各店舗ごとになります。異なる店舗の商品をまとめてお買い求めになることはできません。
○購入した商品は各店舗から発送されます。
○商品についての問合せや返品・返金等の依頼は、各店舗へお願いします。
○転売目的等での大量購入はお断りいたします。
○酒類の販売をしているサイトでは、20歳未満の方へのお酒の販売はしません。
○販売されている商品の不良、故障に対して、『ぎゅぎゅっと。みはる』事業主体(三春町)・運営者(㈱三春まちづくり公社)は責を負いません。
【各店舗について】
○三春町内で営業をしている商工業事業者です。出品内容は、その事業者で取り扱っている商品・サービスです。

お問い合わせ先
㈱三春まちづくり公社 観光部 
〒963-7751 福島県田村郡三春町字北町10
TEL 0247-62-3690 FAX 0247-62-3698
(9:00~17:00)

| ryuichi | 04:34 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
春彼岸「おはぎ」 2021のご予約を承っています。



春彼岸「おはぎ」


彼岸入り前日の 3月17日(水)から 中日の3月20日(土)、21日(日)までの、予約優先・期間限定販売となります。







あんこ・粒あん入りゴマ・こしあん入り黄粉の三種類です。









皆様のご予約・ご来店をお待ちしています。






大きい焼きまんじゅうもご予約のみとなります。








春陽郷三春城下 御菓子三春昭進堂


| ryuichi | 05:00 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |
酣 #たけなわプロジェクト 「地酒三春駒どら焼き」 三春昭進堂




酣プロジェクト*日本酒入りスイーツ*


#たけなわ)プロジェクト

福島県内の酒蔵と菓子舗がペアを組み、🍶日本酒入りスイーツ🍰を開発!✨






ピンク色の「酣(たけなわ)」のロゴが目印です🌸

『#たけなわプロジェクト』で応援してください!





三春昭進堂では「地酒三春駒どら焼き」を販売いたしました。








三春城下のお酒と云えば何といっても「地酒三春駒」です。

お祭りの樽神輿にも三春駒の樽が使われているほどです。






「地酒三春駒どら焼き」は、その三春駒の中でも三春町内限定販売「三春駒黒ラベル」を使用しています。

三春昭進堂は、旧三春家畜市場(通称セリ場)に隣接し、旧三春畜産組合と共に、明治、大正、昭和、そして、平成から令和へと四世代に亘り時代を乗り越えてきた和菓子屋です。

「地酒三春駒どら焼き」を発売以来、ご来店のお客様には大変親しまれています。








三春盆踊りの「三春甚句」に「駒の手綱も夜露にぬれて 三春甚句の流し唄」と歌われていまが、田村麻呂の三春駒伝説以来、江戸時代秋田藩政での独特の馬政が功を奏して、三春産馬は、農耕馬や軍馬のかつては全国有数の産地をして知れ渡っていました。

 江戸中期より昭和の初めまで、旧三春藩領の馬「三春駒」の競り市は、現在と同じ新町真照寺下の広場でおこなわれてきました。
ここは通称「せり場」と呼ばれ、馬市が隆盛だった頃は、雌馬の市が五月、雄馬の市が十一月に大々的に開かれ、全国の馬喰たちが訪れて、三春の城下は馬市一色の賑わいを見せたと云われています。






 競り市の開催時に新町筋には、茶店や露天商の屋台が大元帥明王下の山中まで建ち並びました。

夜ともなれば遠来の馬喰や馬を売りに来た百姓たちが繰り出す「遊郭庚申坂」からは、お囃子の太鼓が鳴り響き、この界隈は祭礼のごとき賑わいでごった返しの人出があったといいます。







添加の効果
酣 takenawa プロジェクトの参加商品「地酒三春駒どら焼き」です。

調味料として1パーセントの三春駒(日本酒)を添加しています。

生地のしっとり感が増し、たまごの甘さを引き出してくれています。

しかも一度沸騰させてから添加し、さらに、どら焼きの生地に練りこんでいるので、銅板の上で焼いている時にアルコール分は飛んでしまいます。

子供さんや車を運転する方にも安心安全でお召し上がりいただけます。







社会人の皆さんは、お酒の席で『宴もたけなわ』というフレーズをお聞きになったことがあるでしょうか😄

宴会の締めとしても使われるこのフレーズは、宴が大盛況している様子を表します✨

では、『たけなわ』の漢字をどこかで目にしたことはあるでしょうか?🤔

『たけなわ』は漢字で… 『酣』と書きます!✨





インスタ映えする乗用可能な三春駒を製作中です!



あまり馴染みがない漢字かもしれませんが、見た目のとおり、『お酒』と『甘い』が合わさった漢字です😊

お酒を造る工程で発酵させた時、だんだんと甘さが増している様子を表し、宴会や行事ごとでは、盛り上がりの最高潮として使われます。

今回は、『お酒』と『お菓子』が合わさった新しいスイーツの開発という意味で、そしてプロジェクトが盛り上がるよう願いを込めて、『酣プロジェクト』と名付けました😊🎉

酣プロジェクト第1弾には、10アイテムが参加します!🧁







スイーツ好きな方も、お酒好きな方も…

#たけなわプロジェクトで応援よろしくお願いします!

このプロジェクトは、福島県菓子工業組合と福島県酒造協同組合の連携により実施しています。





お問い合わせはDMよりお願いします🙇‍♀️

#たけなわプロジェクト

#福島県スイーツ #sweetstagram

#福島県 #日本酒スイーツ #日本酒








三春城下真照寺参道 御菓子三春昭進堂 菓匠蒼龍


| ryuichi | 04:48 | comments (x) | trackback (x) | 春陽郷三春 日暮硯::季節のお菓子  |